何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

ゆん

ゆんの感想・評価

3.9
原作読んでから見たけど終わり方とかマイルドになってる印象。就活が題材だけど硬すぎずに青春映画ぽい感じ。好きです。
371

371の感想・評価

2.7
私は大学にいってなくて、就活もすぐ終わったからこの人たちの気持ちがわからへんかった
朝井さんの作品は私とはあんまり合わへん

就活生!頑張って!

このレビューはネタバレを含みます

現代人の自己顕示欲のそれ。頭の中にあるうちは何でも傑作で、そこからお前は出られない。その一言はシビれた。結局は何でもフェードアウトしないと評価されることは無い。井の中の蛙大海を知らずなんて言葉もあるが、少し考えさせられる内容でした。
dask910

dask910の感想・評価

3.0
リアルすぎてわたしの部屋と画面の向こうの彼らとの世界がつながっているような感覚 。よって 、佐藤健愛がすごい私は佐藤健(&菅田将暉)とルームシェアしているような錯覚に陥らせていただきました 、感謝 。
内容 。そのままの世界すぎて特に感動はなかったけど 、原作を読みたくなったかな 。
incal

incalの感想・評価

3.7
ハッピーエンドになると思いきやむしろどんどん闇が表に出てきたことや、他人を批評してからの妬みや自己防衛などリアルだった。特に内定企業のブラックや、2ちゃんねるの検索は自分でもしそう、、
就活生のリアルを映し出しながら、心の闇が段々と出てきてとても引き込まれた。
いい映画
sugenon

sugenonの感想・評価

2.4
(理香)会社の理念と自分の考えが合ってることのほうが大事かな。
(隆良)今、この時代に就職して団体に所属するメリットってある?

就活生って凄いなあ。
オイラなんか音楽と映画が好きなだけで仕事させてもらって30年経つものなあ。
ホントありがたいことです。

6人の就活生の就活話。
就活という舞台に立つキャスト達。
場所は違えど「桐島、部活やめるってよ」の人と人との繋がり方を思い出しました。

桐島の場合は直接的なコミュニケーションやぶつかり合いだったけど、今作は就活の中での自己分析、他人との比較、自己防衛、他人の批判、羨み、やっかみなんかをSNS上で不特定多数の人に発信する事でなんとか自分を保っている事を描いている。

なかなか内定もらえない者たちは自信を喪失し、自己否定に陥っていく。冷めたキャラクターが多いのであんまり感情移入はできなかったけど、改めて自己を肯定することでようやくそれぞれの一歩を踏み出していくテーマは良かったよね。(何様だよ笑

(拓人)頭の中にあるうちはなんだって傑作なんだって!
(瑞月)10点でも20点でも自分の中から出しなよ!

耳の痛い台詞ですわ。
見る前に飛べ!
キャスト豪華〜!
ただ内容が共感できなくて、30分で観るのやめました。。。
まみこ

まみこの感想・評価

2.5
原作読了済。

映像表現なのに文字を並べる表現が多すぎる。ツイッターを表したいのはわかるが。

原作だと拓人には手が届かない瑞月を、救いの女神化したのも安置だしオヤジ趣味くさいな。

上から目線で批評しているわたしは拓人でしょうか。

ついこの間、就活を終えて。
TJ

TJの感想・評価

4.4
原作を読んで映画化は難しいと思っていたが、映画にあった改変が上手くなされていてよかった
特に演劇の見せ方、使い方が良かった
>|