まばたかない瞳 バンガロール連続誘拐殺人の作品情報・感想・評価

「まばたかない瞳 バンガロール連続誘拐殺人」に投稿された感想・評価

まばたかない瞳かぁ。

1時間経っても、まだその時の残像が目に焼きついています。

知能犯であって残忍性の高い凶暴犯の愉快犯ぶりが凄くて恐ろしかった。

ライオンとハイエナ

身代金は要求するが、目的は金ではなく復讐、復讐、復讐。

愛の力が解決へと向かいます。

パパみたくなるな!
ママ譲りの気の強さ。
すくすく育っていってほしいな。

それにしても二転三転して、あーっ!
てんこ盛りすぎてもう夢中になっちゃいました。

スクリーンで観れて良かったです。
オススメ!
kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.0
🔸Film Diary🔸
▪️本年鑑賞数 :2022-345
▪️死ぬまでに観たい映画1001本-※※※

🖋時おりあるんですよねボリウッド作品には、どんでん返しの応酬の脚本が良くできたサスペンス作品が!!そのネタ明かしは、邦題とエンドロールのソング「Imaikkaa Nodiyil」に現れているんですね。

🖋本作、連続殺人事件の犯人とそれを追う中央捜査局CBIのシングルマザーの有能捜査官アンジャリ、そしてその弟を巻き込んで、二転三転としていく捜査と逃亡劇を描いたサスペンス作品の良作です。その二転三転するストーリー展開とある意味どんでん返しのクライマックスはもう前のめりで魅入ってしまいます。そのプロセスではボリウッドならではの過剰な音楽の演出、その中身の暴走は目をつぶりらなければですが。。。

🖋最初は連続殺人犯の主人公アンジャリを軸とした捜査、そして主人公はアンジャリの弟アルジュンへと移り、一見本筋と関係ないようなロマンスが描かれて、そしてまた主人公アンジャリへと展開が戻るその構成は面白く、クライマックスに向けて全てが繋がった時に“ええ!!そうやったんや!!”と本作の核となる“ルドラ事件”の全容が見えます。そこで初めて本作の面白さがグッとくる、そんな作品です。さりげなく撒かれる伏線が効果を発揮する、ラスト近くの映画的密度のパワフルさはやはりお見事!!

👍Story:(参考: 公式サイト)
バンガロールを震撼させる連続誘拐殺人事件。富裕層の子弟が誘拐され、身代金が払われるにもかかわらず惨殺されるのだ。捜査に当たる中央捜査局のアンジャリは、犯人を自称するルドラという男に肉薄しながらも取り逃がしてしまう。犯人、警察、中央捜査局が三つ巴となっての息詰まる追跡劇。クライム・スリラー。

🔸Database🔸
・邦題 :『まばたかない瞳 バンガロール連続誘拐殺人』
・原題 :『Imaikkaa Nodigal』
・製作国 : インド
・初公開 : 2018
・日本公開 : 202/06/04
・上映時間 : 168分
・受賞 : ※※※
・監督 : ニャーナムットゥ
・脚本 :
・原作 : ※※※
・撮影 :
・音楽 : ヒップホップ・タミラー
・出演 : ナヤンターラ、アタルヴァー、ラーシー・カンナー、アヌラーグ・カシャップ

🔸Overview (参考:映画. com)🔸
「インディアンムービーウィーク2021」(21年6月4~24日=キネカ大森)上映作品。
秋元

秋元の感想・評価

4.5
正統派サスペンスなのにこんなにも驚かせてくれる!



犯人の、人を小馬鹿にしたような態度にイラッとさせられるんですが、それがいい感じに話に引き込まれるんですよ〜👏✨

後半からの怒涛の展開には本気で驚かされて、とても良質なサスペンスを見たなあ〜という気分にさせてくれます。

見終わった後にスタンディングオベーションしたくなるほどでした。





タイトルのまばたかない瞳の意味を知った時泣きそうになった
正統派サスペンスでここまで面白く作れるタミルに脱帽。韓国ノワールのような残虐で血生臭いなかにダンスシーンもあり、映画3本分くらい盛り込まれてた。
グチャグチャになった死体にモザイクがかけられていたのが残念だが、下手なゴア映画より残虐度が高い。アヌラーグカシャプの極悪人ぷりが様になりすぎていた。
この世には衝撃サスペンス映画はたくさんあるが、似たような作りなのに新鮮味を感じさせてくれるのはタミルの才腕…!
くりふ

くりふの感想・評価

4.0
【インド警察、腐敗のあとさき】

IMW2021の上映にて。ふつうに面白かったです。

アヌラーグ・カシャップ演じるシリアルキラーに振り回される警察とCBI(中央捜査局)の物語…と思っていたら、それは第一層。そこからおお!そこまで剥きますかと。

最後に出てくるのは?…オチに向かうにつれ、説明的になるのは残念ですが、そこはタミルな腕力でねじ伏せています。

アヌラーグおじさんが喜々と異常者を演じていますが、どこか風通しよい演技をしており、憎みながらも惹かれてしまう。

で、彼と対峙するナヤンターラがいかにもな、タフな美人捜査官。この対立構図までは、ハリウッド映画でもよく見かけますが、そこに捜査官弟アタルヴァー君の、失恋エピソードをソング&ダンス含め、こってりと仕込んでくるのがインド味。

