サンシャイン 歌声が響く街の作品情報・感想・評価・動画配信

『サンシャイン 歌声が響く街』に投稿された感想・評価

mumbleboy

mumbleboyの感想・評価

3.6
ミュージカル映画ですね。ミュージカルは作品によりますがそこまで好きという訳ではないのですが何故これを観たかというと主にジェーン・ホロックスを見たかったからです。ジェーン・ホロックスは初めマイク・リー監督の「ライフ・イズ・スイート」で見てそのあとに「リトル・ヴォイス」で主演役で見て当時とても期待していた俳優さんですがそれ以後は「恋はサルサで!」(まだ観れてません)から今作の間はどうも声優役が主であまり実写映画には出ていなかった様でその間の13年間がとても気になります。「ライフ・イズ・スイート」ではまだ少女で「リトル・ヴォイス」では若い女性だったのが今作では完全に中年女性の母親役なので自分的にはまだ彼女をその役で受け止めにくいという感じがあります。それだけ時間が経ったという事なのでしょうが、なんだか不思議です。Filmarksに載っている彼女のフィルモグラフィーが全てではないだろうと思って調べてみたら他にも沢山のお仕事をされていて特にイギリスのドラマが多いですし声のお仕事も本当に多いですね。今作で彼女を初めて見たという方は若き彼女の雰囲気というのがわからないだろうと思いますが調べてみたらNew Orderというバンドの「1963」という曲のMVに出ている動画があるので気になる方は是非見てみてください。

ジェーン・ホロックスの事だけ結構書いてしまいましたが今作、他にも気になる方がいました。何故かここにクレジットされていないですが長女リズ役のフレイア・メイヴァーさん、絶対何かで見てると思い調べてみたら「モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~」のヒロイン役で圧倒的なオーラを発していましたね。今作のリズは割と正統派美女という感じでそこまで面白みのあるキャラではないですがここでも気になる存在感を出してました。全体的にはザ・プロクレイマーズ担当の音楽にそこまでハマりませんでしたがまあ悪くはないしとにかくエディンバラの景観が素敵でしたね。昔10代の頃一度だけ行ったことあったのですがこんなに綺麗な街だったっけと思ってしまいました。ミュージカル映画大好きな方にはお勧めできる作品かなと思います。そうでない方はまあまあなヒューマンドラマという感じでしょうか。
ぽん

ぽんの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

3組のカップルが上手くいかなくなって何故か仲直りしてハッピーエンド、っていうミュージカル。この3組のカップル、私はあまり応援できないと思ってしまった。
家族の元に息子と友人の帰還兵二人が帰ってくる。
お祝いムードの家族だが父には話せない隠し子の存在がおり、帰った二人も恋人とは険悪な仲に。

話だけ見ると普通のドラマのようだが、部分ごとにミュージカル要素が入ってくる。
これが違和感というか、正直ミュージカル要るか?と思ってしまう。

中身としてはかなり重そうな題材なので、もしかしたらミュージカルにすれば和らぐとでも考えたのかもしれない。

ミュージカルにしても別段上手いということはなく、最後の告白シーンだけ妙に大がかりにしているとこなんか、やり過ぎだと思う。
スコットランドの街並みが綺麗。夕焼けと建物の感じがステキ。
何となくマンマミーアを思い出してしまったけど、そう言うコピーだったみたいですね。

私はやはり夫は許せないよなあ、病で倒れればokなのかよ。生きていたらそれだけでうれしいのかなあ。娘に罪はないのでしょうが、どうもこの手の話は許せない私です。鑑賞日:2015年10月20日

