ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン 4のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン 4」に投稿された感想・評価

とうとうテロリスト相手の戦争も辞さない手段に出てきたフランクが見所
シーズン進むにつれ行動が過激になってきてるなと感じる
ワイカ

ワイカの感想・評価

3.8
0

このレビューはネタバレを含みます

 ピンチはシーズン3以上に加速。クレアとの確執、民主党内の大統領候補選は、さらにドロドロな展開に。ドロドロ過ぎて途中ダレるところもあったけれど、スリリングなエピソードも多く、なかなかハラハラしました。

 再びあの人が出てきて、フランクはなんと死の淵に。ジャーナリストがそうなっちゃたのはさすがに残念。そしてフランクは数々のピンチをやっぱり剛腕で乗り切っちゃう辺りが憎たらしい。

 終盤はテロを絡んでドロドロから少し目先が変わったけど、その先には恐ろしいを超えておぞましい結末が。これはさすがにやりすぎじゃ。ほとんど独裁者でしょ。てかそこでそんなことやったら余計に支持率落ちちゃうんじゃ。

 あと、クレアとトムのエピは余計。ちょいちょいこういうの入ってくるけど、気持ち悪いだけなのでいい加減やめてほしい。

 長くやりすぎて、なんかだんだんわけがわからなくなってきたような気も。やはりドラマはほどほどで簡潔するのがいいと思います。
とにかく長い。もうこのシリーズ限界な気が...。結局同じようなところをぐるぐるしつつ、ツッコミどころありつつ、クレアはまた不倫しててみたいな。
最終的にそっちに行くのか。民主党の大統領だったよね、、、
ゴールを目指して、とりあえず見てる感じです。
TLs

TLsの感想・評価

4.7
0

このレビューはネタバレを含みます

最高の盛り上がりを見せたシーズン。夫婦対決、暗殺未遂、混迷を極める大統領選、暴露、過激派テロなど様々なイベントがあった。なので中だるみすることなく毎話ハラハラドキドキするものがあった。

特にすごかったのはケヴィン・スぺイシーの演技。特に父親の写真を保管していた理由を話すシーンとキャサリンを脅すシーンは凄かった。前者はフランク・アンダーウッドのどんな手を使っても栄光を掴み取るという意思がはっきりと伝わり、後者でそのことを再確認すると同時に彼が恐ろしい存在であることも再確認できた。フランク・アンダーウッドはこれまでたびたび視聴者が同情するようなシーンや共感するシーンがあったのでドラマの主人公というのもありかなり好意的に観ていたが、彼はS1、S2と「究極の手段」を実行してきた人物であり、まさに巨悪にふさわしい人物である。

またクレア・アンダーウッド役のロビン・ライトも今回ではほとんど主役といって差し支えない活躍をしており、夫ではなくパートナーとしてフランクの隣に立つ覚悟を顔で表現できていたのがよかった。正直、私はあまり夫婦喧嘩のパートが好きでないので、今回も比較的短い話数終わってくれて安心しました。

今回のシーズンラストでは中々ダークな終わり方で尚且つ次シーズンがより容赦ない展開になることが予想できてますますこのドラマにハマってしまう。

このレビューはネタバレを含みます

https://umemomoliwu.com/house-of-cards-season-4
鈴木岳大

鈴木岳大の感想・評価

4.0
0
主人公目線で物語を見て来ているので、どうしても妻の謀反は許せず、イライラがつのる前半。途中から再び夫婦タッグを組むところは安堵感あり。主人公のフランクが暴徒により危機にさらされる所は、次の展開が読めなくなりそうになったが...。シーズン5がまだあるし。しかし毎回いろいろと裏切り裏切られと視聴がしんどくなって来た。
Chisato

Chisatoの感想・評価

3.8
0
政界の闇ってこんな感じなんだなーと勉強になりました。クレアの仕事に対する態度、二人の夫婦の在り方はとても参考になり刺激的な作品となった。
ながさわ

ながさわの感想・評価

4.2
0

このレビューはネタバレを含みます

vsコンウェイ
vs誘拐犯

フランク結構長く寝てたな
クレアが恐ろしい
トムと3人笑っちゃった
ネイビーブルーのスーツかっこよ

首席補佐官と報道官って忙しいね🐭

なるほどねえ
Tama

Tamaの感想・評価

4.0
0
ここで感想書いてる人みんなネタバレするつもりならネタバレ注意のボタン押しといてほしい、観る前にいろんなことネタバレされた。てことでネタバレ見たくない人はスクロールしないのを推奨します〜

このシーズンはシーズン3よりいろいろ動きがあったかな?こんなに長く続いてるのにこの緊張感保ててるの素晴らしいよな。David Fincher最高!
naglit

naglitの感想・評価

4.2
0
日本にこんなに素晴らしいドラマは作れない。少し偏見があるかもしれないが、これを見て日本のドラマを見ると、日本のドラマは高校生が文化祭で作ったそれにしか見えなくなる。久しぶりに実家に帰りテレビで放映されるドラマを見て鳥肌が立ったほど。

魅力は引き込まれるストーリー、展開の軽快さ、それでしてちゃっちくならない1つ1つの出来事。

作品の中で起こる事象にインパクトがあるものの、不自然に引き起こされた感が一切ない。まあ、これとこれが起きれば、そうなってもおかしくないよなと思える。

演者も素晴らしい。日本のようにおふざけと思えるリアクションがない。全て現実味のある演技。

洗練されたストーリーと演技で、夢中になってみてしまう作品。
>|