戒厳令の夜の作品情報・感想・評価

「戒厳令の夜」に投稿された感想・評価

mitakosama

mitakosamaの感想・評価

2.3
スカパーにて。正直なんとも言いがたい映画でしたなぁ。

原作は五木寛之の小説ですって。
美術史を学んでいた青年がたまたま見つけた絵画。実は歴史に埋もれていた作家のものだという。それを巡る物語。

ヌエバグラナダ国の画家パブロ・ロペスですって。…誰だお前???どこだ其処???
この架空の国と架空の画家の存在の違和感が終始拭えない。それがこの映画の最大の敗因じゃないかしら?

青年は恩師の大学教授を尋ねるが、門前払いをされた挙げ句教授は何故か自殺。凄い因縁を感じるが、後々判る自殺の理由も全然釈然としない。何も死なんでも…

その後、福岡の大物(鶴田浩二)の協力により色々判明する。
ヌエバグラナダ国からナチスドイツの手に。ナチスから戦前の日本に渡り、北九州の炭坑跡に封印されていた。
この遺産を日本が持っていたことが判ると、政府転覆に繋がりかねないスキャンダルだと。

で、絵画をヌエバグラナダ国に返還するため、政府を敵に回し尽力する。

何故か強腕のオネエ(長門勇)が味方になったり、全然必然性のない濡れ場がほんの一寸あったり。

で、多くの犠牲のもと絵画を持って、ヌエバグラナダ国に渡航成功。其処で終わりゃ良いじゃん…
なんとヌエバグラナダ国にクーデターが起き、絵を届けた日本人男女は殺され、肝心の絵も血で汚されて終わる。
じゃあ、今までの努力はなんだったんだよ!???その後味の悪い終わり方に何の意味があるんだ???

主人公が元々学生運動に傾倒していたことも前フリなのだろうが、結局なんの答えも導きだせない…。どう解釈すんだ?
ヌエバグラナダヌエバグラナダヌエバグラナダヌエバグラナダ…
naokit

naokitの感想・評価

2.8
南米の有名画家による幻の絵画に出逢った主人公が、その謎を追いかけていくミステリー仕立てのストーリー…だけかと思いきや、後半は色々な因縁により話がかなりでかくなってドビックリなのです。

そんなドビックリな中、鶴田浩二の演技の重量感…低音ボイスの自然な九州弁が聞いてて気持ちいいです。調べたところ九州出身ではないのに凄いですね。

さらに驚きなのが、原作の五木寛之でさえドビックリしたであろう、主人公伊藤孝雄の女装シーンのホラー感…圧巻の恐さです。(>_<)
予告編で樋口可南子のヌードシーンもあり是非観に行きたかったが機会を逸し2019年して初めて観ることに。海外ロケもあり鶴田浩二、伊藤雄之助、佐藤慶、長門勇も出てきて豪華俳優陣。長門勇にいたっては、女装で出てくる。話となると伊藤孝雄演じるルポライターがロペスなる南米画家の絵を博多で見てから、南米、フランスそしてナチス、戦後直前のドサクサそして現代へ。うーん壮大すぎてなんのことやら。伊藤孝雄は、「戦争と人間」で標耕平の兄役だった人で演技が変わらない人なんだな。ともかく観ながら誰にも感情移入できないのとこの画家凄いと言われるが、心に響かない。期待の濡れ場も浜村淳の裸体(バックショット)を観ないと観られないという厳しい試練が待っている。久しぶりに観るDS(どうかしてる)映画だった。
祖父とか父の過ごした日本を大人になって想像するために見た感じ。男達がカッコいい。