犬笛の作品情報・感想・評価

「犬笛」に投稿された感想・評価

角川映画が、森村誠一、横溝正史の次に立てたのが西村寿行だった?森村誠一も西村寿行も今は誰も読まない、つまらない作家。角川も目のつけどころが悪い。半村良は角川に目をつけられて、気持ち悪くなって逃げたとか。
ななみ

ななみの感想・評価

3.0
三船プロ。浜田光夫さん。
女の子より犬のテツが心配になってしまう…
TypeMage

TypeMageの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

西村寿行原作「娘よ、涯なき地に我を誘え」の映画化。
西村寿行とは、ハードロマンと称されるバイオレンス小説の作家さん。どこがハードでどこがロマンなのかは読み手次第でしょうが、女性登場人物は主役も脇役も全員レイプされちゃうのが大きな特徴。映画ではその辺抑え目。
この映画の主役菅原文太と並ぶ日本映画のスター高倉健主演で「君よ憤怒の河を渉れ」という映画がありましたが、やはり原作は西村寿行。
さて、この映画は菅原文太が主役なのですが一番美味しい役は三船敏郎です。脇役です。それどころか最後の方でチョロっと出てくるだけです。でも三船敏郎が最高の見せ場を持って行っちゃいます。
一応取って付けたようなラストシーンはありますが全然印象に残りません。それほど見事にラスト前に三船敏郎が一番の見せ場で啖呵切っちゃいます。
それもそのはず、この映画は三船プロ創立15周年記念映画なんです。
ただただ”世界のミフネ”の偉大さに感服するための作品です。
全国縦断ロケ、豪華キャスト、海上自衛隊まで引っ張りだして撮り上げた壮大な駄作