スペースインベーダーの作品情報・感想・評価

「スペースインベーダー」に投稿された感想・評価

Haman

Hamanの感想・評価

4.2
裏山にUFO落ちて見に行ったパパの様子がおかしい。テンプレだけど、こういうのが一番好き。
そして引き続きママ、警察官、意地悪先生、隣の席の女の子とそのお父さんなどなど、オセロひっくり返されたように瞬く間に宇宙人サイドに乗っ取られていく。意地悪先生はカエル丸呑みにするし最高さね。
造形もモブ宇宙人は妖怪口だけオバケだし、リーダーである最高知能さんはマモー(ルパン三世のあれ)の本体と人型のちょうど中間択な感じで素晴らしくあります。宇宙人との遭遇シーンは全てゾクゾクのワクワク。
小学生の時に「宇宙人かどうか確認するから!」と言えば、保健室の先生のうなじを凝視することが出来るんだよという教養映画でもありまして、こいつは一本とられた。実際の保健室の先生なんておばさんだから別にやらないけど。
わすお

わすおの感想・評価

3.2
大人向けSF映画スペースバンパイアの一年後にフーバー監督が作った子供向けのSF映画。
両方好きだわ。なんか。
DVDのジャケット怖すぎ。本物はカワイイぞ。
Mia

Miaの感想・評価

-
子供の頃のトラウマ。
観たのはその一回限りなのにあのシーンが忘れられず、だいぶ長い間悪夢のレギュラーに。。
なんの映画かずっとわからなかったけど最近これぽいという結論に至る。

動画配信系には無いようだし、DVD等もほとんど取り扱いが無いから未だ観れずにいる。
是非とも観て確かめたい( ´ー`)
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.2
怖い・・・。古いけれどもちろん十分見るに耐えるSF映画。監督がまさかのトビー・フーパーだもんで、作りが絶望的・・・面白かった〜!!
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
‪「スペースインベーダー」‬
‪乱舞する閃光は最早、耿耿で絢爛。脳内に焼き付く火星人のビジュアル。地中深くに引きずり落とす穴…本作はホラー好きで他の知識を得て観てる人は分かると思うがスタッフは凄過ぎる奴等が雁首揃えてる。また親子主演で少年役はパリ、テキサスの子役…本作は亡きフーパーの娯楽作。‬
ワン

ワンの感想・評価

3.0
🐸デヴィッド(ハンター・カーソン)が夜中に目を覚ますと巨大な宇宙船が裏山に着陸するのを目撃する。
翌朝、様子を見に行った父親が家に戻ると別人のようになっていた。しかも首の後ろには奇妙な傷跡があった。


だからって絆創膏貼ってごまかすなよ。様子がおかしいからすぐバレるんだけど。なんだか変な映画。1953年の『惑星アドベンチャー/スペース・モンスター襲来!』のリメイク。

デヴィッドの担任のマケルチ先生(ルイーズ・フレッチャー)恐かったな~。素の状態でも恐そうだけど。廻りの人間が次々に侵略されるなか唯一の味方が校医のリンダ先生(カレン・ブラック)なんだけど実生活では本当の親子なんだね。

侵略する火星人はすごい醜悪。夢に出てきそう。
ホラーコーナーに置いてあったけど内容はジュブナイルっぽい。本編とエンドロールの音楽聴いてわかった、これは男児向けや。
宇宙人?見た目で買いました。

侵略してる感がじわじわくる感じ(´ー`)
宇宙人のデザイン(´ー`)
で、ラスト(´ー`)

全部好物です(´・ω・`)
dude

dudeの感想・評価

4.0
『スペースバンパイア』に引き続きのフーパー×オバノンでいかにも80年代SF!という安定感。恐らくスタン・ウィンストンによる?ややギーガー意識な感じの宇宙船やエイリアンのデザインも良い。ラストのこれぞVFX!という空の煌めきも忘れがたい。しかしIMDb覗いてみたらアメリカ国内で全然予算回収できてないのねこれ...。
優しい養護教諭カレン・ブラックがうなじを見せてくれてもいまいち色っぽくないの面白い。カエル<ルイーズ・フレッチャー<火星人という食物連鎖。
M少佐

M少佐の感想・評価

3.0
 史上最弱の侵略者

様子がおかしいのは、大体は宇宙人の仕業(笑)

制作者を見れば往年の映画ファンなら、唸る程(ある意味)豪華ではある。
しかし、前半と後半では随分と演出のトーンは変わり、子供なら喜ぶ展開になり、大人は首を傾げる。
でも総じて見れば悪くない(当社比)

これだけ絶望や恐怖、強さを併せ持たない侵略宇宙人が居ただろうか、いや居ない。
まぁリメイクだしね…