ノラネコの呑んで観るシネマさんの映画レビュー・感想・評価

ノラネコの呑んで観るシネマ

ノラネコの呑んで観るシネマ

映画ブログ「ノラネコの呑んで観るシネマ」出張所。
http://noraneko22.blog29.fc2.com

映画(1264)
ドラマ(0)

未来のミライ(2018年製作の映画)

4.7

素晴らしいじゃないか。
なんでTLであんまり評判良くないんだろう。
予告編を何度見ても、どんな話なのかサッパリ分からなかったが、なるほどコレは本編以外では表現しにくい。
「おおかみこどもの雨と雪」の時
>>続きを読む

私の人生なのに(2018年製作の映画)

4.3

これは素敵な小品。
知英演じる新体操選手の瑞穂が、不慮の病で下半身麻痺に。
前を向こうとしつつ壁を作ってしまう彼女の前に、幼馴染でストリートミュージシャンの稲葉友がふらりと現れる。
何の脈絡無く一緒に
>>続きを読む

コールド・スキン(2017年製作の映画)

4.0

原作未読。
最果ての無人島にやって来た、気象観測員が主人公。
ところが島には半魚人の様な怪物が多数住み着いていて、夜な夜な襲ってくる。
主人公は島にもう一つある灯台に助けを求めるのだが、そこでは相当イ
>>続きを読む

モンキービジネス おさるのジョージ著者の大冒険(2017年製作の映画)

4.4

知りたがりの子猿、おさるのジョージを生み出したハンスとマーグレットのレイ夫妻の波乱万丈の生涯を、日本と英国の血を引く山崎エマ監督が、アニメーションとインタビュー、資料映像の合わせ技で描き出すステキなド>>続きを読む

名前(2018年製作の映画)

4.3

味わい深い佳作。
いくつもの偽名を使い分けて生活している津田寛治の元へ、ある日突然駒井蓮演じる娘を名乗る見ず知らずの女子高生が現れる。
なぜ彼は偽名を使っているのか?女子高生は何者なのか?お互いの核心
>>続きを読む

最後のランナー(2016年製作の映画)

4.1

あの「炎のランナー」の主人公、神のために走る男、エリック・リデルのその後の話。
この人生まれが中国で、オリンピックでメダルを取った後は故郷に戻って教師になったのだが、運悪く日中戦争から第二次世界大戦に
>>続きを読む

インサイド(2016年製作の映画)

3.1

フランスの怪作ホラー「屋敷女」のリメイク。
舞台はアメリカに移り英語劇に。
単体で観ると出来はそんなに悪くないのだが、オリジナルを知らない方が楽しめたと思う。
アラブ人青年がいないのをはじめ、色々変わ
>>続きを読む

キリング・ガンサー(2017年製作の映画)

2.9

殺し屋版のモキュメンタリー。
シュワちゃん演じる最強の殺し屋、ガンサーを殺って名を上げようとする若手殺し屋グループのチャレンジの話。
アイデアは悪くないが、残念ながら作者にセンス無し。
シュワちゃんが
>>続きを読む

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

2.9

ネットフリックス。
評判悪いんで今まで観て無かったんだが、中盤くらいまでは結構面白い。
地球のエネルギー危機を解決するために軌道上の宇宙ステーションに巨大加速器を作って作動させたら、なぜか突然地球が消
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター みんなの物語(2018年製作の映画)

4.2

なるほど、タイトルに納得。
昨年の20周年記念作「キミにきめた!」で、オリジナルとは違うパラレルワールドでリブートした新ポケモン。
湯山邦彦から矢嶋哲生に監督交代した新体制の一本目は、改めて人とポケモ
>>続きを読む

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

4.3

タイトルのまんま。
砂漠の別荘で彼氏の友達にレイプされた挙句、彼氏にも裏切られて殺されそうになった主人公の復讐劇。
ロケーションからてっきりアメリカ映画かと思ったら、フランス映画だった。
コラリー・フ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

