何者の作品情報・感想・評価・動画配信

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

「何者」に投稿された感想・評価

akk

akkの感想・評価

3.5
就活がこわくなった、、、
終始現実味ありすぎて映画見てる気がしなかった、、
次は現実逃避できる映画みる🥺
えり

えりの感想・評価

3.0
就活の嫌な部分がリアルに描かれている

「私たちは何者かになんてなれない
自分は自分にしかなれない。」

理想の自分に近づくために
もがき続けるしかないのかもしれない
終始暗い場面が続き、就活における不安や焦りがこちらにも伝わってくるようだだった。就活の話ではあるけど、自分自身の立ち振舞いについて考えさせられる内容だったと思う。
メメ

メメの感想・評価

-
‪ある程度自分のこともわかってきて、ずるさを覚え、要領よく生きていけるようになると、自分の居場所を他人への否定によって見出してしまう。これはすごく身に覚えのあることだった。

舞台は就活という椅子取りゲームの世界だけど、就活映画というよりかは、そういう世界で生きていくなかで、ふとした時に我に帰るための映画であるといえるかもしれない。痛いところつかれまくりでめちゃくちゃヒリヒリするけど、自分の恥ずかしい部分に直面しても別に逃げる必要はないのかなと感じた。
sn

snの感想・評価

-
就活中にみました、自分と全然違ったので、これが就活なのかあと思いました
nekofrog

nekofrogの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

この登場人物と年齢が近いので全員わかる〜となる部分がいっぱいあった 友達のSNSついつい調べてしまうところ嫌だけどね、なんとなくわかる 何者にもなってない状態で人にばっかり文句言うのダサいって再確認します、真っ直ぐ生きていけたらなぁ あと次々に有名な役者が出てきて飽和状態 今の年齢で見れてよかった

このレビューはネタバレを含みます

就活に対して5人が自分が「何者」か?
「何者」になりたいか。と言う物語。な気がした。
自分が就活してないため、こんなに大変なのか。と驚いた。

序盤から中盤は拓人(佐藤健)の目線で就活に対して話が進んでいくが、ラストまで
たくとの心境が分からない。
理香(二階堂ふみ)が拓人の裏アカを見つけて、
急に拓人がどう思っていたか。を客観的に見せる。
そして、拓人が物語をどう見てたかが分かる。

物語の構造としては面白いが、拓人のTwitterが急に舞台として観客を入れていた。というのは、よく分からなかった。
自分の理解力が乏しいのかもしれないが、別の映画「劇場」を見たあとのため似ているが感情移入が出来なかった。
hn

hnの感想・評価

-
見た当時はよくわかんなかったけど今就活をしてる身として分かりみがあってしんどい
shiho

shihoの感想・評価

3.8
就活生として親に見るべきと言われた映画

自分に殻を作らずに、正直に自分の目標と向き合いたいと思った。やっぱり、夢や目標がある人はかっこいいし、きらきらしている。

自己分析の重要性がいまいちわからなかったけれど、少し分かった気がする。肩書きに頼らずに、自分は何者なのか、何をしたいのか真剣に考えるべきだと思った。

安心材料が欲しくて、人と評価してしまうこともあるけれど、自分より有能な人は数え切れないほどいるから、そんな有能な人材に少しでもなれるように、評価する暇があるなら努力すべきだと考えさせられた。
るるる

るるるの感想・評価

2.8
アマプラ

就活終わるまで見るのやめとこうって思ってたけど、思ってたのと違った

就活の闇みたいな話かと思ってたけど、人間関係の話だった
>|