グラマー・エンジェル危機一発の作品情報・感想・評価

「グラマー・エンジェル危機一発」に投稿された感想・評価

なるき

なるきの感想・評価

2.8
おっぱい汚染ヘビおっぱいカラテ
おっぱいバズーカおっぱい夕焼け

鑑賞後に残るのは、大体デカいおっぱいと中途半端に大袈裟な演出と調子の良いロマンス。

ツッコミどころが多すぎ笑

終わったと思ったらまだ終わってないし…面白かったけど笑
デカいおっぱいを惜しげもなく見せつける主人公たち、ダッチワイフを持ちながらスケボーに乗る殺し屋、家の中をバイクで突っ切ったりどんな敵でもバズーカで仕留めるマッチョなナイスガイ、この映画にはこれら全てが詰まってる。超B級だけどどこか嫌いになれない雰囲気の変な映画だった。午後ローで2ヶ月に1回くらい流して欲しい笑。
なんか凄い昔にテレビ東京でやってて、たまたま観たっていうか、いや2回は観たかな。

なんかエンジェルっていう割には結構なお年を召した女優さんだったような、いやはっきりおばさんだった。

そもそもビデオにしっかり録画した。予約して。

探せば何処かにある。つうか大事にしまってる。面目ない。
懐かしいな〜おっぱいが見たくて頑張って起きてたんだよ
大地

大地の感想・評価

3.1
おっぱい映画
このシリーズ小学生にはなかなかの刺激作品だった!今となってはあの見えるか見えないかのギリギリカメラワークは割と好きw
wakio

wakioの感想・評価

2.5
昔放送していたテレビ東京、チビッ子たちにとってはとても有能だったな。
M少佐

M少佐の感想・評価

2.5
実はこれは結構見れてしまうのだ。
80sイケメンとノーブラ主義のお姉さんが、画面狭しと暴れまくる。
チョメチョメシーンは期待しないように。
ボケッと見るには良いかも、いや良くない。
小さい頃に見ると歪むよなぁ。

アメリカはこんな国だと思っていたら、本当にそうでビックリした(笑)
偏った意見。
ストーリーなんかは全くといっていいほど覚えてないが、小学生の俺には間違いなくエロかったのは確かなので☆3つ。
たしか、プレイメイトが主役だったよね?めちゃくちゃグラマーな。
ゾン美

ゾン美の感想・評価

4.0
80年代最高。
剃刀仕込んだフリスビーに痺れたわ。って、あんた銃持ってるじゃん!それ使おうよ。
ダッチワイフ持ってスケボー乗るって。その意味は何なのーー!
皆すぐ乳放り出しちゃ駄目!!
80年代最高。アンディ・シダリス最高。
「南国の青空の下、ブロンド巨乳のねーちゃんと異常なセックスアピールを誇るグッド・ルッキング・ガイたちがロケットランチャーぶっ放す」という物語を生涯かけて描き追い続けた偉大なボンクラ野郎アンディ・シダリスによる、恐らくブラジャーというものが存在しない世界で繰り広げられる(唯一のブラ装着者は敵のおっさん)すけべと爆発の如何にも馬鹿丸出しなアクション映画。

同じすけべ魂のなかにも仄かにアートな感覚が香るラス・メイヤー作品とは確実に一線をかすアンディ・シダリス作品。
そのくせこの人めちゃめちゃカッコつけてくる。
やたらベージュ色なオープニングクレジットを一目観れば分かるようにこいつは「本物」だ。
酷くダサいのに本気でお洒落だと確信してる。
一周まわってアリかと思いきや二周目突入してただただダサい。
それがもうとてつもなく愛おしい。

麻薬・ダイヤ密輸組織逮捕(抹殺)に乗り出したFBI秘密捜査官たち、という巷に溢れるありがちなこの物語は予定調和でテンポ上々に進みながらもアンディ・シダリスのとち狂ったような演出ですぐに躓かせてくれる。

サースビスショットの時間に流れる絶妙な間の沈黙、無駄に熱く安っぽいサウンドトラック、『ゴーン・ガール』を観た後ではさらに心地悪く感じてしまう稚拙すぎるクロスカッティング、三次会みたいな銃撃戦に、
逆立ちしながらスケボーに乗って登場しダッチワイフを抱きしめながらライフル撃ち込んでくる奴やナイフの如く日本刀投げてくる敵キャラクターの異常さ、本筋とは関係ないはずの毒蛇への執着等、挙げたらキリがない欠点の数々。
だけどそれら豊潤な欠点たちはいつしか物語そのものが持つ面白さ以上のカオスな愉しさを放つ。

火薬とおっぱいしか頭のなかにつまっていないアンディ・シダリスによる愛すべきクソ映画の数々は「こんな世界もあるんだ」と映画の奥深さ、楽しみ方、目線をその昔またひとつ押し広げてくれた大事な想い出たちです。
>|