ワナオトコの作品情報・感想・評価

「ワナオトコ」に投稿された感想・評価

やちる

やちるの感想・評価

3.7
計画して盗みに入った家には先に侵入者がいて、至るところに罠が…😱って話。
主人公も悪い人ではあるんだけど、そんなことは8割忘れて主人公を応援しちゃう映画( ˘ω˘ )
痛々しい描写がだいぶ多くて、グロさもあり。

よく頑張ったなってくらいの罠があるし、ワナオトコは人間味があって、そしてかなり挑発に弱い。
ただ、終始ワナオトコは無言。

おっちゃんが何か言ってたけど、結局何でこうなったのかあまりわからない。続編で解説してくれるのかしら?( ^ω^ )
痛々しいスプラッターホラー。
若い頃はこーゆーの好きだったなぁ。
aoi

aoiの感想・評価

4.4
タイトルで損してるけどすごく面白い映画。
派手な感じが最高!
あと、主人公が馬鹿じゃない。
DUN

DUNの感想・評価

3.6
雇い主が旅行中での不在に盗みに入る悪い主人公なんですが、そこには先に侵入者がいて、主人夫婦を監禁してトラップ張り巡らせてたというお話。
いや主人公すげえよ、よくむあれだけの罠かいくぐって少女救出できたと思う。
ワナオトコの方の目的と正体がわからずなのと、刑務所仲間の二人が戻ってこない主人公探しに来なかったのが、いまひとつスッキリはしない感じではありましたが、さすがSAW後期の監督さんだけあってゴア表現はバッチリでした
続編あるとのことなので、今度見てみます
Ken

Kenの感想・評価

3.6
メカニズムは不明な、雰囲気のある罠をハイテンポで見ることができる。さらに拷問描写も容赦なく見せつけられる。スプラッターの新しい型になっており続編が見たくなった。
たまこ

たまこの感想・評価

3.4
主人公が空き巣に入った家には、壮絶な罠が仕掛けられていた…。

巷で話題?の本作。
AmazonにもNetflixにもないので、わざわざ近所のTSUTAYAに出向いてレンタルして鑑賞。

ヘンテコマスクの訳わからないヤツに襲われる不条理さ、
いつの間に仕掛けたのよっていう無数の残虐な罠、
おバカなビッチちゃんがおっぱい要因でしかない点、

スプラッター映画のポイントはしっかり抑えてるけど、これ!っていう決め手がないように思え、期待しすぎた感は否めず。

2作目に続くようなので、
次行ってみよう。

しかし主人公のあの覇気のない目は演技ではなく素なんだろうな…。
ヒロ吉

ヒロ吉の感想・評価

4.0
DVDにて字幕観賞。

これまた楽しい楽しいスプラッター映画。

ホーム・アローン meets ホステル&ソウ
あらすじは金庫破りの前科があるアーキンは元妻が抱えた借金を返す為に金持ち宅に空き巣に入る。だがそれがアーキンの運の尽き。そこは"collector"が色々と罠を仕掛けていたのであった。

"その罠(トラップ)、匠の技"とのキャッチコピーでしたが、なかなか秀逸。

「職人芸かよ!」と言わんばかりの早々とそして死なない適度に痛め付ける罠の多さには惚れ惚れとする仕事ぶり。
テンポ良く進むし、スリリング。

SEX中は黙って見届けようとするcollectorさん。もうムッツリさん。
女の子ジルはNICEオッパイでしたな。

主人公アーキンも応援したくなるぐらいのお人好しさん。
一昨年姪っ子が出来たが故に、小さな子供(それも女の子)が痛い目に合う、合いそうになるのは目を開けて観てられなくなりました。勘弁してくれと思う。

犬と一緒に家へ入った時の緊張感・攻防戦ときたら、なかなかでしたな。

続編もいそいそと観るとします。
朧げ

朧げの感想・評価

3.9
脚本もだけどカメラワークが凝ってい
てハラハラする。面白い!
自分以外にいる不審な気配に気づいた主人公が静かに移動して隠れる所とかカメラの動かし方が超良い。BGMも抑えめで本当にドキドキした記憶。

家屋を危険なトラップハウスに改築したあと住人を放って罠に引っかける殺人鬼の発想をはじめ随所でこだわりが感じられる映画だった。
Thing

Thingの感想・評価

3.8
一言で言うのならば大人版「逆ホームアローン」
題名の「ワナオトコ」なんだかチープに感じる物がありますが、いえいえそんな事はありません!家に仕掛けられた多彩でイカした罠の数々少しばかりグロい描写があるので鑑賞者には注意が必要ですが、個人的にはそこも魅力の一つ。「CUBE」や「SAW」の様なギミックが施された罠映画が好きな人にお勧めです!
praline

pralineの感想・評価

3.2
パーフェクトトラップ観たさにこちらを先に。
みんなでわいわい肉食べながら観られたのもあって、感想戦できて楽しかった。
>|