猿楽町で会いましょうの作品情報・感想・評価・動画配信

猿楽町で会いましょう2019年製作の映画)

上映日:2021年06月04日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「猿楽町で会いましょう」に投稿された感想・評価

ポスターみたいに明るいラブストーリーだと思ったら、田中ゆかの悲しい人生の一端を見れてしまう

ずーっと相手のことだけを考え続けるなんて無理な話なんだけど、やっぱずーっと好きを求めてしまう
Taiga

Taigaの感想・評価

3.9
1年前の渋谷半蔵門線A8改札口に、この映画のポスターが駅のノイズの中に貼ってあって、ずっと気になってたんだけど。

その頃「花束みたいな恋をした」を観て感化されて"手書きフォントタイトル"のそれっぽい映画や小説ばかり食ってたからもうお腹一杯で、なんか最近こういうの沢山あるなぁ、ってスルーしてたんだけどもね、やっと観て、面くらいました。

あの、甘くて切ないラブストーリーだと思っている方は注意ね。
割と陰湿でぬめりのある内容なので。

鑑賞後はヘビーな振られ方した後の感情に似ていた。

観た直後は、腹立たしさと嫌悪感。
なぜこんな彼女に僕は執着したんだろうか。
彼女の「好き」は、言葉ではなく、意味のない音声だったんじゃないかとか。
こいつヤバくない?誰かに聞いてもらいたくなる。

でもちょっと経つと、まぁ彼女は彼女なりに息の詰まる環境下で喘いでたのだなぁという憐れみが生まれる。
映画で彼女が辿って来た、舗装されてない道を知っているがだけに、尚更。

もういいよ。
お前もどっかで勝手に幸せになっとけよ。まぁ知らんけど、って感じ。

こんな風に主人公の小山田のフィルターを通して、ビターな恋愛を疑似体験し、様々な感情に苛まれるから、表面上の意味ではなく、しっかりとした"エモい"映画だと思う。

こういう映画「好き」
あ、これはちゃんと意味を伴った言葉です。
いい意味で後味が悪い。
観終わってからも数日頭から離れません。
最初はユカちゃんに共感できなかったけど
段々解るようになってきました。
私もこういうとこあるよな、とかあの時のシーンはこんな意味だったのかなとか。
しんどくなるのでもう一度観る勇気は今のところありませんが素晴らしい作品でした。
最悪だーーー!!!!
めんどくさい東京恋愛邦画だいすきなので今のところ見た中でこういうどうしようもない女の子はいるよなあと実感は一番高かった サイコー
男はみんな支配しようとするし女はみんな嘘つく

あと好きなイキウメの大窪さんでてて嬉しかった
ふみ

ふみの感想・評価

4.2
カメラマンと駆け出し女優の恋物語。と言いつつ最早ホラー。

実態は本編でご確認ください。

端的に言えば“こんなメンヘラ虚言癖は嫌だ”ですかね。

しかも何が嫌って、すぐそこで起こってそうなリアル感というか、職種やシチュエーションは違えど似たような経験は意外としてるって感じ。

プライドだけで生きてる人って息を吐くように嘘をつくんですね。
やってないやってないやってないやってない。怖かった。


他人の言葉や趣味をトレースして、実際は中身のない空っぽで、表面でしか生きてない現代人に右ストレートを喰らわせるような作品でした。

流行りのエモめ恋愛映画を期待した女子大生にカウンター刺さってそうで好きです。ひねくれ者ですいません。

唯一カメラマンだけがマトモと思えるし、あの表情の引き出し方憧れます。
charr

charrの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観たかったやつ。
キラキラした恋愛映画じゃなくてこんな作品の方が自分はしっくりくる。

時間が過去に戻るのもよかった。

ユカはああいう風にしか生きられないだろうし、これからもあまり変わらないと思う。

小山田は芯があって気持ちが強くて、ユカの嘘に気づいてもすぐには離れなかった。
データは渡さない…のシーン何か好き。

小山田いいなぁ〜金子大地だし。
予告に出てくる黒髪の小山田、本編出てきたっけ…

石川さんも内に秘めた感じでよかった。
その

そのの感想・評価

3.8
ずっと気になってた作品をようやく。
個人的にはもっとガツガツ来て欲しかったです。冷静になって見てみるといわゆる虚言癖、夢追い人の苦しい言い訳、とか。
そのリアルすぎる部分は痛いほどに理解できたし、見どころかなと思いました。
ひよこ

ひよこの感想・評価

4.6
こんなにしんどい映画あるー!?
ドロッドロすぎるのに身近に起きてもおかしくないリアルさ、、、
印象的なしんどいシーンがいろいろあるんだけど、ぜひ映画を見て体験して欲しい。
この作品の金子大地くんもめちゃくちゃ良かったです、、、
感情ぐちゃぐちゃドロドロ恋愛映画見たい方はぜひ、、!!
ホリエ

ホリエの感想・評価

3.0
他人の受け売りで他人と接し、綺麗な表面で受けた評価で自我を保つメンヘラビッチ、ユカちゃん。ここまでいかないとしても、自分はどういう人間なのか分からないまま生活してる人は沢山いると思う。栁俊太郎さんかっこよかったな〜
まんぼ

まんぼの感想・評価

3.9
ユカちゃん、傍から見たらウザくてなんでそんなことするん?ってなるけど実際自分もみんなも少なからずこういうことあるよな〜と思うなど

学生時代お金親から1円も援助してもらえず風俗嬢してた友達を思い出して心痛くなった。きちんと育てられる経済力がつくまでは子供産みたくないな〜。この映画でもあるけど仕事云々だけではなく本人の人格形成に影響すると思うのでね〜。

金子大地、マジで付き合ってくださいお願いします。ボロアパートの一室のベッドで私を抱いてくれ。
>|

あなたにおすすめの記事