ドリームガールズの作品情報・感想・評価・動画配信

ドリームガールズ2006年製作の映画)

Dreamgirls

上映日:2007年02月17日

製作国:

上映時間:130分

3.6

あらすじ

「ドリームガールズ」に投稿された感想・評価

勝手に若い女の子が夢を成功させるというストーリーかと思っていたけれど実際に見てみたらそんな生易しいものではなく大人の嫌なところ、汚いところもあって。パワフルな歌声が凄く素敵でした。
ドリーメッツがザドリームズになるくらいでやっとスプリームズの話だって気付いた

ひたすらにモータウンレコードが嫌いになる話だったし、希望あるラストに変えてあるけどやっぱりそれでもどんより暗い
そういう時代ってことなんだろうか

にしてもダイアナロスマジで似てたな、、
まゆ

まゆの感想・評価

4.0
ミュージカルものの作品の中でも大好きな作品の一つ。ミュージカルはやはり歌の良さが第一ということを再確認した。正直この作品もストーリーの深みや登場人物への共感という面ではそこまででもないけど、キャストの魅力と歌の良さでカバーしきれていると思う。ビヨンセとジェニファーハドソンの対比、どちらも素敵で見応え十分。
百合

百合の感想・評価

3.3
ジェニファー・ハドソンの「And I am telling you I’m not going」が最高です。あの歌声が凄すぎて鳥肌立ったのを今でも覚えてます。「Listen」よりも心に残ってる。
ぴー

ぴーの感想・評価

3.6
女性ヴォーカルトリオの成功とその裏側。
歌の迫力すごい。
3人でのショーはゴージャス&キュートで良き。
ストーリーは、よくある感じ。
トム

トムの感想・評価

3.0
ムッチャアメリカ
スプリームスをモデルにサクセスストーリーを描いてるんだけど、なんか軽いね〜
元々この映画自体ビーチボーイズの文化盗用を揶揄してるらしいとwikiで見て気になってたので、あ、怒りそんなもんでいいの?となった。
娯楽映画にしても中途半端な感じ。
グレイテストショーマンの時に感じた違和感と同じもの感じた。
差別をテーマに盛り込んでたりすると、アメリカ的善悪のどっちかだけで考えて、悪い奴ぶっ倒したぜ!と終わらせられちゃうのが得心いかんです、、
ファンタジーならいくらでも良いんだけどね。
諸々短絡的な構成である中で、最善を尽くした役者に拍手。やはりジェイミーフォックスとジェニファーハドソンは芝居も歌も良かった。比較対象が若干ズレるかもしれないけど、マンマミーアと比べてのスコア。このシナリオで演じ切り歌い切った役者を評価したいなんて偉そうなこと言ってごめんなさいだけど、でもそう思う。時代背景としてモータウンの象徴みたくジャクソン5っぽいユニットが出てきたけど、それが逆に安っぽくなっちゃう。うん。思考が浅いなってなっちゃう。でもほんとうに、芝居と歌は良かった。
ユ

ユの感想・評価

4.2
ミュージカルだから音楽と共にストーリー展開が早くて面白かった。
よくある女の子同士が揉めて割れるとかじゃないのがよかった。
だんだんビヨンセが私の知ってるビヨンセになってって笑った。
ワンナイトオンリーやlistenが好きでした。
今この時期だからこそみてよかった。
ちゆ

ちゆの感想・評価

4.0
ミュージカルは疲れることが多いからあまり見ないけど、疲れずにみれた。
皆でエフィを追い詰めるシーンは神々の遊び。
iissei

iisseiの感想・評価

5.0
ブラックカルチャーを代表する人たちを一気に見れる映画。俺はやっぱりジェイミーフォックス好きだわ。
>|