何者(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    三浦大輔
    脚本
    三浦大輔
    原作
    朝井リョウ
    キャスト
    佐藤健
    有村架純
    二階堂ふみ
    菅田将暉
    岡田将生
    山田孝之
    あらすじ
    就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

    「何者」に投稿された感想・評価

    クズみたいなやつばっかりでイライラするけどリアルだった

    山田孝之おっさんすぎるけど

    就活したくねーよー
    いかにも現代らしい映画。様々な感情が渦巻く。
    タイトル良いね!「何者」なるほど。

    就活を通して色々学んでいく感じのストーリーだったけど意外と重かったな。まあ就活終わった身としてはグループディスカッションのシーンだったり“内定”の2文字の重みだったり就活中の周りの言動だったりって沢山思い出した。確かに自分もツイッターに「内定もらえた!」とか書いたし、他の人の考えとか聞いてても正直イラっときたりしたこともあった。けどそれはそれで良いんじゃないかとも思う。そりゃあ客観的に見ちゃうでしょ!こいつプライド高えなぁ〜とか口だけだなぁ〜とか、そりゃあ誰にでも思う事はあるよ!でもああやって直接言わずに影でコソコソやるってやり方がまずかったのかね。結局自分のやった事とか相手にした事は最終的に自分に返ってくると思う…

    まあとにかく観ていて心は少し痛かったけど中々今のこの時代に良いとこ突いた作品だったと思います。
    近頃の若者は...
    って呆れ顔で言う大人がいるかもしれない。でも、今も昔も結局一緒だよなあ。

    この映画は、就活とSNSで人間の心理を表現しているだけであって。
    最近の学生のなかにも立派な人格者はいるし、どうしようもないのは昔もいたし。

    切り口が極端で、就活を経験してない人とか、世代が違う人には衝撃作だろうな。
    6年前に就活経験したけど、他人との違いに落ち込んだり、浮き足立ったり、でも結局は自分との戦いで、それで成長するいい機会だったのだと今では思ってる。

    SNSというツールとの付き合い方の問題は若い人も歳を重ねた人も一緒。
    こっちも大事なテーマなのかな。
    現代の若者を描いた映画だった。
    SNSの怖さなど本当に今どきの若者のストーリー、行動、就活といったかんじ。
    もっとあかるいテンポで進む映画と思っていたが、全く逆で最後にはどんでん返しって程でもないが、どんでん返しが…
    結局はみんな誰かに知ってもらいたくて、頑張っているのを知ってもらいたくてたまらないんだろうなーって感じだった。
    とりあえず有村架純と二階堂ふみが可愛かった
    まさに現代。こんな恐怖の就活って…SNSやめたほうがいいなと思った(笑)
    見る人の今の状況によると思う。
    私の今の生活から心を撃たれるものがあった。
    なんだかぼやーっとしてて、自分を奮い立たせたいと思う人にはオススメ!
    >|