ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷のネタバレレビュー・内容・結末

上映館(34館)

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷2019年製作の映画)

Haunt

上映日:2020年06月12日

製作国:

上映時間:92分

ジャンル:

あらすじ

「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ハロウィンの時期にハンドメイドお化け屋敷が至る所に出現するという文化、初めて知りました。既にその事実が怖い。絶対何かしらの事件が起こってそうじゃん…

殺人鬼の仮面の下がああいう身体改造系だった所はちょっと意表を突かれた。あと家庭用プリンターでお化け屋敷の告知フライヤーをせっせと印刷する殺人鬼が冒頭に一瞬あってやや和み。

しかし脚本はあって無いようなものだったし、殺人鬼パーティの掘り下げがゼロなのはちょっと物足りなかった。もっとあいつらのこと、知りたくないすか?苗字を聞くと上顎を剥がしにくるあいつなんか、胸糞悪いエピソードとかありそうと期待したけど…。

連れが途中から明らかに飽きていてヒゲをネジネジしていたので叱った。
驚かせ方に斬新さは無かったけどそれでも追い詰められてる感じにはヒヤヒヤさせられました。
主人公の彼氏…なにか関連があるのかと思ったけど特になかったです。
もっと活かせれたんじゃないのかなぁ〜勿体ないとちょっと思った。
終わり方もよくある主人公が侵入してきた敵を同じ方法で成敗するものだったけど私はそういうのが好きなので良かったです。
マスクも怖いけど素顔も個性豊かで怖いです。良き🤡
ものすごくホラーを期待してる人には物足りないかも。

他の人が書いてるように、みんな殺され方が一撃だからあっけない。
もっといたぶってもいいかも(笑)

深く考えなくていいところかもしれないけど殺人鬼人間なのになんであんな化け物みたいなのか…

まぁ楽しめたかな。
なんか納得いかない。。。
なんでハーパーを執着して狙うのかわかんなかった。わかる人教えて下さい。
他にもツッコミどころはあって、期待値が高すぎてしまい少し残念
ありがちなパニックホラーではあるけれど、よく出来ていてサクッとハラハラできたのでとても面白かったです!!

後半で主人公が覚醒するパターンのやつ、強すぎて恐怖感なくなるけどとても良い。

ストーカーが役に立つパターンいいね!とか思ってたけどあまりにも役に立たなさすぎて笑ってしまったな笑

サックリホラーとしてとても面白い映画でした!
音楽:0.5
映像:0.6
演出:0.7
内容:0.7
見応え:0.7

3ヶ月ぶりに、映画館で映画を見た!!
ハロウィンのノリでお化け屋敷に踏み込んだら殺人鬼が作ったお化け屋敷だった。って話。
どこかお面が「パージ」を思い出させてくれるような感じ。 

予告のシーンはほとんど映画の前編で映された感じがした。。。 

まぁ、怖いというよりかはグロかった感じかなぁ。。。そしてツッコミどころが多すぎる!!笑
久しぶりに突っ込みたくなる映画を見た気がする。。。 
ハーパー(主人公?)が、殺人鬼よりも殺人をしていた気がする。。。笑 
そして、ハーパーの彼氏(サム)が、救世主として助けてくれるんだ!!って思った瞬間に瞬殺されたのは笑ってしまった。笑
これだから映画はやめられないんだよ!!☺
久しぶりのホラー映画

皮剥や釘が刺さったり痛々しいシーンが続くから心臓が弱い方や小さい子にはお勧めできない。

殺人鬼?たちのビジュアルが素晴らしい。
正直仮面取って普通のおっさんだったら
興醒めだなぁって思ってたけど
あのビジュアルで大正解。不気味さが
増して、見ていて興奮した。

個人的に
チェーンソー持った殺人鬼が最初に出てきた時が怖かったなぁ
あと、ギロチンの紐を切っているシーン
リアル脱出ゲームw
でも、ドキッてするシーンもうわーって目をそらせたくなるシーンもあって面白かったな。怖くはないけどw


以下、私なりの解釈

最後のシーンみて「?」が浮かんだ。
なんで、実家に戻ってそこにあのピエロが来たのか。で、色々考えてみたらあのピエロは主人公の父親なんじゃないかと!

