何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

足が速いとか料理が上手いとか、結局就活が得意なだけだったんだな〜何者にもなれた気がしねえよ
この言葉が響いた。
daliayu

daliayuの感想・評価

-
人間の心の奥底を描いていて悪くなかった
けど、ラストが今一つだった
役者さん、みんな上手☆
河合

河合の感想・評価

-
就活への不安が増大した。。。
ツイッターのかんじ、リアルだなー
chn126

chn126の感想・評価

-
「何者」ってゆーか物凄く
「若者」って感じでした
そんで俳優陣みんなその役そのもので凄く自然で素晴らしかった。。

米津さんの歌は最高で(ファン目線ですみません)あとは確かにリアルな就活の中のドロドロした所に嫌気がさした。友だちだったはずなのに出し抜こうとか人の幸せ喜べなかったり受かった会社バカにしたり。。ありそうすぎる。
そしてこれは就活だけじゃなくて仕事、結婚、出産どの段階でも起こることだなと。

そしてそれ以上に後半20分くらいは人の内側の汚い気持ちに吐き気がするけど、演出はすごくよかった

でもやっぱりリアルだし、この主人公まではないにしろ自分も就活の時先に受かった友だちを素直に喜べなかったなと思い出してまた嫌気がさしてしまった

あと、何個もツイッターのアカウント持ってたり裏アカで自分の中のドロドロを吐き出したりもよく聞く話。。

でも逆にほんとに素直に人の良いところをみれたり素直に生きていたりそういう人も確かにいて、そんな人ってどこかしらで自分に幸せが返ってきてる気がする
Mare

Mareの感想・評価

-
『就活生』という独特の人種が上手く表現されていて、思ったよりも面白かった
mizuki

mizukiの感想・評価

-
いやもうなんて鬱な映画なの
就活の時期にみなくてよかったぁ
もうこんなのみちゃったらやってけないよ
ManaMarks

ManaMarksの感想・評価

2.5
WHY SO SERIOUS 🤪
就活ってそんな大変なんだなって思った
自分の時がすごく簡単でよかった
オチのところは面白かった
COCO

COCOの感想・評価

-
去年就活してたけどこうゆう人いたなあ
なんでもSNSに書いたり情報共有のためって言ってLINE聞いてきたり(笑)
就活楽しんでたタイプだから、去年この映画観てたら鬱になってそう
こまち

こまちの感想・評価

3.5

正直、身近な話題に感じた。
この映画で起きていることは、もう現実で当たり前の出来事となっている人もいると思う。
茄子

茄子の感想・評価

3.3
就活中に観たのでタイミング的にガツンとダメージを受けて良かったと思ったし同時に後悔した。

就活もテーマだがSNSに重きを置いている感じ。

徐々に込み上げて来る焦りと嫉妬の描写や会話間の気まずさにリアリティがあるが、登場人物が全員「王道的な大学生」として描かれる大学生で(サークル、バンド、シェアハウス、恋愛)ここまで個々のキャラクターが立っていないと逆に創作感が強く残念。

上記の通り最初からキャラクターが似たり寄ったりなので就活でアイデンティティを見失う描写が薄く感じられて、勿体無く感じた。最初から「何者」にしなくても良かったのでは。

就活=没個性と考えたり、集団に属せばアイデンティティが生まれると思っているのは日本人特有だろうな。
日本人以外の感想が聞きたい。
菅田将暉、歳とキャラクターのせいか王道的な大学生役がハマるなあ。
>|