ヘチ 王座への道のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「ヘチ 王座への道」に投稿された感想・評価

sakurako

sakurakoの感想・評価

2.8
0
話が小難しい&似たような名前の人が多い&おじさんズの見分けがつかなくなり途中から話についていけなくなってしまいました……
hichang

hichangの感想・評価

3.9
0
王座を見据え始めるまでの内容は途中で見るのを辞めようかと思ったくらいだっけど 中盤から食い入るように見始めた。これからどんな政策を行っていったのか もう少し続きが見たい気もした。
znobu

znobuの感想・評価

3.5
0
王になることはわかっているので、その道のりの苦悩や覚悟を涙で魅せてきた感じ
どれだけチョン・イルの涙のシーンがあったかしら…

なんといっても、仲間になった妓楼主人のタルムンの愛が…愛が…もう…
せつないやら、カッコいいやらで展開に緊迫感も出てきちゃうし、"タルムン〜‼︎"となった

吹替版視聴

ヘチが韓国にとって親しみある伝説の生き物だと勉強になった
あ

あの感想・評価

3.8
0
トンイの息子である英祖の話。
イ・サン(正祖)の祖父でもある。
恋愛要素少なめ、政治要素多めな内容。
Reiko

Reikoの感想・評価

3.0
0
途中から飽きてしまった。。。
両班がお金が無いなら税を民から取るのは当然で、自分たちが税を払うのダメだと言う。お前の給金払ってるの民だろ、その民減らすなよってツっ込んでしまった。
cov

covの感想・評価

3.8
0
本日BSにて最終回でしたー。

朝鮮王朝21代王の英祖は、トンイの息子でのちのイサンの祖父でもあります。そう、息子を米櫃に閉じ込めて餓死させた残忍な父として伝わる王。そして名君としても名を残す王です。その功績は数多く、老論派と小論派の二大派閥から南人や小北からも人材を均等に登用したなどあります。
そんな名君の王子時代イグムから王様になるまでの波乱万丈な道のりを描いたドラマです。

ヘチとは善と悪を裁く伝説上の生き物なのだそう。ドラマではどんな悪党でも、そこに至るまでの複雑な背景があり、完全な悪としては描かれていない印象もあります。

老論派の重臣ミンジンノン(ハイエナではソンピルジュン役)は善と悪を裁くのはヘチで、ひとは善悪を裁けないのだと予言めいたことを語ります。