何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

「何者」に投稿された感想・評価

McLovin

McLovinの感想・評価

3.5
大卒の多くが共感する、『世界に必要とされていない感』が見事に描かれていた。大学でせっかく学んだはずの広い世界という視野を会社からの「お祈り」ですべて無くしてしまうところは見事。というか心がぶち折れそうになった。
コミュ

コミュの感想・評価

3.2
こんな友達は嫌だ!

就活中の大学生であっても友達とこんな会話してないですよw

SNSなどの使い方に関する喚起は感じれましたが、
就活に対する色んな考え方を伝えたいがために、2時間の映像を見せられ、映画らしい面白さが何もなく。。

流行りの若手俳優集めればいいってもんじゃない〜
自分も側から見たらこんな感じなのかなって。今見るべき映画だったとも今じゃなかったとも。考えて生きる。
しょう

しょうの感想・評価

3.3
レビューに書く内容もよく考えなくては…

偉そうな批判はダメだよね
みんな違ってみんな良いってことで。
kuru

kuruの感想・評価

4.0
就活したくないと思わない人はいないんじゃ
みんながみんな あ、こういう人いるなって思うし 自分も就活したらこの中の誰かみたいになるのだろうか
原作も過去に読んでいたが、原作を読んだ時同様のゾワゾワ感があった。

自分は何者なのか。
自分はこう生きたい、こうしたいと頭で考え、実際に実行に移し、自分がなりたい理想像とのギャップを埋めていく。
その中で少しずつ自分が何者なのかが見えてくるんだな。

就活をしたのはもう10年も昔なのに、当時の葛藤や、いまだに自分の中にあるモヤモヤを改めて感じさせてくれた。
Sally

Sallyの感想・評価

4.0
社会人なりたてにはぐさっとくる映画だった。就活前に観たかった
AKIRA

AKIRAの感想・評価

3.0
就活生がテーマ。登場する人物は全員ストレートに就活した人達ではなく1年間ズレて就活をし始めたワケありさん達。性格の違うそれぞれの葛藤を描いていた。

SNSについても描かれており、終盤、裏垢がバレていたと知った主人公が気持ちを改め清々しい感じで終わったのは気持ちよかった。

ただ、良いか悪いかは別として、仲良くやっているという表向きはして実は仮面を被っているってのはやっぱ怖いね。
アヤナ

アヤナの感想・評価

3.4
人間の歪んだ部分
いろいろわかりすぎてしんどいし働きたくないね
菅田将暉が好き
就活を舞台に大学生を描いた作品。ただ就活はあくまで映画の一貫したテーマであり演劇、友情、恋愛、それらを薄く描いていた。にしても佐藤健の「鋭い分析、みんなを裏垢で笑っている」ところは見ていて痛々しい。
>|