何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

「何者」に投稿された感想・評価

a

aの感想・評価

3.7
自分が何者かなんて
いまだに分かんないや
結局は自分の事が1番分かんないのかもね

自分はやっぱり
カッコ悪くても、情けなくても
夢を追い続けていきたいや!
牧

牧の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ひとの側面すべてを煮詰めた、6人の男女の物語。


誰よりも夢を諦めきれなかった彼のその後を観たいと思う、


消えろ消えろ、束の間の灯火、人生は歩く影法師、哀れな役者だ。
miku

mikuの感想・評価

5.0
自分が“何者”であるのかを
就活で見つけられるだろうか
人の波に流されず飲み込まれず
正しい道を探せるだろうか
そんなことを考えさせられた
1時間半でした。

このレビューはネタバレを含みます

二階堂ふみのキャラがサイコー
話もリアルさがあり入り込めたけど、最後の展開がイマイチでした。でも最後まで就活あるあるのような話では、映画にならないんかな?
IpponKnock

IpponKnockの感想・評価

4.0
就活を通して、人間の汚い面を描き出す。とても繊細な描写で1人1人個性が分かれている。
追い込まれたらみんなこんなものかと怖くなった。
本の方が好きかもっていちばん意味のないレビュー書く
岡田将生、うざめの奴の演技うまいな〜〜😂
J

Jの感想・評価

3.0
後半から面白なってきた。
誰しも表と裏があるやろなって思う。
予備知識なかったので、前半ものすごくダレて、観たことを少し後悔するレベルの鬱屈とした感じがありました(逆に言うと、現代の就活という鬱屈したものが、雰囲気込みで表現されている感じが、さすがの実力派役者さんたちだなと思いました)…でも最後まで観てよかったです。
na

naの感想・評価

2.5
.
前半、ずっと楽しみにしていただけに失敗したかなと思ったけど後半盛り返して面白かった。
表に出せない裏の顔って絶対みんなあるわけで、周りのこと気になったり内心馬鹿にしていたり。
きっと、あるあるある!と思いながら見れるのでは。
これは若い人にももっともっと大人の人にでも言えるなあと。
人間、いくつになっても自分が一番。
.
山田孝之さん、菅田将暉さん、さすが、すごくいい味出てました。
.
okyk

okykの感想・評価

3.6
葛藤がとても丁寧に描かれていると思った
ストーリー的にも、こういう展開、構成は嫌いじゃない
自分を1分で表現って・・・これほど難しいことってありますか?
就活生は、いつもこんなことやらされるのかと思うと、大変だわ
ただでさえ、自分が何者なのか分からなくなる年頃なのにね
>|