神は見返りを求めるの作品情報・感想・評価

「神は見返りを求める」に投稿された感想・評価

吉田さんの作品なので、なにか考えさせられるものでしょうし、ムロツヨシさんとどんな化学反応が起きるのか、ドキドキしながら見ました。
YouTuberがいまだにわからない。世代によって大変な憧れの職業であるのは知りつつ、じつは経費が掛かっていて内情は大変な人も多いとか聞くし、あの独特の画像加工と編集への馴染めなさから、どうしても距離を置いてしまうので。

意外にわたしのようなスタンスの人間から見た、実のない世界であるという物語に見えたので、辛口の顛末も意外ではなかったけれど。
基本的には「人間は怖い」という核があると思う。

このレビューはネタバレを含みます

ムロツヨシ版ランボーかと思ってたらそんな一筋縄ではいかなくてやっぱり見応えあるなー、毎度のことだけど。

毎回、すごいと思うのは「吉田恵輔的なもの」それを作家性呼ぶとして、それを毎作裏切りアップデートされていく点。

決して理解し得ない他者という一貫してきたテーマにヒネリ。好きか嫌いとかじゃなくて、嫌いと面と向かって言える他者との話。とんでもないラブストーリーだ、こりゃ。

岸井ゆきのとムロツヨシの多面性演技めちゃくちゃいいなー

ブラックコメディ

ただただ「ありがとう」と言って欲しかった。

フライヤーの焦げ方に意味がありすぎてゾッとした。

処女作のなま夏のことを考えたら、すごい距離感だ。

残酷でもあり愛おしさもあるような話にちゃんとなってる。

岸井ゆきののムカつく加減が超いい。

なんかセカイ系にも見える。2人だけのセカイがあった。人間的にマッチする2人だった。この2人でしか理解し得ない、他者は入り用がない何か。だから、若葉竜也は入れないし誰も入れない。嫌いさえも言える。
むろの

むろのの感想・評価

5.0
予告編しか観てないけど、何だかドキドキしてしまう。恋愛もの?サイコサスペンス?笑えるって?どういうこと?
絶対観たい映画。
YouTuberの世界を描いているようで、
承認欲求ポイントレースがルール化した地獄社会全体をリアルに余さず描き込んでいる。凄い。

【スマホのカメラが銃口になった戦争映画】

田母神(ムロツヨシ)は普通の人間社会で
「義理のルール」で真っ当に生きていた人。

ゆりちゃん(岸井ゆきの)は承認欲求数字戦争に
才能がないのに参戦してしまった人。

2つのルール・イデオロギーの代理戦争だが、
やはりルールがわかりやすい
「承認欲求ポイントレース」のルールに
田母神も巻き込まれていく。

この映画をまた(映画YouTuberではない人も含めて)YouTuberがネタにし、拡散され、ヒットするでしょう。

吉田恵輔監督はずっとバキバキだ。
テーマは『ばしゃうまさんとビッグマウス』が一番近い。
しかしSNS/YouTubeの表現は、
表現そのものの快楽ではなく、
投稿したらそれにいいねやコメントがつく、
やはり「承認」の快楽に依存した空虚な表現だ。

YouTubeの編集の巧拙の描写もとことん正しい。
自分もYouTubeをやりながら、
ゆりちゃんみたいな知り合いを100人は見てきた。

自分にも当てはまる部分は大きい。

そして最近の吉田恵輔監督は、
人物たちを突き放し地獄に送るが、
安易ではない救済も差し伸べる。今回も。
また人間の嫌な部分を描くな……この監督は

かなり強烈な作品だった
ぴ

ぴの感想・評価

-
観るしかなくね?

ということで観ました。
吉田作品らしく、主人公達を陥れながらも背中をさするような演出に心を掻き乱されました。

YouTube、映画、ドラマ全てのコンテンツへの優しい目線と、見られることの恐ろしさの高低差でグルングルンさせられました。

話す時毎回ファミレスなところがかわいくてめちゃ好きでした。
ドリンクバーのシーン好き!なの!

とにかくムロツヨシさんがずっとバキバキで最高。

そして恭平がとてもとてもよかったです。

吉田作品ハズレなし

あなたにおすすめの記事