前作は第1作「ジュラシック・パーク」をベンチマークした作りだったが、今回は律儀に第2作「ロスト・ワールド」の焼き直しをやってきた。
噴火する島からの恐竜救出ミッションは、スリリングだが前半で早々に終わ
>>続きを読む

菊とギロチン(2016年製作の映画)

4.8

こりゃ本当にATGだ。
大正12年、関東大震災から始まる物語は、様々な事情を抱えた女たちが集う女相撲と、アナーキスト集団のギロチン社を描く群像劇。
革命を叫びながらも、実際には酒と女に溺れる生活を送っ
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

4.5

なんじゃこりゃ〜。
松居大悟は「フツーの映画」を撮るつもりはサラサラないらしく、これも「アイスと雨音」に続いての大怪作。
キュートなキム・コッピに、惚れに惚れてしまった三人組が主人公。
彼らは彼女のマ
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.2

自殺や事件が起こった、いわゆる事故物件に短期間住んで、部屋の履歴をクリーンにする霊能少女の成長物語。
池田エライザはかわいいし、アイディアは凄く良いんだけどなー。
面白い部分もあるんだけど、全体として
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.6

いやー素晴らしい。
1973年に女子のトップ選手ビリー・ジーン・キングが男子の元名選手ボビー・リッグスと対戦した男女対抗戦“the battle of the sexes”の顛末。
ウーマンリブの女性
>>続きを読む

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

4.1

ネトフリで観たけど、2010年の旧作。
森の中の小屋に、導かれる様に集まった三人の男女。
車はガス欠、通信手段無し、何度小屋から離れようとしても必ず戻って来てしまう。
やがて三人は、今どこにいて、いつ
>>続きを読む

アーリーマン〜ダグと仲間のキックオフ!〜(2018年製作の映画)

4.2

そうか、サッカーの起源は、原始人が隕石を蹴飛ばして遊んだことなのかw
ニック・パーク10年ぶりの監督作は、W杯の年にちなんだ(?)原始のサッカー映画。
隕石が落ちた緑豊かな谷を巡って、石器時代と青銅
>>続きを読む

猫は抱くもの(2017年製作の映画)

3.5

「猫は抱くもの」というタイトルだが、猫映画ではない。
元B級アイドルで、今は田舎のスーパーで働く沢尻エリカ演じる沙織と、自分を人間だと思っている猫のヨシオが主人公。
全編の7、8割が小劇場風の舞台とし
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.8

1950年代、NYのコニーアイランドで展開するドロドロの不倫劇。
舞台は作り物然とした遊園地で、語り部で劇作家志望のジャスティン・ティンバーレイクが、第四の壁を超えて語りかけて来るスタイル。
要するに
>>続きを読む

死の谷間(2015年製作の映画)

4.3

文明社会が滅び、汚染された世界から隔絶された山奥の谷に、マーゴット・ロビーがただ一人住んでいる。
そこにたどり着いたのがキウェテル・イジョフォー。
孤独から脱した二人は、適度な距離を取りながらも平穏に
>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

3.3

いつも小粒でもピリリと辛いスピエリッグ兄弟だが、今回はイマイチだ。
舞台となるウィンチェスター邸は、現在では西海岸の有名な観光地だから私も何度か行ったことがある。
いわゆる幽霊屋敷の類では、たぶんアメ
>>続きを読む

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.7

恋人をテロリストに殺されたデュラン・オブライエンの主人公が、スカウトされてCIAに入り、歴戦のマイケル・キートンに鍛えられる。
私怨に突き動かされるスパイの成長物語。
主人公はむっちゃ有能なんだけど、
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

4.2

マックス狂ったメタファンタジー。
腐敗した世界が、異物の出現によって一気呵成に崩壊してゆく。
原作未読だが、要は石井監督の「狂い咲きサンダーロード」や「爆裂都市」の時代劇版。
現代語使いまくりのクドカ
>>続きを読む

