カトンプールでの最後の日の作品情報・感想・評価

カトンプールでの最後の日2017年製作の映画)

Benjamin's Last Day At Katong Swimming Complex

製作国:

上映時間:15分

ジャンル:

2.9

あらすじ

「カトンプールでの最後の日」に投稿された感想・評価

MaIko

MaIkoの感想・評価

3.3
舞台となるプール場から
なんともノスタルジーな雰囲気。
大人なんて実は大したことないのに、
子供の頃に見る大人って
なんで魅力的に写ったりするものなのかな、、、
Melko

Melkoの感想・評価

3.5
プールとノスタルジー。

当たり前に存在してたものが無くなるってなると…「最後」となると、これまであまり行かなかったくせに、途端に、行かなきゃいけない使命感に駆られるあるある。

加えて子ども時代の郷愁。
この年頃の、大人への憧れ。
ジェンダーフリーなシンガポールならでは?な展開

大人と肩を並べて何かをしたことの達成感
それは、コーラ飲んだり水を掛け合ったりプールに浸かるだけでも、子ども心に強烈に残るものなのだ。

序盤のギャグっぽいカメラワークから、後半はノスタルジー全開なキメキメカットのオンパレード

最後のライフガードは、もしや?そんなわけないか…?

※こちらも9/15まで無料配信中
ニコラ

ニコラの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

これって初恋なのかな。
人生初のちょっとエロかった記憶なのかな。
シンガポールのシングリッシュがまたなんとも言えない雰囲気を演出してたね。
Ok lahとかあるあるある!!ってなった。
コーチの乳首がややキモかったのであまり内容が入ってきませんでした。ごめんなさい。
あるシチュエーションやワードに幼い時の鮮烈な記憶が蘇るのはよくある事だが、着の身着のままプールに飛び込む男はどうかしてる。

飛び込んだ瞬間から切り替わるノスタルジックな世界が好き。辛いことがあった時あんな風に現実逃避できたらどんなにいいだろうか。

ドキリとするあのシーンは演技がクサすぎて首筋モゾモゾ…Focusって言われても直視不可能。
ピンクのフィルター、淡いパステルカラーが夢の中のよう。プールの中からの映像が美しい。水面に飛び込んだ瞬間、回想に切り替わり少年時代へ。まだはっきりとした性的指向もわからない時期の少しドキドキするノスタルジックな思い出を見せて貰った。
色使い、音、光のセンスが良くスローモーションの使い方も美しかった。
シンガポールは市民プールにまでマーライオンいるものなの?
ポチ

ポチの感想・評価

2.0
うぅ~ん……
思い出のプールなのかもしらないけど、謎過ぎて意味が全然わからなかった💦
何なら、ちょっと気持ち悪いとさえ思ってしまって…私には駄目な作品だった💦
めめ

めめの感想・評価

-
BSST3 5.2
空気感が「あの頃、君を追いかけた」似てます
あれは台湾だったかな

間合いを感じさせる時間がある映画はすきです
肌に纏わりつくような湿気の熱気があるね
tetsu

tetsuの感想・評価

3.0
ブリリア ショートショートシアター オンラインで鑑賞。

思い出のプールが解体することを知り、駆けつけた男性。
彼が水の中へ飛び込んだ瞬間、かつての記憶が蘇る。

なかなか、評価が難しい作品。
というか、そもそもの理解力が無さすぎて、解体される設定、あらすじ読むまで分かりませんでした。汗

水中の映像や、まるで夢を見ているような幻想的な映像は、とても良かった。

また、さらっと、LGBTQの要素を匂わせた作風も印象的でした。

しかしながら、突然、スーツ姿でプールに飛びこみ、プールサイドの指導員に話しかける主人公は、ちょっとヤバイよ。笑
おうちで楽しむ日替わりショートフィルム

子供の頃に通っていたプールが解体されることにを知り…
いきなり慌てだし、服のままプールに飛び込む青年は当時のコーチを思い出して感傷に浸る。。
何を思ったんだでしょうかね( ̄▽ ̄)
みゅー

みゅーの感想・評価

2.8
なんとも全体的にふわっとしたショートフィルムだなという印象。
思い出の場所って確かにその頃の出来事を思い出させてくれるもの。

色使いがよかった。
>|

あなたにおすすめの記事