ロック・スターの作品情報・感想・評価・動画配信

「ロック・スター」に投稿された感想・評価

はば

はばの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

もう一回観たいなぁーってたまになる作品

ベタなロックスターあるあるみたいな展開だけど、ラストらへんの『小便してくる』ってセリフが印象深く残ってる。
よし

よしの感想・評価

3.0
音楽の移り変わり、時代の変遷と繰り返し、スターも流れるように変わっていく --- "夢"が叶ったら?あるロックバンドの"トリビュート"バンドしている主人公、彼がある日突然身を投じることになる憧れていたロックスターの生活は日々喧騒だらけのクレージーな世界。『スパイナルタップ』『ウォークハード』『伝説のロックスター再生計画!』等のあるある満載(?)"ロック映画"ように、もっとコメディかと期待していたらそんなことなかった。だから平たく言ってしまえば最初から予想できる通りの展開を案外真面目にウダウダと見させられる節はある。けど、それでもある程度面白いことに変わりはないし、それに見合っただけ真理に辿り着いていく。そうして、そうこうしている内にまた同じことが繰り返されていく音楽と人生の縮図。果たしてマーク・ウォールバーグとジェニファー・アニストンなんて一体誰が考えたのか分からない組み合わせの二人は幸せになれるのだろうか。自分の音を見つけに小便してくる。

ここがシアトルよ
ねぎお

ねぎおの感想・評価

4.5
実はギター🎸小僧だったんです。
小学生でKISSの化粧と爆音にビビり、矢沢永吉「成り上がり」に震え、その後はJUDAS PRIEST大好きのいわゆるヘビメタくん。

最近YouTubeの

SATSUMA3042さん

の動画ばっかり観ているんです。知ってます?
「細かすぎて伝わらない・・」シリーズで、VAN HALENなどの今までで最高のコピー弾いてくれるんですよ!もうね、笑っちゃいます‼️

で、RANDY RHOADSの命日があったからヘビーローテーションな毎日だったんですけどね、なんだか「ロックスター」観たくなってきました。

****

主演マーク・ウォールバーグなんですけど、たぶんみなさんイメージギャップで楽しいはず!
彼はとあるバンドのトリビュートバンドをやっているんですけど、ひょんなことからそのバンドの正ボーカリストになるというね、kidsとしてはMiracle storyなわけで。

音楽はトレヴァー・ラビン。
劇中のバンド"Steel Dragon"のドラムは実在Led Zeppelinのドラマー故John Bonhamの息子Jason Bonham‼️ギターはOZZY OSBOURNEと組んでいたZakk Wylde‼️(リーダーじゃなくてステージパフォーマンスがカッコいい方ね!)

まあニッチな映画ですよ!

わかる人には堪らない!
元々は大好きなJUDAS PRIESTがモデル。デビューからのボーカルRob Halfordが一時脱退して、そのトリビュートバンドBRITISH STEELから引き抜かれたティム・オーウェンズが主役モデルだったわけです。そして映画化企画はJUDAS PRIESTが断った‼️ために今作になったとね。なんだか残念やら映画でJUDASかかってたらと想像するだけで興奮してくる!

主役イジーがメンバー入りした後、ステージが組まれる過程を定位置から撮影した映像なんて、それだけでアガるのに、KISSの "Lick it up"がBGMだもん。
そこからのステージはマジ血が逆流する‼️


しかしね、ツアーでのひっどい生活は「あの頃ペニーレインと」とまったく一緒!
ここからのストーリー、またシブくて大好き‼️

マネージャーのマッツ役ティモシー・ポール。みなさんどっかで必ず見たことあると思う人です。
これが抜群の味なんだよなー。

「ちょっと小便しに行ってくる」



警官で兄貴役のマシュー・グレイヴは「ウェディングシンガー」であの、最後にフラれるグレンです。
CapA

CapAの感想・評価

3.5
人生は一度きり、派手に夢を生きる🤟
でも、回り道して本当の幸せを探すことは無駄な時間ではない
kaz

kazの感想・評価

3.8
王道でベタベタなサクセスストーリーかもしれんが、若かりし頃メタルキッズだった身としてはなかなかアガった!

このレビューはネタバレを含みます

ジョージクルーニー製作総指揮の実在したロックバンドのサクセスストーリー。
最初から最後までロックだった。
音楽がとにかく最高!
あんまり詳しくないけど知っている曲も多々あった!観ているだけで首を振ってしまう。


大すきなバンドに憧れて完璧にコピーしようとしてオリジナルをやりたい意見を取り入れず仲間割れ
それでも夢を掴んだ瞬間は確かにみんなの夢だった

夢の中で荒波に揉まれてたくさんのものを失って初めて気付く大切なもの。

ラストのライヴはめちゃくちゃロックだったわ。かっこいい幕引き。

最後もうるっと来ちゃった。大切なものをぜんぶ取り戻しに行ったんだねえ。


つぎはあのファンの子が夢を見つけるのかなあ。
トレバーラビンが音楽監督でプレイヤーにザックワイルドやジェイソンボーナムが噛んだロックミュージシャンもの、劇中歌のレベルはかれこれ高い。マークウォールバーグとジェニファー・アニストンが間違いなく、大きなリフレインストーリーでありながら、これでもかとのハッピーエンド。ジョージクルーニーがプロデューサーにも名を連ね、主人公の挫折と再生系統のヒューマンドラマの味わいも。
とても面白かった、本人たちの猿真似ではない自分の音楽の道をいくというのはやっぱり王道だけど熱いですね。
マークの相変わらずの筋肉もずっと拝めるし、長髪姿だし大満足です。
ローカルバンドから「ジューダス・プリースト」に加入したティム・オーウェンズのサクセス・ストーリーを元に作られた映画

クリス・コールはセールスマンをしながらスティル・ドラゴンのトリュビュート・バンドを組んでいた
口うるさいクリスにメンバー達の不満が募りバンドを追い出されてしまう
落ち込むクリスにスティル・ドラゴンから脱退したボーカルの後釜のオーディションを受けないかとの連絡が入る
見事合格し自分が大ファンだったバンドのメンバーとなるクリスだったがロック・スターの気違いじみた狂乱の生活が待っていた。。

スティルドラゴンは架空のバンドだがメンバーは現役のミュージシャン
ドラマーはZEPのボーナムの息子さん
恋人役にジェニファー・アニストン
ブレンズのレイチェルです☺️

巨大HR、HMバンドへの加入で味わう栄光と狂乱と挫折の物語
morikuri

morikuriの感想・評価

3.7
『ロック・スター』観た。80年代ファッションとロックがたまらないし、ストーリー展開も素直で楽しめた。でもこれが実話をもとに、とは驚き!虚構の中で生きるのではなく、自分の音を探したいっていう主人公の選択に共感しました。
>|