でも、これが後々、ちゃんと物語を盛り上げることになる。

失恋相手のラーシー・カンナーは爽やか美人で、艶々ナヤンターラとのコントラストが中々、絶妙。

で、タイトル“まばたかない瞳”の意味が明かされる終盤に突入すると、今ではタミルのトップ女優であるという、ナヤンターラだからこそできた物語だったのだ、と唸らされる。愛の底力を突き付けますね。

役者のフィジカルパワーで168分みるみる押し通し、多分ツッコミどころ豊富なのに、そのスピード感から気にならない。

マンガみたい、でもありますが、インドに横たわる日常的腐敗があるから成り立つ物語で、振り返ると、そこはコワイですね。

しかし最後、ささやかな愛の復活に、自然と涙がにじみました。

<2021.6.16記>
あかね

あかねの感想・評価

4.5
インド映画好きの人達が
めちゃくちゃ評価高くて
気になっいた作品!

このジャケに名前でで
金田一みたいな感じだけど
超良質!!!
インド映画ってサスペンスもやるよね。
序盤からはらはら!!
二転三転とこの感じは
オリオルパウロ監督みたいなやつ!
あの方のドラマがあるんだが
そんな雰囲気のある作品だった。

弟役の人が超かっこよかったな〜
医学生だと思うけど
恋人誘拐されるんだが
びっくりするぐらい強くてびびった!
もうそれトムクルーズ並みとか
ちょっと思うレベル。
出会いも着ぐるみハグ!!
私も好きな人にやりたいから
着ぐるみかしてほしい。

ラストのあの展開もまた切ない..
生きていたら完全に
あの娘ちゃん復習したね。

ダンスと歌も個人的には
優しい感じで邪魔はしてない
程よい感じでよかった。

この終わり方は
ネトフリのビジョンに通ずる!
あそこまで衝撃な終わりではないけど
本当に全ては愛から始まる事が
世の中色々あると思う。

ヴィジャイさん覚えた!!
良質インド恋愛映画96の人じゃないか!
あのひと切ないキャラやらしたら
一発じゃん!!!もうよかった。
俺だって極道の時はちょい
若かったのね!?2015だもんね。
mary

maryの感想・評価

3.9
え、えーーー!!?

と何度も心の中で叫びました。

シリアス系スリラーなのか?と思いきや
ロマンス、コメディ、アクション、サスペンスそしてミュージカルありのマサラ映画でインド映画祭にふさわしい作品だと思いました。

そしてアヌラーグ・カシャプの悪い顔めっちゃ好き。もう監督業より俳優業に専念してほしいw

インディアンムービーオンラインでも配信してるぽいのでこっそりおすすめしたい。
ezu

ezuの感想・評価

4.6
街を震撼させる殺人犯を追う捜査官のクライム・スリラー。
ダンスもアクションも詰め込んだ贅沢すぎる3時間は海外ドラマ1シーズン分にも匹敵する満足感!バラバラに見えた全ての要素が収束し、エンディングで全てが完結する展開の見事さと映画を見た!という満足感が本当に最高すぎる。
IMO配信で見られるけど、小さな画面で見るにはもったいないくらい良かったのでプロジェクターとか買ったら再鑑賞したい
Jun55

Jun55の感想・評価

4.3
インド映画なので(笑)、どんでん返しのストーリーを見る前から予想していたのだが、結末に向かい、その予想(期待)以上のどんでん返しが待っていた!
その意味でも、新鮮味があったし、改めてインド映画の魅力を感じることができる映画だった。

前半、やや中弛みに感じるところはあるのだが、後半にその意味、繋がりが徐々に明らかになる。
所々に挟まれてくる、過去の回想シーンが効果的。

スリラーといっても、結末を向けて、情感、人情に訴えるところもあり、それもまた良し。

どの俳優の演技も素晴らしく、目力が凄い!
その中でも殺人鬼を演じたAnurag Kashyapの演技が抜群で、彼の存在が、この映画で重要な”緊張感”を醸し出していたともいえる。
そして、主人公Anjaliの娘役も良かった!
alabama

alabamaの感想・評価

4.0
IWM2021part2で一番かも。
前半、殺人事件の捜査と恋愛ドラマが別映画のように進み謎だったけど、後半の怒涛の展開で納得。単なる犯人探しでは無く、裏に眠っていたドラマは想像つきませんでした。
最初から殺人犯が登場するので、観客は誰が犯人か分かるのですが、この犯人が警察をおちょくるのが憎たらしくて。いい演技するんですよね。上手いと言えば、主役の女性捜査官ナヤンターラの小学生前位の女の子のかしましさは、残忍な事件の中の微笑みポイントです。特に、いじられキャラのおじちゃん警察とのやり取り。
インド映画にはダンスが無いと物足りなく感じるのですが、今回は無くても良かったくらい、スリリングでスタイリッシュでした。
>|

あなたにおすすめの記事