階段の作品情報・感想・評価

「階段」に投稿された感想・評価

chaooon

chaooonの感想・評価

4.0
車椅子の青年が妹の後押しで美容師を目指すお話👨‍🦽✨✨

これは感動した😭
12分で泣けるわぁ🥺

手先が器用なお兄ちゃんにいつも髪を結ってもらってる妹のミシュカ👧🏻🎀✨
お兄ちゃんが大好きなのが伝わってくる💕
そんな自慢のお兄ちゃんを皆んなに知ってもらいたい❣️
お兄ちゃんの才能を活かしたら、絶対人気の美容師になれる💇‍♀️✨
屈託のない素直で優しい気持ちがホント可愛い🥰

ついにお兄ちゃんが美容学校に通うことを決意するが、通学にも困難が立ちはだかる….💦

お兄ちゃんの為に協力を惜しまないミシュカちゃんの目も涙が😭

強行突破とも言える手段はかなり度肝を抜くけど、諦めないって想いは胸熱👏🏻✨
それに対して周りの反応も優しい世界✨✨

お兄ちゃん1人だったらあそこで諦めていたかもしれないけど、やっぱり自分を信じてくれる妹の存在があったからこそ、あそこでかじりついてでも!ってパワーが出たのかな✨って思ったら、更にグッと来ちゃった🥺✨✨

ラストシーンも凄くいい🥺✨✨
障がいがあるから無理とは決めつけるのではなくて、考え方や視点を変えるだけで、可能性はいくらでもあるんだなぁと考えさせられた✨✨
出来ることをする、ではなくて、出来る方法を考える✨✨
単純な話です。それで解決する、でいいのかな。。今後も色々と障壁がありそうな気がする。登場人物たちの造形は温かみがあって良いです。
2019年モンゴル/12分

あらすじ
車椅子の主人公が、ウランバトールで美容師になる夢を叶えるため、試練に立ち向かう。



車椅子に乗った主人公は、美容師になるために妹と研修センターに向かう。しかしその入り口には、彼を阻むように聳える階段があった。

少しの工夫と、他者との協力で困難はクリアできる。そんなシンプルなことの大切さをストレートに描く。

SSFF & ASIA 2021で鑑賞。
aoikovic

aoikovicの感想・評価

3.4
兄妹愛ありのホッコリするお話
夢を諦めない人は応援したくなる。

兄妹が行動するまで、
何も対策されていなかったんだな〜と。
モンゴルでも、日本でも、
もっとバリアフリーが増えるといいな。
 まだ若い女性監督。奨学金を得て日本の大学で映画製作を学び、本国がいかにバリアフリーで遅れているかを痛感したこともきっかけとなりモンゴルに帰って撮ったという。

 わずか12分にドラマがあり、問題提議もあればテーマも深い素晴らしい短編。エンドロールでは知的障害者とともに和気あいあいと、でも真剣に映画を作っているメイキングが映し出され、作品の持つ意味をより際立ったものにしている。

 車椅子の青年が美容師になるべく学校へ行こうと奮闘するお話で、健常者と同じ仕事を得るためのハードルが文字通り視覚的な「階段」として立ちはだかる様子を映し出す。当たり前のことを当たり前に行うことの難しさ、諦めない情熱、周囲の支え。 

 人によっては何気ない小さな段差でも、いろいろなことが巨大な階段として現れることを示唆するタイトルも秀逸だ。

 オーストラリアのバスストップフィルムズというNPOがモンゴルのNGOと組んで障害者たちと一緒に製作することになったらしいのだけれど、起用されたゾルジャルガルプレブダシ監督(絶対覚えられへんけど覚えておきたい)は、製作過程での困難を、障害の有無に関係なくひとりひとりと丁寧に向き合うことで克服したという。最後は全員が完成を喜び、障害者の保護者までも感謝したそうだ(ニュースサイトより)。

 画面を見るだけで作り手の情熱が止めどなく溢れ出している映画に出会うととっても幸せな気持ちになれるもので、この作品がまさにそれ。監督の言葉で、そしてエンドロールのスタッフたちの笑顔で、その理由がわかった気がする。オススメです。

(ショートフィルムスコア 4.5)
やる気が大事!
妹たちの優しさにジーン🥲
笑顔が素敵です💕
Sayano

Sayanoの感想・評価

3.7
兄弟愛や夢を諦めない姿が素敵でした。
障害になることがあっても、そこで諦めるか、諦めずになにかできる方法はないか考えて行動するか、でだいぶ人生が変わると思った。
JackieB

JackieBの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

短編でうるっと来たのは久しぶりかもしれない。障害はつきまとうが、それでも出きる方法で乗り越えていく姿と、兄妹の関係性が見ていて胸を温める。

ヨリと引きの映像のテンポもよくて、モンゴルらしさ、美しさが伝わってきた。

少女たちの軽快な掛け声が、障がい者の男性の持つ重たい使命を和らげてくれる。明るさのもつ優しさ。

エンドロールも含めて、なるほど、伝わってくるもののある一貫性のある作品。こうした映画作りのしかたも、誰かに教えてあげられる人になりたいなぁと思った。
妹サンがCMでゴリ押し中の美容学校に車椅子の兄貴を通わせるために、学校の性悪スタッフに対して突貫スロープ工事で立ち向かう

ウランバートルは本当にバリアフリーのかけらも無いのか、実際はどうなのか気になりました
Leaf

Leafの感想・評価

3.6
良いですね。

出来ないと情けなく思うこともあるかもしれないけど、助けて貰えばいい。
そして自分が出来る部分で返してあげれば良い。
>|

あなたにおすすめの記事