シルヴィ〜恋のメロディ〜の作品情報・感想・評価・動画配信

「シルヴィ〜恋のメロディ〜」に投稿された感想・評価

しくろ

しくろの感想・評価

3.6
シルヴィはロボートに夢を諦めてほしくなかったから言わなくて、ロバートもシルヴィに夢を諦めてほしくなかったから言わないところが昔ながらっぽい
人種差別を絡めてなくて、純粋にNYに住む人の恋愛映画なのも良い
Mia

Miaの感想・評価

3.8
音楽がオシャレ🎷
See you later alligator聴きながら作業するのが最近のお気に入り🧹

『愛していないものに費やす時間などない』
映像と音楽がすごく好みでした🥺💗
ストーリーの展開も現代だからこそ「仕事も恋愛も大切にできる作品」としてとてもグッときた😭💗
フィルムの映像の雰囲気とシネマトグラフィ、古き良き恋愛映画の魅力もたくさん詰め込んでいて映像美に惚れました🥺🥺🥺💗
そして愛しのテッサーーーーー!!!!
「音楽で映画を」脚色するのでもなく、「映画で音楽を」語るのでも無い。
音楽映画なら、その作品そのものが「音楽」になっていなきゃね、という作成信条が伝わって来る映画である。楽曲であるなら、中断はもちろん中だるみだって許されない、それはセリフのやりとりにだって言える事。映画そのものを音楽にするなら、あえてストーリー(歌詞)は高尚でなくとも、リズムは必要だ。テンポだってハーモニーだって要る。そうやってメロディを奏でて出来上がった本作は、地味ではあるがこれまでの「音楽映画」を、根底から見直した革新的な作品だ。音楽を聴くように、この「映画を聴いて」みてみよう。映画も一つの音楽だと分かると同時に、他の音楽映画が少し俗っぽく見える事、間違いない。
chiyo

chiyoの感想・評価

3.0
久しぶりにみた、少し古風な雰囲気漂う素敵恋物語
デスパレートのギャビーと殺人無罪のミカエラにも会える
ジャズが更にいい感じ
Taiga

Taigaの感想・評価

4.0
またアマプラオリジナルが当たりだった。
古風なセットとジャズが良すぎる。展開とか演出が派手じゃなくて丁寧。全体的に人間味があって好き。いい人が作ってそう。
ネトフリに負けるな
AYA

AYAの感想・評価

4.5
よかった!!すごく!!
こんなロマンチックな恋、久しぶりに見た。でも、不倫の時点でちょっと純粋なラブロマンスとは声を大にしては言えない。
でも、ロマンチックに変わりはない。
一途な思いが最後には勝つ。
恋愛映画の偶然遭遇シーンがほんとにすき。こういうのが運命の相手って言うんやろうなぁって思う。自分には未だないからこういうのを見れる映画の世界がすき(笑)
舞台も音楽も衣装もベストでした。
see you later alligator
ロバートええやつ。ストーリーと音楽のマッチ度合いがとても高い。つまりイイ。
ミルコ

ミルコの感想・評価

4.1
舞台はニューヨーク。
1957年の夏、プロサックス奏者を目指すロバートがレコードショップのショーウィンドウから中を覗くと店番をしているシルヴィが目に入る。
店番をしながら楽しそうにテレビを夢中で観ているシルヴィ。そんなシルヴィに惹かれたロバートはバイトをすることに。
兵役中の婚約者を待つシルヴィだったが魅力的なロバートに心惹かれやがて2人は愛し合うように。

さまざまな障害を乗り越え、途切れそうな絆を何とか繋ぎ止め、美しい映像と粋な会話、そして最高の音楽にのせた珠玉のラブストーリー。
どのシーンを切り取っても美しく心奪われます。

主演はテッサ・トンプソン。テレビの仕事を夢見る芯の強い女性シルヴィを演じますが、彼女のロバートを見つめる眼差しは真っ直ぐで胸に刺さります。また時代に合わせたファッションも素敵!

ロバートを演じるのはンナムディ・アサマアという役者さんで元NFLサンフランシスコ49ersの選手だったそう。端正な顔立ちにスタイルは抜群。かなり好感度高し。

そんなにビックリするような展開はありませんが淡々と、静かに美しく、ひたすら極上の気分に浸れる一本です。
大好き♡
好きな映画コラムニストの方がオススメしていたので鑑賞。ジャズの良さとラブストーリーが絡まった他にないストーリーでした。2人だけの挨拶っていいよね。

ハッピーエンドということだよね、婚約者はかわいそうだけども笑
>|

あなたにおすすめの記事