イエスタデイの作品情報・感想・評価

「イエスタデイ」に投稿された感想・評価

Ayami

Ayamiの感想・評価

3.8
Let it beのリードギターは世界中で1番切なグッとくるギターだと思います。それまでほのぼのした気分で見ていたけど最後の最後にlet it beのリードギターでキスシーンがあってハイオッケーーーーー!!!って叫びました。どうも!王道馬鹿野郎です!って感じだった。
シングストリートよりこっちが好みだったのは映画は映画だから、リアリティよりこんなに上手いこと2時間で(映画の中では月日は経ってるけど)人生はうまく行かないってところが良かった。夢見たっていいじゃない、
幸せな気分になる映画は世界から戦争を消すと思う。素敵な幸せな映画を見ると、安易な言葉かもしれないけど、世界が愛に溢れた人たちでいっぱいになればいいさ!って気持ちでぎゅうってなる。

ビートルズが自分にとって平和と愛の象徴でいつまでもいて欲しいと思った。
hideharu

hideharuの感想・評価

2.5
何だか大量に勘違いしている人がいるみたいだけど正しくこの「イエスタデイ」の事について書いている人はいるのだろうか?

自分はこの映画をかなり前にテレビの洋画劇場で鑑賞した。それ以来、再見する機会は無いまま。

先日の実家の引越しで映画関係のコレクションを大量に廃棄した。この映画のパンフレットもその中に含まれている。それでフト思い出し、急にこの映画を見たくなった。

夫がベトナム戦争に出兵し、その後に妊娠が発覚し若い妻は1人で子育てしつつ夫の帰る日を忍耐強く待つ。そこに訃報が、、、。

とても日本人受けする内容だと思う。監督も主演女優もこの映画以外でほとんど聞いたことがない。唯一、夫役のヴィンセントバンパタンがテニスプレイヤーで俳優として「ヘルナイト」にも出てるということで有名ではあるけど。

今、改めて見るとどってことのない映画なんだと思う、でも当時はラストが涙でよく見えなかった。

これももう一度見たいけどなかなか見れない映画の一つだと思う。
「シングストリート」みたいな音楽映画だと思ったら恋愛映画だった。期待しすぎてしまってたので残念。
少年たちのバンドへの気持ちが表れた映像がもっとあった方が良かった。主人公へ感情移入がスムーズにできて良かった。
P

Pの感想・評価

3.5
僕もビートルズの全盛期に青春時代を過ごしてみたかった。

昔になればなるほど、世間全体が同じ音楽に熱中していたっていうイメージがあって。

現代は色んな音楽を容易に聴ける。音楽に対する価値観っていうのも分かれているし、自分の周りが共通の音楽に熱中するっていう経験が中々出来なくて寂しい。

映画とは関係ないけど、、

音楽は人を繋ぐって言うけど、それが出来てる人が羨ましいんです(笑)


そんな事を思いながらビートルズが身に染みました。
naabu

naabuの感想・評価

3.8
名作 Stand by me を思い出させるような映画。

作中に出てくるイエスタディがとても染みる。

なんだか、
また駆け抜けるような恋愛をしてみたいなぁと
そんな風に思える映画です。

良い映画。
勝手にもっとバンド活動するもんだと思ってたら恋愛メインだった。バンドの合間にちょっと恋愛が混ざるくらいが好きなので期待した分ちょっとがっかり
kaede

kaedeの感想・評価

3.5
中学のとき、だいすきな英語の先生が授業中、本来はリスニングの教材を流すべきラジカセを使ってビートルズのLet it beを流して聴かせてくれた。なんだかよく分からないけど、今思うと授業中に音楽を聴くという行為への背徳感がすごくあったんだな。あの4分間を鮮明に覚えている。
このように、皆様それぞれきっとお持ちのビートルズ体験を思い出させるような作品となっているかと思います。
おがた

おがたの感想・評価

3.0
酒、煙草、戦争、恋愛、音楽
色々経験していく若者って感じでした。
「Let It Be」がいい曲だとしみじみ思った。
ni5ro

ni5roの感想・評価

3.0
酸いも甘いも!
砂糖と塩と!
憧れと青春と!

明日の
車内はビートルズにしよ(●´人`●)
>|