BOYの作品情報・感想・評価・動画配信

「BOY」に投稿された感想・評価

評価に困る。
演技は置いといても雑過ぎる設定や展開が悪い意味で目立つ。が、一応飽きずに最後まで観れた点を加味して★3.0

途中までずっと主人公の見た目や喋り方が生理的に苦手だったが、最後の方は温かい目で見ることが出来たからこのへんは脚本の力か。
「皆が役をやめただけ」って台詞、ちょっと胸にきた。


年収1千万超の無能感凄い医師 谷先生、なんで一瞬メガネ外してから走り出した?この人も治療した方がいい気がする。
最後なんか、先生よりも助手的な女の人(心理士)の方がよっぽどええこと言うてたし。なんならこの人が一番というか唯一まともやった気がする。


あまりハマりませんでしたが、自分だったらどうするか、どうなるか…って事を考えさせてくれる映画は基本好きです。
sasa

sasaの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

まず記憶障害についてもう少しちゃんと勉強してから脚本を書いてほしい。エピソード記憶と意味記憶を全く混同している上に、これでは記憶障害ではなく発達障害ではないかという描き方でさえある。記憶を喪失したらアッパラパーになるとでも思っているのだろうか。ウケる。

まだよそよそしいはずの母親の前で平気で上裸になれる息子、患者の恋人に横恋慕して滅茶苦茶な指導をする年収1千万の医者、息子が治療中なのに離婚する両親、出会い系アプリを使えと部下を恫喝する上司……出てくる人間が誰も彼も人間として最低限の輪郭を形成できておらず、存在の説得力が皆無。そのうえ全員演技が下手なので観られたものではない。

コメディ風にして矛盾を全部畳むのかと思ったらまたシリアスになって説教臭くなる。ひたすら浅く、あらゆる場面が気持ち悪い。
緑茶

緑茶の感想・評価

3.4
くせのあるラブコメミステリー。展開が斜め上すぎたけど💦潔いエンディング✨ 
【記憶喪失の男が2人の女性から自分とは何かを知る】

3年間、失踪して記憶喪失の佐藤晴人。付き合っていたという2人の女性から話を聞いて徐々に思い出していく。

頑張れよ、ボーイというシーンが印象的でした。
ちろる

ちろるの感想・評価

3.7
記憶喪失で保護された1人の青年を巡るコミカルミステリー。
僕は誰?一体誰の家族で誰の恋人?
何もかもが謎、謎、謎だらけの毎日。
意外にも主人公の晴人がなんでも受け入れてしまうのが不思議だけど、その柔軟性こそが人生を消しゴムで消された人の特徴なのだろうか?記憶喪失って分かんないからこの晴人の性質が一番謎だった。
両親がちょっとアレだったり、自称恋人が2人登場したり、借金返せと友人が近づいたりとなかなか前途多難な記憶回復への旅。

記憶を無くす寸前の晴人って一体どんな精神状態だったのか?それを全て思い出したら逆に良くないんではないのか?と心配になりました。
全体的には人間ホラー。
わたる世間は鬼ばかりだな、おい。
3年間行方不明で 記憶喪失となって見つかった少年の前に彼女やったって言う人が2人現れる。

自分は一体何者で本当の恋人は誰なのか?

にんげん なぞだらけ。

谷先生よ🤣
K

Kの感想・評価

3.7
失踪したのち、3年後に記憶喪失の状態で発見された男と、彼と付き合っていたという2人の女。

彼は失踪前どんな人間だったのか、何が真実なのか。

記憶が人間を作る。過去から逃れることはできないけど、一方で今この瞬間が真実。

ミステリーな展開を見せたかと思いきや、とんだサイコパス中心へと展開し、最後はコメディ。笑

映像もおしゃれで好きでした。
自分とは一体何者なのか。他人から見える自分とは、自分から見える他人とは。3年間記憶喪失になり失踪していた主人公の前に彼女と名乗る女が2人現れる、そんなところからテーマを描き出す。

日常的に使うだろ、っていうような単語を主人公がわからないとか記憶喪失でそこまでなる?!っていうツッコミどころはあれど、他人から見た他人の印象に揺さぶられ、自身がその人に抱いた印象すら他者が介在することで見極められなくなったり、設定は飛んでても地に足のついたメッセージを孕んだ作品だった。

終盤でひっちゃかめっちゃかのコメディ全振りになるのはこの監督の色なのか?気になるのでこの監督の短編を観よう。
途中までなかなか先も読めない展開で面白かったんだけど、最後がやはり雑味があるなあ。

メッセージ性は伝わる。

まっさらな状態で色々視聴者側も情報が被せられいくので、ある意味、情報リテラシーを問われる作品でもあると思う。

もっと言えば、全ての人の証言自体が本当だったかどうかは実はわからない。断片が一致したら脳内補完で、正しいと思い込むのが人間だし。

とまあ、色々考えさせられる部分をもつ作品だけに、もったいないと思う。
記憶が戻った主人公の設定が?、そして心理士のコメントは至極真っ当だが、若干の唐突感を感じた。

ただ、有名な作品よりこう言う作品は、メッセージ性を詰め込んで制作している分面白いと思う。

色々考える契機を作ってくれるような作品ではないかなと感じた。
邦画はこの作品もそうだけど、あまり世に広まっていない作品の方が確実に面白いものが多いと思う。

ニュース番組に取り上げられたり、
CMをバンバン打つような作品は、演技もできないジャニーズみたいなのが主役で漫画原作の実写化とかそんなくだらないものばかりで、誰が見るんだろうといつも不思議。

終盤まではなんだか淡々と進んで、
特に進展もなく全て謎のままだけど、
後半いきなり急展開して、え!みたいになるのは良かった。

が、その後の展開が雑なのが残念!

ラストはそれまでモブだった心理士がいきなり活躍し、かなり巻き返した感もあり、総合的には面白かった。
>|

あなたにおすすめの記事