ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男の作品情報・感想・評価・動画配信

「ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男」に投稿された感想・評価

基本どっしりした画作りで淡々としてるのに、なんかいろいろ軽い

でも軽い気持ちで観れるヒューマンドラマと思うと、矛盾を両立させた中成功映画かも……?!
ストーリーは悪い意味でめちゃくちゃなんだけど、役者が妙に良くて意外と観られてしまう

いろいろと面白くなりそうなパーツが出てきて、そのどれにもテーマが定まり切らずにぼんやり終わっていった感じ
その点も含めて不思議な映画で、案外僕は嫌いじゃないです

期待と気合を込めて観る映画の合間の箸休めにオススメしたい一作
アメリカの片田舎で隠居している老人。
タイトルの通り彼がヒトラーを殺すに至るまでの回想パートと、ビッグフットを殺すまでの現在パートが交互に進行していくという謎脚本。
笑いながら観てやろうと思っていると意外に映画内のテンションは大真面目で面食らう…

ビッグフットを倒すB級映画というよりも孤独に余生を過ごしているおじいちゃんの人生を振り返りつつ自分に折り合いをつけていくヒューマンドラマの様相。

ビッグフットが登場するのは後半になってからだが、なんかもうただの凶暴なサルくらいにしか見えないし、展開は地味だしで何故この題材にしたのか監督脚本よ意図を教えてくれ!!!


とりあえずタイトルが出るシーンまではワクワク感あって良いし、タイトルの出方もなんかオシャレで好きでしたね。
赤足

赤足の感想・評価

2.8
タイトルからして、かなりB級臭を漂わすが!久しぶりに自称「クソ映画愛好家」の血が滾り見たくなってしまった。

過去に極秘にヒットラーを暗殺し現役を引退した老兵士の物語。


冒頭。BARで酒を嗜む絵になるいぶし銀のサム・エリオット過去の記憶がフラッシュバックし過去と現在で進行していくスタイルの見せ方で、戦時中特殊任務につき、任務。恋等、そして生き残った現在の姿が哀愁を感じさせる人間ドラマを見せつつ、タイトルはおマヌケな感じだが、もしかして掘り出し物か!?っと期待しつついたら…


案の定。後半から何時ものB級映画お決まりのパターン突入!哀愁漂う伝説の老兵でいい雰囲気から、一気にSF世界に!雲行きが後半から世界観まで一気に怪しくなってしまった。

突如!政府から全世界的に危険な殺人ウイルスを持つビッグフット駆逐の依頼を受け単独狩りへと出発する。サム・エリオット、イエティを一気に追い詰めるも過去の記憶のフラッシュバック演出がちょっとミスマッチで後半はどうにもとっちらかり過ぎて、彼が木箱に入れた中身等謎な部分もあったりで、見終わってモヤモヤ感が募ってしまった。役者や人間ドラマの演出は良かった分、クソ映画として見たけれど勿体なかったかな~~~と思える作品であった!
タイトルからあまり期待してなかったけど、一人の男にスポットを当てたヒューマンドラマ。
ビッグフットはそんなに大きくないし、造りが雑。でも時々出てくる動物達が可愛かった😃
Naoya

Naoyaの感想・評価

1.7
かつてヒトラーを殺した伝説のナチハンターである男は、軍を引退し、愛犬と平和な老後を過ごしていたが、彼の元にFBI捜査官が訪れ、ビッグフットをせん滅して欲しいと依頼される。アクション作。未確認生物のビッグフットとナチスの総統ヒトラーというジャンル違いのテーマを扱いながら、特に関係性はなく、その必要性もない設定。無駄に作り込まれたドラマがあるが、移入し難いジャンル。ビッグフット自体の迫力も特にない。一部に物珍しさがある程度の出来栄え。
局長

局長の感想・評価

3.0
ンンンンンン、面白いっちゃ面白いけど面白くないところもある…

タイトルからしたらB級映画っぽさがあるから内容はビックフッドメインのとんちんかんな映画なのかと思ったら…ヒトラーを殺した老人のヒューマンドラマ!
ヒューマンドラマ自体は良い!主人公のお爺さんもめっちゃ格好いいし魅力的でした!
でも、ストーリーは滅茶苦茶やけどねwビックフッドのところは無理ありすぎやろってぐらいゴリ押し。
ビックフッドのビジュアルは正直残念でした…これでビックフッドのところにも力入ってたら良かったかも…あとカミソリのところは訳分からなくて意味が分からなかった…
リ

リの感想・評価

5.0
TSUTAYAに毎週行ってるのに、ずっと誰かに貸し出し中だった、やっと見れました!

このレビューはネタバレを含みます

ヒトラーを殺し
その後ビックフットを殺した男
その男は国の為に戦い続け
永遠に一人の女性を愛し続けた
stalkaway

stalkawayの感想・評価

2.5
タイトルとサム・エリオットが主演ということに惹かれ鑑賞。絶対B級アホ映画と思いきや…濃厚な人間ドラマが繰り広げられて驚いた。
人間ドラマの方は比較的切なく、哀愁が漂うもの。対して、大筋は、ちょっとありえない感じのやはりアホな展開でそのコントラストは…うーん、微妙。まぁアホ映画枠で鑑賞したのでいいのだが、人間ドラマのほうが割と良かっただけに、ちょっともったいない気がしてしまった。
>|