still darkの作品情報・感想・評価

still dark2019年製作の映画)

製作国:

上映時間:40分

4.1

「still dark」に投稿された感想・評価

gfbsj

gfbsjの感想・評価

-

ユウキの目が見えないことじゃなく..
この三人から伝わることが、すべてなのかもしれません
良き〜ショートフィルムでした!!
kazuchann

kazuchannの感想・評価

3.8
主演の髙橋雄祐さんの演技が素晴らしい!

監督・脚本もだと知り驚いた。

映画祭で観なければ出逢えなかった作品。
希望のある作品だった。

髙橋雄祐さん、才能溢れる俳優さんだな♪
あこ

あこの感想・評価

4.6
出てくる3人から学ぶことしかない。
まだ暗闇でもその中でもがいた先に明るい未来が待ってる。と信じたい。
ラストシーンはとても震えた。
ギリギリ駆け込みでこの作品に出会えてよかった。

#ええじゃないか豊橋映画祭
グランプリ受賞おめでとうございます
ずん

ずんの感想・評価

4.8
映画は生きて行く武器になる。
まさにそれを証明する作品
短編映画の頂点と言ってしまいたい
まだ暗闇 それでも彼は必ずそれを切り裂く
「あいが、そいで、こい」でも
素晴らしかった高橋雄祐
監督 主演と化け物みたいな才能
Pegasus

Pegasusの感想・評価

4.3
ええじゃないか とよはし映画祭コンペティション部門作品。

これは本当に素晴らしい映画だった。
これだから映画はやめられないんだよ!
盲目の人が憧れのレストランで働く話。
盲目の表現がとてもリアルで心に刺さるし、何よりも職場の仲間との交流の描写が圧倒的!
男の熱き友情というか。ハンディを背負った熱い男が熱い仲間に支えられながら、熱いオーナーのもとで熱いナポリタンを作る。
クーたまらん!
とにかく表現に富んだ力作であり傑作でした。
もちろん『そしてまた私たちはのぼってゆく』と少し迷ったけど今作に投票しました。

追記
ええじゃないか とよはし映画祭コンペティション部門、グランプリ受賞!
まあ当たり前っちゃ当たり前だけどおめでとうございます!
yry

yryの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます


え?良い…
俳優監督でかなり好きな方かもしれない
えー、
皆、きっとじぶんのなかにユウキがいて、臆病になってしまったときに、まさしく彼から勇気からもらっている、そんな気がしました。なるたけいつも、ユウキのように明るく強く、やさしい人間でありたい。

髙橋さん、お若いのに作品がすごくよくできている。お芝居も含めて、やっぱりすごい。
こういう系には本当弱い。
めちゃくちゃよかった。

物語の最初と最後で圧倒的に主人公が変化しているのがわかる。
短い間だったけど、ここで過ごした時間は彼にとって大きな影響を与えているし、暗闇だけど必死に希望を見出して、生きていく姿がとてもよかった。

そしてなにより雄佑くんが素晴らしかった。
深緑

深緑の感想・評価

4.0
生きていくうえで必要なもの(自分がないがしろにしてるやつ)を主要な登場人物3名で殆ど網羅しちゃってる。

説教臭さゼロでそれらをサラリと提供できてる凄さっていうのが本作には確実にありますわな。
tetsu

tetsuの感想・評価

4.3
あしたのSHOW!で鑑賞。

あるレストランのパスタを食べ、衝撃を受けた盲目の若い男性。
お店でアルバイトを始めることにした彼の奮闘と、陽気な同期・厳しい店長との交流を描くヒューマンドラマ。

日本のドラマで例えると、『ランチの女王』や『バンビーノ』で描かれた見習いシェフのサクセスストーリーに近いけれど、盲目の主人公という設定のおかげで、それらとは一線を画している良質な人間ドラマ。

『あいが、そいで、こい』で主演のイメージが強かった髙橋雄祐さんが、監督・主演を務めた作品だったけれど、『あいが……』より、5億倍は名作。笑
(決して、『あいが……』がつまらなかったというわけではない。)

おとなしいようでいて秘めたる熱意を持った主人公と、彼の良き仲間となる、いわゆる陽キャラの同期、そして、あえて気遣いをせず、主人公に厳しく接する店長。

登場人物の関係性が、とても愛しく、月9の時間、1クールかけて観ていたい名作だった。
(と思ったら、本作の長編企画が現在進行中らしい。これは観たい。)

ふと、監督のコメントページを見てみると、
「これから映画を撮りたい、勉強したいと思っている方へのアドバイスなどはありますか?」という質問に、「やるかやらないかしなので、口だけはダサいです。」と書いてあった。

マジでイケメンかよと思った。

参考
あしたのSHOW
https://ashitanoshow.tv/
(6/16 15:59まで配信中。)

【料理ドラマ】日本の料理TVドラマまとめ - NAVER まとめ
https://matome.naver.jp/odai/2143852501236657201
(こんなにあったのか……。)
>|

あなたにおすすめの記事