スネーク・フライトの作品情報・感想・評価

「スネーク・フライト」に投稿された感想・評価

NORA

NORAの感想・評価

4.7
航空機パニック+動物パニックという往年のロジャー・コーマンを思わせるドンブリ勘定チックな企画と、次から次へと投入される燃料の欲張りっぷりが楽しい映画。バカ映画と割り切りつつ真摯に作り込まれた舞台設定、スピーディーな脚本、とりわけ脇役たちの絶妙な活かし(生かし)方に魅了される(ヘビと関係ないところでかなり犠牲が出ているのが可笑しい)。何より、やりたいことがはっきりしていて、それができている。そんな映画がつまらないわけがないのだ。
ヨシダ

ヨシダの感想・評価

3.7
ホノルルでマフィアの殺人を目撃した青年ショーン。
重要証人となった彼は、大物マフィアのエディ・キムを有罪にすべく、FBIフリン捜査官の護衛のもと、LA行きの旅客機に乗り込みます。

口封じのためショーンの命を狙うエディ・キムは飛行に毒ヘビの群れを放ち、乗員乗客をパニックに陥れ、機を墜落させようとします。

フリン捜査官を中心に、毒ヘビまみれの密室で生存のため力を合わす人々を描いた素晴らしきパニック映画です。

☆詳しい作品紹介は下記
https://yoshidanocinema.com/snakeflight

「爆弾でいいじゃん」とツッコミたくなる本作ですが、サミュエル・L・ジャクソンを筆頭に確かな演技力を誇るキャスト。潤沢な予算で丁寧に制作された作品のためエンターテインメント性の富み、非常に楽しめます。

本国でカルト的人気を誇る理由にもうなずけますね。
まい

まいの感想・評価

3.0
ハワイからロサンゼルスに向かう旅客機に乗っている殺人事件の証人を消すため、マフィアが大量の毒ヘビを機内に潜入させる。離陸後、毒ヘビの群れが客室内になだれ込み、乗客たちはパニックに。機長は噛まれて死亡、墜落の危機がパニックを加速させる…という物語。設定メチャクチャ。ようサミュエル・L・ジャクソン出演したなっていう驚き。でも訳分からなくて好き。(笑)疲れてるときに観ると元気出る(笑)。
パニック映画の中ではトップクラスに好きな一本!
殺人事件の証人を殺すため、彼が乗る飛行機に悪党が大量のヘビを投入!
もっと他に方法があるんじゃないかという
ツッコミはしないのが正解かな笑
証人を守るため、サミュエルLジャクソンがヘビと戦うというあらすじ。
監督がファイナルデスティネーションシリーズも撮ってるだけあって、ガラスが首に刺さったりヒールが頭に突き刺さったりと死に方にも力を入れてます。遊び心満載の演出が随所に見られました。
イチャイチャカップルが死んだり、ウザイ奴が死んだりとあるあるもしっかり踏襲。
いい人も死ぬけど、それぞれのキャラも立ってて誰が生き残るか予想しながら見ても楽しめます!
そして、プレステのありがたみが分かる一本
(見た人は分かるはず...)
スネーク・フライト(PlayStation2)
エンディング曲好きです。
れな

れなの感想・評価

4.0
これ昔、地上波かレンタルで鑑賞してたみたい☺️💕
面白かった記憶があるけど2回目も楽しめた👏
搭乗したやつらが癖ある人ばっかりってのもワクワク要素✨
きっとこれサミュエルのギャラで半分以上使ってんだろうなぁwwww


とりあえずツッコむとこが尽きなくて、これぞB級パニックアクション映画だと胸を張っておすすめできる作品だった☺️✨



蛇🐍に飛行機墜落を委ねるなよwwww
もっと確実な方法があるだろうがよアジアンマフィアwww



金髪美女の飼ってるわんちゃんの名前が「メアリーケイト」
うん😇これ絶対オルセン姉妹のMKからとってるんだろうなぁ🐶ww
パリスヒルトンといい金髪は、スムチー(スムースチワワ)を飼ってるイメージが定着🧐
なんか縛りとかあるのかな?🐶





タイトル通り、スネーク🐍三昧なフライト✈️
蛇の種類は様々!
ガラガラ蛇からコブラ、アナコンダまで✨
全部ラリってて猛毒あり🦋
蛇の数が尋常じゃないので、現れたときの飛行機内はもう地獄絵図www
あらゆる場所でのパニック具合が凄すぎる🤣
私にとって最大の見せ場はここだと思う‼️
そしてピークもここ✋
まるで在庫一括セールのように殺されてゆく‼️

