ハートビート ネクストステージの作品情報・感想・評価・動画配信

「ハートビート ネクストステージ」に投稿された感想・評価

【バイオリン🎻×ヒップホップ×バレエ🩰】の前作が楽しめて好きだったので💛今回もワクワク🎶

私は今作のがさらに好みでした〰⸜( ´ ꒳ ` )⸝︎🙌✨✨(今回はダヴちゃんの(彼だった😭)トーマスドハーティが主演しているのでドハ加点+🤤❤️)

今回は【ピアノ🎹×ヒップホップ×バレエ🩰】
前作見ていなくても今作だけでも楽しめる‼️

ダンスに、歌に、タップダンスに、ピアノに・・・
パフォーマンスシーンがとっても好み❤️
(๑ÖㅁÖ๑)💘✨✨

ヒロインのバーロウと振付師ザンダーのダンスシーンにきゅん‼︎
(ザンダー先生(ドハ)自ら代役で稽古してくれるなんて距離が近くて惚れてまう( ๑ ᴓ ᴈ ᴓ)💘笑)

バーロウ役のジュリエットドハーティはバレエコンクールで金賞🥇受賞の実力者とのこと🩰✨✨手足が長くてスタイル抜群👏❤️

生活の為だけじゃなく、人生を賭けた若者の輝く姿に感動👏
ジャンル関係なくパフォーマンスが素晴らしい❗️と教えてくれる最高のエンターテイメント作品でした💖

(ダヴちゃんとドハ復縁してくれないかな😭・・・※映画には全く関係ありませんʬʬʬ)
アマプラのレンタルで鑑賞。
伊波杏樹さんが主役の吹替を担当している。
ピアノとダンスで夢を追う若者たちの青春サクセスストーリー。圧巻のダンスパフォーマンスに目を奪われる。
前作とは直接の繋がりはないため単体で楽しめる。
まなか

まなかの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ダンスやピアノすごいしラストのために振付師はヒロインに当たってたの?
ピアニストのチャーリーやバイト先の話も良かった。
1のほうが好きだけで。
K

Kの感想・評価

3.7
バレエ×ピアノ×ヒップホップでブロードウェイの『フリーダンス』の成功のために奮闘する人々、ショービジネスの世界での成功を夢見る若者の物語。

前作の続編というわけでもないので、ひどくセクシーなバイオリニスト、ニコラスの不在はとても残念ですが(笑)、相変わらず音楽もダンスもクオリティが高く見ていて楽しい作品。

今回はショーの練習シーンやショーのシーンが充実していました。エッジーな前作に比べて可愛く綺麗にまとまった感じ。ヒロインの子前作より可愛くて好き。
シネカリテさんの企画、カリコレ四本目です。あれれー?いいぞいいぞー!
これ、前作あったんですね、知りませんでした。けど、未見でも問題なしです。なぜならお話は続きではないからです(多分)。テーマが一緒なのかな?観賞後、一作目観たくなりました、凄く。それほどに気に入りました。こんなことは書いてはいけないのでしょうが、「イン・ザ・ハイツ」でのガッカリ感が埋まりました(笑)

サクセス物なんです。全編通して貫いてるのが情熱です。ピアノを!ダンスを!ステージを!妥協したくない若者達にどんどん乗せられていきます。
ラストまで観ると、なんだよ、お前もそーだったのかよーっ!もー!ってニンマリ。奴が一番ブロ意識あって、妥協しない情熱家だったんだろな。
それぞれのキャラはエピソードを結構盛り込み十分に立たせてるし、お話もくどくない。ダンスとピアノ音楽が、まぁ気持ちが良いのですわ。ピアノに関しては前半のBAR?みたいなとこのショーがめちゃくちゃかっこよかったです。

予算の関係でしょうが豪華さは感じませんが、十分見応えあります。追うべき人物が多いからストーリーは大味になってしまってる感は否めないです。また、うまく行き過ぎ感もそこそこありますが、そこはサクセスってことで。
ん?ピアノ奏者の位置付けなんか重要になってない?とか、おばあちゃんとのエピソード深堀できたんじゃ?とか、パン屋の若者はただのラップ要員かい!とかね。

けどね、上出来な音楽サクセスエンタメですよ。面白かった!個人的には恋愛事がストーリーに変に絡んで邪魔しないのが良かったなー。ラストも粋で好きな終わり方です。

今のところの本企画内でベスト!
なんじゃこれーー!!めちゃくちゃ私の性癖刺激してくるーー!!

