ドリームガールズの作品情報・感想・評価

ドリームガールズ2006年製作の映画)

DREAMGIRLS

製作国:

上映時間:130分

3.6

「ドリームガールズ」に投稿された感想・評価

MiYA

MiYAの感想・評価

3.3
ビヨンセ目当てで観たんですけど、評判通りジェニファー・ハドソンの歌は素晴らしい。冒頭の歌唱シーンからインパクト大。

ミュージカル映画ではあるんですが、ドラマのシーンとステージのシーンがぱきっと分かれてて、ミュージカルの要素は強くはありません。それでも、中盤でメンバーが仲違いをするシーンでの歌による掛け合い、あれは4人のキャストの力量がふんだんなく発揮された圧巻のシーン。

ただ面白かったのそこまでかな。エフィがはじき出されてからの後半は物語が重苦しくなる一方。正直だれました。

あと、歌唱の素晴らしさに対して楽曲が全般的にインパクト不足ではないかと。なんかハッとするような曲がないんですよね。せっかくだからシュープリームスの有名曲とかを演ってくれれば盛り上がったと思うんですけど(権利上できないんでしょうね)。
アビー

アビーの感想・評価

3.9
好きな音楽映画のひとつ。
ひさしぶりに鑑賞。

圧倒的な歌唱力!
ソウルフルなものからバラードまで、時代の移り変わりと共に変化していく音楽も楽しい。

ストーリー的にはほぼサクセスストーリーだけど、欲や夢といった人間臭さ満載なのがとってもいい!

特にビヨンセのListenを歌うシーンは心が痛くなるほど響く。
ジェニファーハドソンの歌唱力は圧巻!
evane

evaneの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ビヨンセとジェニファーの歌唱力はほんまにヤバイな!さすが本物やわ!
確かにジェニファーのぶっ飛んだ歌唱力もすんごいけど、ビヨンセのリッスンは鳥肌もんやった。
でもなによりびっくりしたのはエディマーフィーやろ!あんな歌えるのかよ!多才すぎ!マジで痺れるカッコよさ。
衣装も毎回おしゃれで素敵やしこらアカデミーとるわな。
本物のシンガーたちが演じてるだけあるので全ての歌において歌唱力は間違いない。

サクセスストーリーでもストレートじゃなくて、
成功するまでに色んなものが犠牲になって
最後もハッピーエンドではあったかもしれないけど全部が全部なかったことにはならなくて
綺麗事すぎない感じは好きだった

思ってたより人間味のあるミュージカル映画だった
結構前に見たけどレビューしてなかったので。

この作品のジェニファーハドソンの歌も演技も圧倒的すぎて…
アカデミー助演女優賞受賞は納得だね。
なんで今まで見なかったんだろう...エンディングまで最高だった

ビヨンセの歌唱力については書いてる方もたくさん見かけたけど(もちろん私も大好き)ジェニファーハドソン!なんですかあのパワフルでソウルフルな歌声は!鳥肌

映画を見たことなくても好きな曲が数曲あったから、とっても楽しめた
ああこういう流れでこの曲だったのねという逆の?楽しみ方ができて、それはそれでよかったかな

話の結末も個人的には一番いい終わり方だったかなと思う。あのまま知らせず気付かずだとモヤっとしてしまうし、本人が直接言うのは彼女らしくないし、周りが言うのも野暮だもんね

私たち観客が見せられる部分はとても煌びやかで華々しいものだけど、それとは裏腹にいろいろな駆け引きや取引きがある。ただのキラキラした映画じゃないからこそいいんだと思う。たくさんの問題が凝縮されていた。それでも素敵だなぁと思ってしまうのは住んでいる世界が違いすぎるからかな
渡辺直美のビヨンセのモノマネを見た時から、いつか観ようと思いつつ10年くらい?見逃してた😅
あと、エディマーフィーが歌えると思ってなかったから、観賞中ずっとエディマーフィーに似てる俳優さんだなぁとエンドロールまで別人と思い込んでいた😓
歌がどれも魂が込められていて大好きです!!最初はとても仲が良かったのに、どんどん関係が崩れていってしまって金に溺れる人間や愛を求める人などどんどん暗くなっていきます。でも、きっと夢を追うということはこれほど大変でドロドロとしたものなんだろうなと思います。
完全に壊れた関係全てを修復することは出来ませんが、彼女達が一番満足のいく選択をできたと思います。
最後、新しく入った子を排除せずに「3人ではなく4人です。」と言い一緒に歌う姿からは彼女達の、追い出してしまった後悔や短期間でも一緒にやってきたならもうそれは家族だという気持ちなどが感じられます。
夢を追う人には是非一度見てみてもらいたいです。
Izumi

Izumiの感想・評価

3.8
ビヨンセ、ボディーも歌も顔もパーフェクト
なんだあのぷりっぷりのおしりとふわふわの胸…不公平だわこの世の中…笑

ドロドロした舞台裏がよかった。

人種差別などの時代も色濃く、それぞれのキャラクターも濃く出てました。

個人的によかったのは、最後のコンサートでフィナの娘を見たときのジェイミーフォックスの表情。

まさかっていうその表情にグッときました。

ディスコミュージックをちゃんと聞いたの初めてだったので、新鮮でもありました。
ふうか

ふうかの感想・評価

4.0
ジャケットの煌びやかな雰囲気とは裏腹に、ストーリーは結構ドロドロ。
けど冒頭のステージのシーンから、「あ、これは良い映画だな」って感じました。
実際歌がどれも最高で、しかも多い。
ハッピー系のミュージカルとはまた違う、ガチで歌が凄すぎる系ミュージカルです。

圧巻のダンスとかは無くても、ステージと彼女たちの歌声がとにかく素晴らしくて感動します。
黒人の女性ってかっこいいなぁと憧れてしまいます。
>|