まず、序盤で学生寮の扉にカボチャが投げつけられた、そのあとハロウィンパーティーに行って裏口にいたときに赤いピエロを見た、車に追いかけられるようにして、ホーンテッドハウスについた。←コレ主人公を連れてくるために父親がやったのでは?
また、みんなの携帯を見て、何かを探しているようだった。その後おそらくメールを読んでサム(彼氏)を見つけたから、主人公がピエロから追い詰められたときに「サムとはだれだ?」と聞かれていた。←父親だから気になった?
主人公が数年前、母親が殺される(おそらく母親死亡?)のをベッドの下で見ていた。また、迷路の最後の部屋は少女の寝室のように作ってあって、昔の記憶とリンクするようになってた。←主人公家族と繋がりがあるように示唆してた?

他にも母親の指輪や、家族についての会話など、ちょこちょこ家族がキーワードで出てきていたように思う。
それも伏線だったのか?!笑

なんて、考えてたら、ただの驚かし系ホラー映画じゃないなって思えてきて、なんだかワクワクしちゃった笑

それでも、よく分からないところもあるから、考察サイトとか探してみよっかな。
・殺人ピエロはあんなに人数いるのか?もし仮説が正しくて父親ピエロだったのなら、1人だけでよかったんじゃないか?
・ホーンテッドハウスに入る前の誓約書がいまいちパッとしなかった気がする。
・携帯を取り上げた意味が分からない。主人公の携帯をレンチンしなかったのはなぜ?
・オイルが塗られた部屋に吊るされた丸い物体は何?(血が滴っているように見えたけど…)
・火をつけてたけど、証拠隠滅のために燃やしてたのか…と言うか、ちゃんと燃え尽きたのか?
・皮を剥ぐと言う行為に何か意味があるのか?
ハーパーが1番人殺しててウケた、途中からハーパーならやってくれるやろという安心感すら芽生えた。かっこいいぞハーパー✊🏼🌟でも友達殺しちゃうシーンはかなり辛いものがありましたね、、殺人鬼達は殺すのが好きなだけじゃなくて殺させるのも楽しいんか?よく分からんな〜
音とかで観客をビビらせることがメインで、ストーリーで面白い〜!となる感じではなかった、様な。個人的にザ・サイコスリラーという感じのストーリーで怖がらせる系統の方が好きなので、これは見応えはあったけどハマりはしなかったかも〜〜ミッチの話し方と存在感はサイコパス感強くて良かった🔨🎭
久し振りに映画館に行きたいなと思って選んだのがこちら。
あんまり映画館でホラー見れない(音にビビる)けどレビューを見た感じ、これはホラーというよりサイコキラーっぽかったので観に行ってみました。
音楽が鳴りやむと発砲される猟銃のあたりからソウっぽかったw

女が急に覚醒しすぎ、最後の蓋でオバチャンの顔ずったずたにしてるとこはもはや笑ってしまったw
あんたそんだけ強けりゃ実家帰っても親父フルボッコにできるよって心の中で問いかけてた。
ベッドの下見るってなってあんな近くでのぞき込むのも強すぎん?私なら何があるか分からんからもっと離れたところからのぞき込むわw

久し振りに実家帰ってハッピーエンドかと思いきや奴がいる、最近多い「まだ恐怖は続くよ系」で終わりかと思いきや、続きがあって犯人にそっくりそのまま仕返しするのがスッキリというか個人的に好きな終わり方でした。
でもなんか色々と気になる点が多いまま終わってしまった…あの集団の説明もうちょっと詳しくしてほしかったし、あの油まみれの部屋の吊るされた塊なに?ってなったし。

あとこういうの大体1人しか生き残らんけど2人生き残って良かった。
学生みんな頭良すぎるw有刺鉄線越える用に服持ってきたりとかすごい以前にそこに有刺鉄線あったの、来たときに見てたの!?って感心した。

ボーイフレンドがDV無能男で一瞬で殺されちゃって笑った。

あんまり期待してなかったけどそこそこ楽しめて良かった。
>|