何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

衝撃が残る作品。就活の時の精神状態を思い出して辛くなった。人間の中の汚い部分がだんだん見えてきて苦しくなる。
「頭の中にあるうちはなんだって傑作なんだよ」って言葉が一番残ってる。
kyoka

kyokaの感想・評価

4.5
先輩とこの話になって、以前映画館で見たのですがもう一度鑑賞。リアルな若者の姿、わたしはきっと拓人と同じ。そしてリカとも同じ。他人の幸せを喜べないし、きっと友達の就職先のレビューを調べてしまうタイプ。だからとてもとてもイタかった。イタくてツラくて。これから就活が始まるけれど、わたしはやっていけるのだろうか。この映画は本当に胸にささり、そして余韻が止まらない。
Mayu

Mayuの感想・評価

3.1
原作読んだ時高校生の私は死ぬほど絶望的な気分になったけどあっという間にこれをやる時が来てしまった
佐藤健面接で時間配分考えたほうがいいよ〜
Kaho

Kahoの感想・評価

3.3
就活が怖くなる。人間って汚い部分をたくさん持っている。妬む生き物。
なー

なーの感想・評価

4.0
原作読まずに鑑賞。
純粋に楽しめました。
題材がいいと思いました。
朝井リョウさんの原作も読んでみようと思う。
共感できる部分が非常に多く、感情移入しながら観てしまった。
少なからず、主人公の拓人に共感できる部分をみんな持ってるのではないだろうか。
わ

わの感想・評価

3.0
この世代(に限らないかもしれませんが)のあるあるをよく書けていると思いました。直木賞受賞作の期待を裏切らない映画でした。
c

cの感想・評価

3.0
就活とか遠い昔のように感じる。就活終わりの飯はまじで美味かった記憶がある。息抜きのビールはサッポロ。お祈り来た時の顔。客観的に見過ぎて何者にもなれない何者たち。そういえばタクトくんとネクタイ一緒やった。
chi

chiの感想・評価

3.5
私自身が就活中に観た作品。セリフが就活生だった私にはグサグサ刺さりあっという間に観終えた。考えさせられた。周りの人との関係性などあまりにも現実的に描かれていて映画というより、自分の周りの話なのではないかと錯覚してしまうくらいに入り込めた作品。
就活を主題とした珍しい作品だったが、方向性が謎だしオチが弱い。
>|