ビリー・エリオット ミュージカルライブ リトル・ダンサーの作品情報・感想・評価・動画配信

「ビリー・エリオット ミュージカルライブ リトル・ダンサー」に投稿された感想・評価

ROSA

ROSAの感想・評価

-
大人になったビリーと2人で♪白鳥の湖 にのせて踊るDream Balletのシーンが好き

ビリーを演じたエリオット・ハンナが可愛すぎる
顔立ちだけでなく ひたむきに踊り歌う姿も

ひたむきって美しいな
Solidarity

Solidarityの感想・評価

5.0
ミュージカルのお手本

ビリーが一番最初に歌う歌詞には彼の未来が暗示されている。プロローグにさりげなくこの歌詞を忍ばせるだけでなく、スモールボーイに🆒と言わせたところが脚本家にして作詞家リー・ホールの鬼才たる所以である。この鬼才の歌詞に曲をつけたのが、もう1人の鬼才、エルトン・ジョン‼️歌曲のみならずダンス曲に至るまで、このミュージカルに相応しい楽曲は私達聴衆を魅了して止まない。そこに躍動的なダンスが加わることで私達の胸の高鳴りは頂点に達する。振り付け師ピーター・ダーリングの功績は計り知れない。また、私の大のお気に入り15分間に及ぶ「Solidarity」の構成を始め、ミュージカルの全体をまとめあげた監督の功績も忘れてはいけない。映画「BILLY ELLIOT」監督のスティーヴン・ダルドリーは私のお気に入りの監督の1人である。

ステーホームで久しぶりに映画をDVDで視聴したのをきっかけにミュージカルの存在を初めて知った。ロンドンのライブ版を何度も視聴して衝撃を受けた。

ミュージカル「BILLY ELLIOT」は脚本もダンスの振り付けも楽曲も舞台構成も全て断トツである。

初演のビリー役だったリアム・ムーアが優しい歌声だったのに対してライブ版のエリオット・ハンナの歌声は力強くて心に刺さった。バレエ、タップ、アクロバット、台詞はノーミスでその精神力に圧倒された。何故ならこの舞台は撮影と同時に世界配信されていたからだ。ただ一つ彼がびびった場面があった。Mー2のShineで彼はウィルキンソン先生のタバコケースを舞台の床に落としてしまったのだ。グローブを両手に着けているハンナにはどうすることも出来ない。先生役のラシー・ヘンズホールは慌てずそのままにして踊り続け、動きに合わせてタバコケースを舞台袖に蹴り出した。彼女はプロ中のプロだ。

オカマのマイケル役を演じたザック・アトキンソンも良かった。生き生きとしたコミカルな演技と歌の上手さと内面の表現力で、観客の心を掴み、自分の舞台を仕切ってみせた。マイケルに成りきる覚悟がしっかり出来ていて頼もしかった。祖母役のアン・エミリーについても同じことが言える。彼女は83歳であのパワーだ。残念ながらこの公演から3年後に他界している。

フィナーレのダンスや構成も良かった。ミュージカルのお手本と言っても過言ではない!

このライブ版を繰り返し鑑賞して日本公演2020を観劇したがライブ版を忠実に再現していて日本のミュージカルのレベルの高さに驚いた。完成度の高いミュージカル「BILLY ELLIOT」を絶やしてはいけない。再演があることを切に祈っている。
リトルダンサー見た流れで。感動と興奮に包まれた至福の3時間だった。ダンスシーンが圧巻で、特にビリーとマイケルがドレスと踊るところが楽しくてかわいくてもう…
映画「リトル・ダンサー」のミュージカル版。

映画をふくらませた様な出来で、完成度が高く、芸術的です。

見せ場のダンスシーンも多く、3時間飽きさせません。

セットも素晴らしい。

イギリスが香る、圧巻のミュージカル!
Bom

Bomの感想・評価

3.7
圧倒とか圧巻とか、感動とか快哉とか昂奮とか。そういう類語全部当てはまる。ユーモアもたっぷりで。そうそうここ!っていうのはやはり映画を観てからがより楽しめますね。エリオットハンナくんはこのために生まれてきたのではないかと思えるくらいビリーだった。連続で2回観た。何度も観れる。3回目でようやくトムホランドみつけれた。

2022年初観作品93本目
linen

linenの感想・評価

4.0
ミュージカル好きという話から、友人が貸してくれた作品。映画「リトル・ダンサー」のミュージカル版。
恥ずかしながらどちらも知らず、初見。
11歳の少年ビリー演じる、美少年エリオット・ハンナに釘付け。2時間を越える舞台に出突っ張り。歌にダンス、長台詞と多才に表示豊かにパフォーマンスを披露する。エルトン・ジョンがオリジナル楽曲を書き起こしたことでも話題との事。舞台構成や演出も凝っている印象。
舞台は1984年のストライキに揺れるイギリスの炭鉱町。まだ男性がダンスをする事が笑われていた時代。自分らしく生きる、現在にも通じる普遍的なテーマ。
DamKeeper

DamKeeperの感想・評価

5.0
何回観に行ったか。
マジで泣き死ぬ。
一幕終わりの『Angry Dance』とか最高過ぎて死ぬ。
レイエ

レイエの感想・評価

4.0
映画版リトルダンサーの舞台版。
当たり前だけど、生で観たら、もっともっと良いんだろうな〜
映像で観れただけ良いのかも知れないけど。
脳汁

脳汁の感想・評価

-
映画版も好きだけど舞台版も大好きです。ビリーのアングリーダンスやバレエ、タップは言うことなしだけどお父さんやお兄ちゃんの葛藤、サッチャー政権時の労働階級の歴史など色んな部分で考えさせられる。毎回ボロ泣き😓
いおり

いおりの感想・評価

4.7
出演者全員がとにかくスキルフル過ぎて圧倒される。
音楽も踊りも演技も全部よくて、ストレートに良いものを死ぬほど浴びた感じがする。
こんな最上の舞台をいつか生で観てみたいと思った。

きっとみんな頑張ってるんだな〜。
>|

あなたにおすすめの記事