ウタモノガタリ CINEMA FIGHTERS project(2018年製作の映画)

2.9

LDHの所属アーティストが出演し、彼らの楽曲をモチーフにした短編映画集の第2弾。
まあ曲とのリンクは「一応」程度で、限りなく希薄なのだけど。
石井裕也監督「ファンキー」は2041年の3月11日の話。こ
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.6

トラブルと本国コケでケチが付いたが、さすがロン・ハワード。
ぶっ壊れたプロジェクトを立て直し、見事な出来栄えだ。
カスダン親子のシナリオは明らかな西部劇風味、終盤ノワールも加えて、最後には完全にスター
>>続きを読む

天命の城(2017年製作の映画)

4.4

17世紀、勃興する清が朝鮮を攻めた「丙子の役」の一ヶ月間を描く重厚な時代劇。
「トガニ」から「怪しい彼女」まで演出の振り幅が凄いファン・ドンヒョク、今回は超真面目モード。
山城に領民と共に立てこもる朝
>>続きを読む

ガザの美容室(2015年製作の映画)

4.1

パレスチナ、ガザ地区にある一軒の美容室を舞台とした群像劇は、非常に演劇的な構造の寓話。
ロシア出身の店主、恋人と揉めてる店員、結婚式を控えた花嫁、臨月の妊婦、下ネタおばちゃんなど、個性的な女たちが集う
>>続きを読む

高崎グラフィティ。(2018年製作の映画)

4.1

第一回未完成映画予告編大賞受賞作の本編。
高崎に住む五人の高校生の、卒業式から二日間を描く青春群像劇だ。
五人の中で軸となるのは佐藤玲だが、彼女の親父が娘の入学金を持って失踪したことをきっかけに、漠然
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.6

今年最高のアイディア賞。
自主映画の撮影隊が廃墟でゾンビ映画を撮っていると、なぜか本物のゾンビが出現・・・という平凡な出だしから始まって、映画はやがて想像の斜め上どころか、異次元の壁を突き破って暴走す
>>続きを読む

世界でいちばん長い写真(2018年製作の映画)

4.7

あー青春だ・・素晴らしい。
気弱で人との関わりが苦手な、高校写真部の幽霊部員が主人公。
ひょんなことから360度を写すパノラマカメラと出会った彼は、初めて夢中になるものを見つけ、世界一長いパノラマ写真
>>続きを読む

V.I.P. 修羅の獣たち(2017年製作の映画)

4.6

何これ、無茶苦茶面白い。
韓国映画が大好きな猟奇殺人ものだが、犯人が重要な情報を握った北朝鮮からの亡命者ゆえ、警察も簡単に手が出せない。
自分が“守られるべき存在”であることを知っている人間のクズを巡
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.8

これはサブカルへのオマージュたっぷりの、愛すべき小品。
物心つく前に誘拐され、25年もの間地下のシェルターで育った青年が主人公。
救出されて親元へ帰るものの、外の世界を知らず、偽の両親以外の人間と接し
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.5

EXILEのイメージソングをプッシュした宣伝のダサさもあって、てっきりB級の火災スペクタクルかと思ってた。
しかし、これは実話ベースで真実の英雄たちを描いた骨太の漢の映画。
実際に観たら、オスカー俳優
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.7

大阪伊丹空港近くのバラックで、焼肉ドラゴンを営む在日韓国人一家の1969年から2年間を描く群像劇。
高度成長期の終わり、華やかな時代の裏側で懸命に生きる一家の背景に、第二次大戦、済州島4・3事件から北
>>続きを読む

リミット・オブ・アサシン(2017年製作の映画)

3.2

暗殺請負組織の捨て駒にされたと悟った殺し屋が、自分に残された命のリミット24時間で、組織の秘密を暴く証人を守って戦う。
イーサン・ホークがたまに出るプログラム・ピクチュア。
一度死んだ殺し屋、家族の喪
>>続きを読む

>|