皇帝のいない八月の作品情報・感想・評価

「皇帝のいない八月」に投稿された感想・評価

渡瀬氏の若い頃がめちゃんこかっこいい
自衛隊の軍事問題モノにしてはすごく中立的に描かれてるのでは。

しかし面白くはない…クライマックスの銃撃戦が全然カッコ良くない…
こんな攻めた作品を大金かけて製作していた時代が本当に羨ましい。山本圭は『新幹線大爆破』同様相変わらず最高。個人的には吉永小百合が過去一のかわいさで、渡瀬恒彦目当てで観たのに、もうそこにしか興味が行かなくなってしまった笑。爆破シーンはそこそこ迫力ある。
この映画は難しいですよね。観てる立場が難しい。映画だから娯楽として観てるんですけどね

観る度に、いつも自分は渡瀬恒彦さんの役でもなく、山本圭さんの役でも、渥美清さんの役の人間だなぁと思う。つまり主要人物ではない市井の目線の人

なのになんとなく観ちゃうのは、この映画の持つ70年代邦画大作的な雰囲気が好きだから以外に特に理由はないのかなぁと今日改めて観て思いました

三國さんが鈴木瑞穂さんを詰問するシーンの迫力が1番かも
改めて観ると、渡瀬さんは同じ年に出た、同じ松竹の『事件』のが好きな演技だったなぁ
キャストとタイトルに惹かれて観た。
なんて言うんやったっけこういうジャンル。危機管理的なやつ。アメリカとかであるやんか。

内容は失敗したシンゴジラと失敗した 新幹線大爆破を足して1.7ぐらいで割った感じ。
人物描写が薄いのに捨てきれていなくてストーリーをもたつかせる。
クーデターの脅威も演出しきれていないように感じた。危機管理の話なのに危機が弱いんだな。しょぼい話にみえちゃう。
終盤のバタバタ人が死ぬ展開も唐突で、人が死ぬというドラマ性を消費しているだけのようにみえる。
あと、列車が爆発炎上するシーンに渥美清が居ないのはどうだろう。だったら出したらダメだと思う。あんなに強烈な個性。

ただ好きな役者が多いので最後まで見ていたなあ、という感じ。神山繁と橋本功が良かった。
渡瀬恒彦は落ち着いちゃっててなんだか不満。暴走パニック大激突や狂った野獣の時の感じを期待しちゃった。
山本圭はエロい。ああいうオヤジになりたくて勘違いしているオヤジをよくみる。
吉永小百合は美しすぎて、ぞんざいに死んで行く演出に怒りを感じた。

もっと面白いと思ったがなあ。長かった。キャストが勿体ないなあ。
虎氏

虎氏の感想・評価

3.3
出演俳優陣が豪華だった。
ただ、渥美清は本筋に絡まないコメディリリーフだったので、何度も登場させられてもなぁと思った。
じゃん

じゃんの感想・評価

3.1
俳優陣は超豪華。
でもあまり活かされていない…
山崎努がもっと見たかった。

吉永小百合は相変わらず大根だが、この頃は流石に綺麗。

渥美清は何故出てるのか意味不明。松竹というだけ。

山本薩夫の作品は人間ドラマは素晴らしいけど、アクションには全然向いてない。
かなり中途半端な出来。残念。

新幹線大爆破の監督が監督してればもっと面白かっただろうなあ。
紫色部

紫色部の感想・評価

2.0
2018.1.4 BS

どの方面にも中途半端で退屈だし、吉永小百合はやっぱり大根。渥美清のくだりに至ってはほとんど『男はつらいよ』になってて笑うしかない。
To-ya

To-yaの感想・評価

3.4
往年の豪華キャスト。そのほとんどが既に故人であることに、一抹の寂しさを感じる。
tom

tomの感想・評価

3.7
フヌケな日本に喝を入れたると軍事政権を目指す青年将校の暴走を、暗闇を走る寝台特急にかけたのか。対するもうひとつの主役はまるでCIAのような内閣調査室。30代の小百合ちゃんが可愛いしタイトルがカッコいい。
20171111 #111
まあハロウィンで浮かれてる渋谷なんかを見ると、失われた大和魂とか言いたくなる人もいるわな。
でも自分が絶対に正しいと思っているやつって大抵迷惑なんだよね。
山崎努と渡瀬恒彦の視線の交錯、あそこは熱演でしたね。
>|