何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

RsK

RsKの感想・評価

3.1
就活あるあるが詰まってる。こわい。
みさき

みさきの感想・評価

4.5
‪同居してる友達も彼氏も
なんだかいけ好かない。
‪あの人が私より頑張ってるか
それとも頑張ってないのかを
比べたがる人がいて。
‪全部が皮肉嫌味をこめた悪口に
聞こえて‬‪拷問受けるみたいに
テストばっか受けて。
‪二階堂さんのおっぱい
タンクトップなのに大きくて。

はぁ、「何者」しんどいです。数年先が怖いです。就活未知数なので高評価つけることができていると思います🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️
井D

井Dの感想・評価

3.3
ほんとSNS時代の就活あるある満載。人の醜い一面が露骨に出てて、観てて血の気が引く。1回でお腹いっぱい。
Tatsuya

Tatsuyaの感想・評価

3.5
就活が終わった直後に鑑賞。
「今流」の就活の方式が本当にリアルに描かれてて就活を思い出し少し嫌になりました。
「あーこういう奴いたなー...」っていう人たちばっかで本当にリアルでした。
最後のオチも用意していてよかったのではないでしょうか
この映画には年齢制限はありませんが、対象年齢は確実に存在します。
私の率直な感想としては、SNSが普及した現代の就職活動アルアル映画として【タメになったし楽しかったけれど二度と観たくない】です。


登場人物の誰とは言いません。
私はその人と違って、停滞している自分の立場と、それに似たような他者の姿を見て偉そうに高説タレたことはありません。

しかしその一方で私のストレス解消の為に仲間の悪口を文章にして、それが他者にバレたことはあります。

そんなふうに【リアル志向の映画だけれど共感する場面と、それはないだろうと思う場面の半々】
皆様にもご覧いただきたい、自身が登場人物の誰に一番似ているか?
それを楽しむ映画だと思います。

さて…
私自身の実生活、アルバイトの面接で落ちたことは無くて、社会人として最初の職場も学校の同期の誰よりも素早く決まりました…
しかしそれが私の失p(ry

菅田将暉:
料理ができるとかと同じで俺はただ『就活が得意なだけ』だったんだよ。お前がどうして内定を貰えないか本当にわからないんだ。イヤミで言ってんじゃないからな。
朝井

朝井の感想・評価

2.4
やっぱり原作読んだ本は映画あんまり集中できないなぁ。。。

本だと最後にどんでん返しって感じですごく面白かったし衝撃もあったのに、映画だとなんだか伏線的な演出と雰囲気でラストが想像できちゃう感じがした。

原作読んでも楽しめたのはキミスイが最初で最後なのかなぁ。。。。
BS2011

BS2011の感想・評価

3.3
演劇のシーン、かなり痛い感じがリアル。演劇人の監督なのでもう少し演劇の魅力を表現してもいいのにとも思った・・・
でもまあ演劇だけじゃなくて、20代前半の痛い感じは上手いなあ〜
若いって痛いなあ〜
kou

kouの感想・評価

2.0
就活時に感じたことそのまんま。主人公の人を見る視点。それが透けて見えている面接官の心情。リアルに表現されているがために、一回見たら満足
riu

riuの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

じわじわと不安感や居心地の悪さに支配されていく時間でした。。
就活の息の詰まる感じ、腹を探り合う仲間ーーイタくても寒くても発信し続けることで自分が自分であると言い聞かせる女、
何も踏み出さずに成功を妄想するが焦りを隠せない男、
自分は冷めた目で周りを見て他人より高いところにいる気になる男…
そんなリアルなメンバーだった。

人の闇に触れてしまう、そして自分もどこかあてはまりそうで目を背けたくなる 恐ろしい映画w なかなかない題材で斬新でした。

主人公の「見て欲しいけど見られたくない部分」が暴かれていく演出は面白かった。
>|