イエスタデイ(2014年製作の映画)

Beatles

上映日:2016年10月01日

製作国:
  • ノルウェー
  • / 上映時間:114分
    監督
    ペーテル・フリント
    脚本
    アクセル・ヘルステニウス
    原作
    ラーシュ・ソービエ・クリステンセン
    キャスト
    ルイス・ウィリアムス
    ハヴァート・ジャックウィズ
    オレ・ニコライ・ヨルゲンセン
    ハルヴォー・シュルツ
    スサン・ブーシェ
    あらすじ
    あの夏。ビートルズに恋してた僕は、君に出会った。 ビートルズが世界中に大旋風を巻き起こしていた60年代半ば。オスロに住む高校生4人組は“スネイファス” というバンドを結成し、自分たちもビートルズのように有名になりたいと夢を見ていた。そんなある日、ベース 担当でポール・マッカートニーに心酔するキムは、見ず知らずの女の子ニーナと映画館で出会う。別れ際、 ニーナに突然キスをされたキムは、彼女がどこの誰かもわからないまま、想いだけを募らせていった。一方、 キムのクラスにセシリアという名の転校生が。その美少女のピンチをキムが救ったことで、2人の距離は縮 んでゆき・・・

    「イエスタデイ」に投稿された感想・評価

    maaaaaao6
    3.6
    思春期!!!!!!!
    駄作駄作って言われてるけど、"微笑ましい"って言い方がしっくりくるかなあ、と思う。
    どうせいつものベッタベタ青春バンドものだろって観てたら、パーティの帰り道に握りしめたエンブレムに少しグッときた。

    改めて、シングストリートって凄い映画だったなあと再認識。イエスタディは、よりリアルに近い痛々しさと小っ恥ずかしさ。ただの思春期の擦った揉んだだし、歌もちょっと下手だし。
    たった一回キスしただけで手紙書きまくっちゃうような恋愛いいな……
    何らかの乗り物に乗りながら大勢で同じ歌を大声で歌うやついいな……
    恋人じゃないあの子とチャリ二人乗りいいな……
    キムはバンドやめて物書きになればいいよ。
    sally15
    3.8
    始めるなら若いにこしたことないな

    2017.07.14 DVD
    Takako
    4.2
    ビートルズが好きな男の子たち。
    痛いところもあるけど、全力ですごく良かった。
    80年代感。いい。
    観た後にあっこれめっちゃ余韻凄いやつや、、、と思いましたがよくよく考えてみると伏線回収が微妙かなあとは思います。青春音楽映画なのでシングストリート似かな?
    観終わったあとは15分ぐらい登場人物の服の可愛さと顔立ちの良さとノルウェーの街並みが頭の中をぐるぐる駆け巡っていい意味でぼけ〜っとなってしまう、そんな映画でした。主人公全員演技経験なしで始めた作品らしいのでそういう初々しさもみてとれたのでは!と思っています。伏線回収が雑でもオリジナル曲が若干微妙でも何かわからないけどすごく好きだ〜!なんだろう、ダメダメなのに何回も見てしまいそう。話の内容もそんなにアップダウンがないのに、何故、、この映画に何かあるんだろうなあとは思う。欠点はたくさんあるのに何故か憎めない、何かが気になる、すごく不思議な映画でした。もう一度観てしまいそう、、、
    acco224
    3.4
    ビートルズと、バンド始める男の子たちが好きなんです。動機はモテるため!それしかない!
    あの、誰かが持ってきた新譜のレコードを物置みたいなとこに集まって聴くのとか、強くもないくせに調子乗って飲んじゃうのとか、男子よ!アホで可愛いなぁ!愛おしい。

    セシリアも小憎たらしい顔なんだけど、文句無し可愛い。口角片っぽだけ上げて笑うのとかね。エマワトソンに似てるのね。
    ニーナも目が離れてて可愛いんだけどね。

    ストーリーは、それなりだったけど、バンド始めるのと、可愛いヒロインに振り回されるドキドキだけで、こういう映画はいいのだ。
    あと、お兄ちゃんが音楽に詳しくて、ちょっと変わり者でかっこいいのもね。セオリーね!!

    「あの頃ペニーレインと」から始まった青春音楽映画偏愛癖止まらない。
    ノルウェー映画デビュー。
    シング?ストリー‥ト?


    いや?なんだかよく意味がわからない。
    主人公は何をきっかけで ニーナを諦める気になったのか、そもそもニーナに会った意味は?

    なんで最後すんなり恋が成立してるのか、

    ビートルズ崇拝してる割に全然音楽に触れてないしベトナム戦争のシーンいらんくない?

    青春映画ほどすっきりしない、なんだこの映画
    はるき
    1.0
    全てが中途半端に見えた。

    音楽映画なのに全然演奏するシーンがほとんどなく。楽器が揃ってない状態から急に演奏できるようになり、そもそも4人で始めた音楽がなんかよく分からない女を落とすためになってしまった。

    ヒロインのエセ彼氏が、彼女の謎をほのめかすも、そこは回収されず。

    終いにはベトナム戦争に触れてるところも何なのかよく分からない。
    白くま
    4.2
    大好きな映画。
    思春期の甘い思い出から、甘酸っぱい思い出までを思い出させてくれる作品。
    服がかわいい
    >|