ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢の作品情報・感想・評価・動画配信

「ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢」に投稿された感想・評価

7

7の感想・評価

4.0
やっぱり音楽制作が背景になってる映画って面白いよね。DavisとMargaretの恋の始まり方、素敵だったなあ。

私の人生で音楽は大きな存在だから、音楽の趣味とかセンスが合う人と付き合えたらいいなぁーって思った。ちなみに、今回の劇中歌も全部良かった!

When there is no more surprises, who am I doing for?
驚きがないなら、歌う意味がない。
やっぱりcreativeな仕事って素敵と思いました。
虎キチ

虎キチの感想・評価

3.8
音楽系の映画が好きなのでずっとマークしていたが、ネトフリで配信されてやっと観る事が叶いました!
予備知識はゼロだったので、グレースを演じたトレイシー・エリス・ロスがダイアナ・ロスの娘で、普段は俳優をしていて、今回初めて歌を披露したという事を後から知ってビックリ!(デヴィッドを演じたケルヴィン・ハリソン Jr.にもすっかり驚かされましたが…)

若い女性がシンガーとしてショービジネスで成功を掴むストーリーは良くあるが、この映画みたいに音楽プロデューサーに焦点が当てられているのは珍しく興味深かった。
ダコタ・ジョンソンが美しさと意志の強さを併せ持った素敵な女性を演じており、とても良い作品だと思った。

ただ邦題がイマイチ…
原題のままで行けば良かったのにと思った。
Naz

Nazの感想・評価

4.3
何もかも可愛いダコタジョンソン目当て

内容も歌も最高に良かった
Seika

Seikaの感想・評価

3.7
テンポ、雰囲気、ストーリー、キャラ良きだった〜
ダコタジョンソンこんな役もしちゃうのね〜正直、彼女じゃなくても良いような気もしたけど。

ちょうど、ポップミュージック作るのにこんだけ思いとか、手間とか才能がこもってるのかあ・・・!って感じるようになっている時にみたこともあって共感が一層あったかも。
プロデューサーってすごい。

改めてというか、歌ひとつ作るのに、歌手だけじゃなくてプロデューサーってポジションもこんなに影響あるのかって発見。彼・彼女らのすごさと才能の感じが、自分にはできない、理解できない世界すぎて本当にすごいと思うし、音の入れ方、テンポ、雰囲気でほんとに曲・歌って変わるのが不思議〜(何がどう変わったのか言葉で表現できない世界)

最後のオチはちょっとやりすぎたけど笑

ちょっとMusic and Lyrics が思い起こされる感じ。

Phantom PlanetのCaliforniaからの始まりは最高すぎるよ。
kyokoogura

kyokooguraの感想・評価

3.9
Tracee Ellis Rossの貫禄が素晴らしい。
音楽映画好きは楽しんでみられると思う。
High noteで出てこないと思ったら邦題とビジュアルがちょっと悲しい印象、、。
音楽プロデューサーを夢見るマギーは伝説の女性シンガー、グレースのアシスタントとして孤軍奮闘していた。一方のグレースは現状に不満を抱き新曲制作を願っていた…

主人公マギーを演じているダコタ・ジョンソンは、祖母に『鳥』のティッピ・ヘドレン、母に『ワーキング・ガール』のメラニー・グリフィス、父に『マイアミ・バイス』のドン・ジョンソンを持つ俳優一家のサラブレッド。本人の代表作には、『フィフティ・シェイズ』シリーズがある。

ダコタ目当てで視聴したが、内容的にはありがちな設定で、ハリウッドの音楽業界を舞台にしたサクセスムービー。ダイアナ・ロスを母に持つトレイシー・エリス・ロスが伝説の歌姫を演じている。本業は役者だが、母親譲りの歌唱力はさすがだった。
音楽プロデューサーを目指す主人公のサクセスストーリー。最後の方でサプライズがあるがそれ以外は割と平坦なストーリー、それでも映像、音楽が良いので見て損はない。
fontaine

fontaineの感想・評価

3.8
往年のスター、グレースと付き人マギーの夢を叶える話し。

大スターグレースの傲慢な身勝手さが全く嫌じゃない。むしろ爽快感すらある。
プロデューサーになるという夢がトントンと駆け上るところや、オチがありふれててイマイチではあったけどじわじわと感動するいい話し。
ダコタ・ジョンソンのナチュラルな魅力が溢れてる作品。
さ

さの感想・評価

-
王道のサクセスストーリーって感じで、うん、まあ。きっと映画館で観てたら感動してたんやろうな〜。
とにかく邦題どうにかなりませんかね。
cinammon

cinammonの感想・評価

3.7
冒頭の「califolnia」に因んだ音楽の会話を初対面の人とスーパーでできるなんて、LAチルすぎる
エイジズムもフェミニズムも男女の固定観念も全て真逆をいっててすごいなと思った

dakota johnsonの映画は大衆向けだけど芯があるから、ハズレない
いつも似たような似合う服装をわかっていて、どの映画でも似てる。とにかく美しすぎる‥

原題が「High note」
邦題が陳腐過ぎてなかなか覚えられない問題‥
>|

あなたにおすすめの記事