ワーキング・ガールの作品情報・感想・評価

「ワーキング・ガール」に投稿された感想・評価

月曜の朝、仕事に向かうときに思い出した。見終わってスッキリ、頑張ればチャンスが来るかもって夢が見られる映画。

主人公テスの台詞。
I have a head for business, bod (body) for sin. Is there anything wrong with it?
だったかなぁ。
林真理子が「頭は仕事のために、カラダは男のために」ってこのセリフ引用してた。

キャリア追求する女性と事務職の女性の髪型やファッションの違いがはっきりしてる。女性上司の喋り方を聞きながら練習するシーンも面白かったな。
ハリソン・フォードがテスにプレゼントしたブリーフケース、欲しい。
ライラ

ライラの感想・評価

2.8
話からすると面白くなりそうだが、主人公にも作品にも共感できなかった。香水の強い匂いが、してきそうな映像も好きじゃない。
クロ

クロの感想・評価

3.8
★★★☆☆☆
シガニー・ウィーヴァーとジョーン・キューザックが良い
1991年2月3日、鑑賞。

アメリカの働く女性を描いた気軽に観れる映画。

メラニー・グリフィス、シガニー・ウィーバー、ハリソン・フォードなどが出演。

日本もバブル崩壊の境目ぐらいで、アメリカの働く女を垣間見る気持ちだった。

当時は、自分も仕事は多忙ではあったが、多忙な中にも楽しさがあった気がする。
Ibuki

Ibukiの感想・評価

-

アグレッシブな姿はカッコいい。
就職した後仕事に疲れたらこれを観よう
santasan

santasanの感想・評価

3.2
バリバリのキャリアウーマンのストーリーかと思ったら、上司を出し抜く話なのね。まずこの時代の女性の髪型やメイク、服装に驚く。バブル期ってみんなこんなんだったんだなぁ。サクセスストーリーなのにシックリこないのは、綱渡り的な偶然の要素が多かったからか…。
まり

まりの感想・評価

3.5
がんばってる人のことはきっと誰かが見てるんよな
私もやることやらなあかんなって思った
そんでそういう人たちがいる会社に入りたいな
彩

彩の感想・評価

-
スカッとする映画。女性がぐんぐん力をつけて頑張る話。ドレスが綺麗でした。
女性のサクセスストーリー。痛快。爽快。
音楽もグッド。
ちょっと違うかもしれないが、プラダを着た悪魔を観た時にこの作品を思い出したが、
こっちの方が数倍も好き。
Lily

Lilyの感想・評価

3.6
女は度胸。
エレベーターピッチの起源を知ることができて嬉しい。
>|