倒れたときに踏まれてハイヒール👠で耳付近串刺しにされてたやつが1番気の毒だったwww



ラストがコメディすぎる😂
みんな腕力強すぎぃぃwwwww


しかも最高なのが
エンドロールがコブラスターシップ🤣✋wwww
この曲めちゃなついwwww
このPVの中に🐍が機内に持ち込まれた過程が‼️
このハゲのせいで50人がwww
証人の口封じのために飛行機に大量の蛇を投入するという奇想天外な方法で殺そうとするお話
まるでユーチューバーの企画みたいな確実性がある殺害方法とは思えないのですが、いずれにしても具体的な対抗策がなく大パニック。
構成は「スピード」っぽいところもあり、流石に飛行機内のシーンだけではもたなかったんだろうなと思い観ておりました。
登場人物がやたらと多いのはパニックもののお約束で一応キャラ立ちはしていて問題解決しないと降りられないという秩序は守りながら物語は進行していくので偏差値下げて観るタイプのお気楽映画です。
飛行機内の蛇を最終的にどうやって倒すか?
気になっていましたがちょっと笑ってしまいました。
タマル

タマルの感想・評価

4.6
 “高度33000フィート上空の飛行機内で、数千匹の毒蛇が暴れまわっているパニックムービー"

という企画で、これほどちゃんとした映画ができるとは感服しますね。面白かったです。

 まず、「スネークフライト」という題から、観光客を運ぶ平和な飛行機。しかし、密輸入されていた蛇のケージが揺れで落下!ケージが開いてしまい大パニック!!的な話かと思うじゃないですか。違うのです。本作は重要参考人をマフィアの魔の手から護送する映画なのです。ハワイでマフィアの殺害現場を目撃してしまった若者。このままハワイにいては若者の命が危ない!ということで、裁判が行われるLAまで警官が安全に送り届けることに。警官が次々乗り込んでいく飛行機はダミー。実は参考人を一般客も乗っているジャンボへ乗せ変えており、最低限の警官たちで密かに護送するという計画でした。しかし、そこまで見抜いていたマフィアのボスがある刺客を送り込む。送り込まれた暗殺者は数千匹の毒蛇だった!というわけです。

 爆弾と異なり変温動物だから熱探知に引っかからない、配線や電子機器のある隙間に入り込んで簡単に破壊できるなど、フライトと実は相性がよかったスネークたち。易々と荷物庫に運ばれ、その機を待っています。序盤には蛇を出さず、群像劇をきっちり固める構成が巧み。嫌なやつ、死なないで欲しいやつ、死ぬと困るやつ、などフリではっきり区別がつくようになり、愛着もわいてきます。
 中盤からは、さぁヘビヘビパニックの始まりだ!飛行機内は蛇飛び出しポイントがいっぱいでワクワク!しかも、殺し方が多様で超楽しい!
乳首をガブリ!チンコをガブリ!しちゃう蛇、目ん玉食い潰して、反対の目から出てくる蛇、死体の口からヌルリと出てくる蛇、デブ客を頭から丸呑みするメガトン大蛇、などなど悪趣味・オン・プレイン。脚本に破綻もなく伏線回収も鼻につきません。
 ラストのトンデモ展開もサービス満点で素敵!もうめんどくせえ!!マザーファッキンスネイクどもは皆殺しだぜ!!!

バカ映画最高。ありがとうパニックアクション。
オススメです!


 ところで、蛇ってマザーをファックするのかしら?このなかに蛇に詳しい方、いらっしゃいませんか?
Markし忘れ!!超懐かしい~~!!(笑)

FBI捜査官のネヴィルは、ハワイで発生した殺人事件の目撃者の護衛任務を命じられ、彼を連れてロサンゼルス行きの飛行機に搭乗した。しかし、殺人事件の首謀者であるギャングたちがこの飛行機に大量の毒蛇を持ち込んでおり、空の上の死闘が始まる…。

サミュエルおじき、2000年代の代表作のひとつ(え?)。もう毒蛇とサミュエルおじきという構図だけで満点だからいいんです!!
確かに毒蛇が実際に現れたらパニックにはなると思うのですが、「いや、今動いちゃダメだって!」「なんで逃げないの?!」と突っ込まずにはいられない乗客ばかりで、サミュエルおじきの怒りが頂点に達するのも納得。有名な"Mother *ucking snakes on a Mother *ucking plane!"のセリフはもう何度聞いても爆笑しちゃう(笑)。

観たのは中学の時なので、改めて観返そうかな(笑)。
SYU

SYUの感想・評価

4.0
2021/01/05
監督 デヴィット・R・エリス
サミュエル・L・ジャクソン
ネイサン・フィリップス

【絶叫の4000キロフライト!】

殺人事件の証人の口封じのために大量の毒蛇がばら撒かれた旅客機を舞台に、主人公のFBI捜査官が決死の闘いを繰り広げる様を描くパニックアクションスリラー。

飛行機アクションでもう一本。

設定が奇抜だが意外とスルリと入り込める、たった一人を消すために旅客機ごと全滅させようとする敵に主人公の怒りが爆発するも、あらゆる隙間から入り込み容赦なく命を奪う毒蛇に次第に追い詰められていく、全体的に軽いノリでB級テイスト満載ではあるが、スリル、アクション、ユーモアの按配が絶妙でなかなかの面白さでした。

後半からクライマックスは怒涛の展開、ラストの痛快さに、鑑賞時劇場で見ていた外国の方々が思わず「Yeah——-!!!」と歓声をあげた事を今も覚えている一本。

ヘビが苦手じゃなければオススメ、良作です。

鑑賞日 2006年10月 劇場にて
>|