小さな恋のうたの作品情報・感想・評価

上映館(79館)

「小さな恋のうた」に投稿された感想・評価

「映画の嘘」と言って飛躍させようとも、さすがに芸術内芸術の問題に無頓着すぎやしないだろうか。冒頭からクライマックスに至るまで散々聴かされたコピバンの拙い演奏となんら変わらないなという調子で、この人たちの音楽を聴いてなにかが動くという展開が作り手の都合にしか見えず、盛り上がるライブがいきなり薄ら寒い。
途中で主人公がシフトしていく構成は面白いと思ったけど、それにしては葛藤がヌルくて、すべてが幼稚に見える。亡き兄の残した曲を演奏し続けることも、沖縄に生きていくことも、全てが軽い。芝居も沖縄も撮れてない。
唯一山田杏奈だけが善戦してるように思えたけど、山田杏奈がすごいだけであってそれは演出の力ではない。ブリッジだけやたらと頑張ってたけど、映画の勘所ってそういうところじゃなくって、お兄ちゃんのライブを観てる妹のリアクションをキチンと撮ることとかだと思うんだけど…。
鈴木

鈴木の感想・評価

4.1
モンゴル800の代表曲「小さな恋のうた」MVを作ってくれという所から始まった企画から作られたという映画だそうで そう考えると これはMVなのか?
沖縄米軍基地がすぐ近くにある場所。バンドに命をかける高校生達。起こった悲劇。巻き込まれる基地の外と中。フェンスはアメリカの人達から見ても 外には出られない大きな壁。
必ずしもこれが沖縄の全てではないと思いますが 様々な事に巻き込まれて生きている若い子達の心叫び。
凄く良かった!
特に 山田杏奈さんが!自分の中では 「ミスミソウ」のイメージが強かったのですが 払拭されたかなという感じ。
沖縄の高校生バンドの物語。前半の学内で大人気のバンドがやりすぎて先生に怒られたりって描き方がけっこうキツい。
中盤あたりからやや重い話も交わり、沖縄の現状と重なってくるあたりから尻上がりに良くなるが……。

モンパチの曲がモチーフになっており、バンドが歌うのもすべてモンパチ。当然、曲は最高なのだがいかんせん主役の歌声がダメすぎる。あれで盛り上がったり感動したりできないよ。その分、友人の妹の歌声でぐっとくると言えばくるのだが

アメリカ軍人の娘、リサ役の女優は最高にかわいかった。あの笑顔、表情はけっこう反則級
正直言って、わたしモンパチにもあの曲にも全く惹かれなかったんですよ。
それにもかかわらず、この映画は好きです。
山田杏奈の力量か、それとも物語の持つ熱量とメッセージか、強く心を動かされる作品。

山田杏奈、ほんと凄い。
強い眼と佇まい、凄すぎてもはや恐ろしい。
「ミスミソウ」でも凄かった彼女はさらにレベルを上げてきました。
彼女は今後どんな女優になっていくのだろう。
初見のトミコクレアも素晴らしかったです。

喪失と再生、ブランコとフェンスにイヤホン。
沖縄という特殊な舞台から発信する力強いメッセージは、きっと誰の心にも響くはず。

モンパチ苦手な方(わたしもそう)にもオススメできる傑作です。
その辺りがノイズになって見逃してしまうには、本当にもったいない作品です。
沖縄出身のバンド「MONGOL800」(モンパチ)の人気楽曲「小さな恋のうた」をモチーフに描く青春映画。世良公則さんがライブハウスの店長さん役をやってるんだけど、このハマり役は素晴らしかったな。そして、1人なんとなく異才を放ってるなーと思った眞栄田郷敦くんという方調べたら、まさかの千葉真一さんの息子であり真剣佑の弟だったw 本作がデビュー作です。独特の空気を持ってるけど、これからまた楽しみですね!2001年にリリースした楽曲「小さな恋のうた」ですが、平成で最も歌われたカラオケランキングの男性アーティストによる楽曲で一位になるほどの曲というのもあり、やはり歌がやばすぎるのでストーリー性はどうしても薄れてしまうかな。モンパチファンだと一緒に歌いたくなるw そ、し、て、これ、本人達出てますw キヨサクさんは違和感何もないw この映画のメッセージとして、歌は国境を越えるという点がある。そこはシンプルに素晴らしいなと思った。
口コミ期待で観ましたが、自分は入り込めずいま一つでした。高校生活、友達、家族、バンド応援者、そして基地の恋人と良く出来たストーリーですが、少々てんこ盛りの感がぬぐえない。やっぱり年取ったオッサンには荷が重すぎましたわ。
ゆっけ

ゆっけの感想・評価

4.0
すごく良かった!

高校生たちの青春バンドムービーとしてだけでなくて、沖縄に根付く米軍基地の難しい問題も含めて、中立的に丁寧に描かれていて、若手の俳優たちの演技も良くて、これは単なるモンゴル800の誕生秘話でも、青春キラキラ系ではない、良作でした。

前半のしかけには驚いたし、山田杏奈さんの終盤の歌声が素晴らしく良かった。

モンゴル800世代としては、馴染みのある曲ですが、映画のおかげでもっともっと深みが出た気がします。
aygs

aygsの感想・評価

4.3
小さな恋のうた、良かった。
感動した。泣いた。

沖縄の米軍基地に関して、オスプレイ問題・米軍が関わる事故や事件などはニュースでしか知ってこなかった。だからこの映画を通して、基地に住む米軍の家族側の目線というものを初めて見た。
ひとつの家族の、親と子の会話という身近な場面があったことで想像がしやすかった。米軍家族ならではの、基地外に出ること(日本人との接触)に対するピリピリした雰囲気も時には尋常ではないんだろうなって思った。

演技に関して、学祭の日、譜久村舞(山田杏奈)の父に対する叫びは、観客(少なくとも私の)その瞬間の心の叫びを表現してくれてた。涙だけではなく心の叫びに共感した。彼女の演技と歌声は総括してとても良かった。
最後にLISA(トミコクレア)のために、真栄城亮多(佐野勇斗)、池原航太郎(森永悠希)、譜久村舞の3人がフェンス越しに歌を歌った場面も良かった。

もう一度観たい。
そして、やはり音楽は最強だと思う。
shingo

shingoの感想・評価

1.5
2019年47本目

これは酷かったっ!
モンパチ聴いていたから、凄く期待していたせいもあったけど、結構やばかった!!
キャストが無名?なのかわからないけど、全然良くなかった!
歌っているのも以上に長くて、モンパチの曲まるまる何曲流すんだ?ぐらい
Nashi

Nashiの感想・評価

5.0
2回見ましたが、何回見ても大号泣です。

見て後悔はしないです。

DVD-BOX出たらすぐ買います。
>|