全く記憶が無いけどまたみてみたいな。
歌が全部良くて鑑賞後もしばらくずっと聴いてた!!!なんでこんなに人気じゃないんだろ?て不思議なくらい
Xavier

Xavierの感想・評価

3.9
人生はうまくいかないことばかり、それでもいつか太陽は輝く…
スコットランドの田舎町リースで暮らすロブとジーンの夫婦は、結婚25周年を迎えた。そこへ息子のデイヴィーと娘リズの恋人アリーがアフガニスタンでの兵役を終えて帰還し、一家はお祝いムードに包まれる。しかし親戚や友人を招いた25
周年パーティーでロブに24歳になる隠し子がいることが発覚。そんな中、リズはアリーからプロポーズされるが、遠く離れたフロリダで働くという夢のために断り、恋人イヴォンヌとの生活を始めたデイヴィーも甘いだけではない現実を目の当たりにする。それぞれ傷ついた家族は
バラバラになりかけてしまう…
ザックリ言うとストーリーはこんな感じ
イギリスで大ヒットしたミュージカル作品を映画化した作品。

まぁ、何といっても劇中の楽曲がいいんだよね。ノリのいい楽曲は知らず知らずのうちにリズムを取ってしまうほど…
作品の前半はね…

そんな感じが一変するのが、ロブに届いた1通の手紙。
そしてロブは知ってしまう。
息子デイヴィーと娘リズの他に、エイリーって娘が居ることを…
その事が間の悪い事に25周年を祝うパーティーの最中にジーンの知ることに…

まぁ普通にショックだよね、夫に隠し子がいるなんて
またこのパーティーではもう1つショックな出来事が。
アリーがリズに突然プロポーズ。
アリーは、今までの感じから"イエス"の返事が貰えると自信満々だったが、リズの返事は"ノー"。
リズは、自身のキャリアアップのためにフロリダへと行くことを決めていたのだ
間抜けな感じとなったアリーは荒れる荒れる。まぁ、そうだろうね。どうみても断れる要素なんて無かったしね。
ここからは前半の明るさが嘘のようにシリアスな展開に…

この後のお話しが気になる方は、自分の目でお確かめを。
1つ言えるのはラストが凄いってこと。ミュージカル作品らしい壮大なダンスシーンが、プロクレイマーズの
"I'm Gonna Be"に乗せて繰り広げられます。これは圧巻です。

後リースの町並みが、昼も夜も朝焼けのシーンもキレイなところも見処です。

あんまり知られていない作品ですが、いい作品だと思います。
葉

葉の感想・評価

-
最後のシーンが良すぎる!!

エディンバラの街並みも良いなぁ。
行ってみたいな。

スコットランド訛り(?)も良かった。


居場所を兵隊に求めるのは少し悲しい。
犬

犬の感想・評価

3.3
素直

スコットランドの田舎町リースに暮らすロブとジーンの夫婦は、結婚25周年を迎えた
そこへ息子のデイヴィーと娘リズの恋人アリーがアフガニスタンでの兵役を終えて帰還し、一家はお祝いムードに包まれる
しかし、親戚や友人たちを招いたパーティで、ロブに24歳になる隠し子がいることが発覚
リズはアリーからプロポーズされるが夢のために断り、恋人との新生活を始めたデイヴィーも甘いだけではない現実を目の当たりにする……

大ヒットを記録したイギリスのミュージカルを映画化した

冒頭から印象的

愉快
全ての歌が良かったです

それぞれの想い

夫婦関係、恋人関係
家族の物語です

戦争もあり

最後はどうなるか

ミュージカル
ラストシーンはなかなか壮大でした
ゆき

ゆきの感想・評価

3.5
エディンバラを舞台に繰り広げられるミュージカル映画。

最初は幸せそのものに見えた家族が少しずつすれ違っていき、それぞれの道を見つけるまでの物語。

エディンバラの景色がきれいでストーリーも良かった。

ただこの内容にミュージカルは合わないかな💦歌はどれも良かったんですけどね。
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
若い2組のカップルと1組の熟年カップルの再出発を描いた一寸苦味あるが爽やかなミュージカル。ジェーン・ホロックスがとってもキュート。女性達の逞しさが印象的だ。美しいエジンバラの街並写す大団円が素敵。
>|

あなたにおすすめの記事