前作同様のひたむきなニューヨークの若者たちの輝き、芸術家への敬意、見目麗しいキャストたち…横顔がほぼサルマン・カーンのインド人設定プロデューサーに、ほぼ小柳ゆきの超クールな友達と、極め付きはヒロインがみぽちさん🤣🤣と、私のツボをぐいぐい押してくるやつだった!

アーティストの気難しさというか自己中さの塊であるザンダーに、イライラするも、顔が良すぎて全然嫌いになれなかったな!!!むしろ好きだ!!!振り回してくれ!!!

窓の外が階段で繋がってるアパート(表現の仕方がわからん笑)が、まんま「RENT」なのもアガるし、ラストの演目が、アーティストをモチーフにしてる演出なのも凄く良かった。生で見たい。

バーロウのママが、前作のMCAのコンテンポラリーの先生という、唯一共通するポイントだったので、バーロウがあえて有名校に通わない選択をし、親と違う道を歩もうとする、強い信念の持ち主なのが現れていて良かった。

このシリーズはまだまだ作って欲しいな!
ヒップホップダンス×バレエ×バイオリンが見事なアンサンブルを奏でた大傑作の前作から、今作はバイオリンをピアノに代えて魅せる!
 
キャストが一新され物語の繋がりも全くないが、監督が同じマイケル・ダミアンなら間違いない!
 
ドラマ部分とパフォーマンス部分の割合が絶妙なバランスで、ちょうどいい間隔で最高のパフォーマンスが立て続けに入るので、最初から最後までボルテージ最高潮!
 
個人的にはピアノより前作のバイオリンの方が意外性があって見応えはあった印象だし、常に成功し続けたままアゲアゲで進む今作より、成功→失敗→成功のアゲサゲが同じバランスで繰り返してた前作の脚本の方が微妙に好きではあるけど、それもほんの微々たる差だし、今作は今作で違う面白さもある♪
 
多くの人に知って欲しくてFILMARKSに投稿♪


追記

「全く繋がりはない」と書いたが、その後、今作の主人公でバレエダンサーのバーロウの母親、オクサナを演じていたトーマス・ジェーンという女優さんが前作にも出演していたことが判明!

改めて見直してみたところ、前作では主人公でバレエダンサーのルビーが通うアカデミーで、コンテンポラリーダンスを教える講師役で出演♪

エンドロールで名前を確認した所、今作と同じく役名はオクサナ!彼女が前作と今作を見事に繋げてました♪
oto

otoの感想・評価

3.5
ストーリーは平凡。
ピアニストの困り顔がHappyを感じさせない…
シネマカリテカリコレにて鑑賞
これまで受けてきたオーディション担当は何してたんだ?って思うけど、チャンスをものにするのも才能。
ダンス映画って好きだわー
みや

みやの感想・評価

3.8
前作が好きで続編ならば見ねば、と。
とはいえ、作品に繋がりはないので単体で問題なし。

藤田ニコルをすごく上品に可憐にした感じのダンサーと、少し困り顔のピアニストが夢の舞台に立つ話。

友人の裏切り、母娘のすれ違い、天才振付師との三角関係、バイト先でのハートフルエピソードなどをスパイス的にちりばめるけど8割は踊ってる。これはそれでいい。
キラキラのキレッキレ。

主人公のジュリエット•ドハーティは、アメリカのバレエコンクールで金賞を取った実力者なので、本当にしなやかで美しい。

天才振付師がトーマス・ドハーティ。細マッチョで綺麗な筋肉ついてる。ポスタービジュアルのシャツはだけて踊るのたまらん。でも、映画の中ではめっちゃ格好いいと思ったけど、検索してみるとあれれ?

ラスト15分。初日の幕が開いた音楽とダンスの共演をお楽しみ下さい。
>|

あなたにおすすめの記事