さんかくの作品情報・感想・評価

「さんかく」に投稿された感想・評価

ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.5
うーわ胸糞面白かったーー!!何事にも盲信的な姉、気の向くままに人を弄ぶ妹、常に優位に立ってるつもりの男。でも多分みんな、この3つの役割を、その時その時で、クルクル代わり番こに演じるんだと思う。これを見てる我々もそれは変わらず、だからこそ、登場人物全員にイライラしたりヤキモキしたりするのでしょう。いろんな人に見て欲しい、「恋愛未満」映画でした。それと、予期せずオカルトの江野君が出てきたので、個人的にテンションがマックスに上がったよ\(^o^)/
inabow

inabowの感想・評価

4.5
いちばん最初に観た吉田作品。

良い感じに笑えて、良い感じにゾッとするホラーラブコメディ。田畑智子の一途さにただただ恐怖させられます。

ストーリーといい、リアルで生々しい日常描写といい、傑作『ヒメアノ~ル』のときと同じく吉田監督の超イジワルな演出が炸裂しています。実にキツい…ジワジワくるキツさ…このキツさこそが吉田作品に求めるものではあるのですが。

ビデオカメラを使ったJホラー的な恐怖展開も用意されています!

ラストも秀逸。あえて最後まで見せないという…『岸和田少年愚連隊』の"最悪な展開になる直前で画面がブラックアウトして終わる"超怖いラストを思い出します。『犬猿』のときとは対照的なすごくブラックな終わり方😱…最高!

『愛しのアイリーン』!
早く観たいぃぃぃ!
気づかずにストーカーになってる男女。
男も女もキモくて元気が出る、こういうの客観的に見させてくれる映画っていいわ〜
最後の田畑智子めっちゃ綺麗だったな
ゆみみ

ゆみみの感想・評価

2.4
こういうことって若い頃きっとあったよね⁈ってやつですか。身に覚えのある人はきっと胃がきしむ思いで90分耐えねばなりませんな。ちなみに私は泣きました(どこでやねん)
bemi

bemiの感想・評価

3.5
こわい…下手なホラーよりこわい…と思いました。ラブコメかな~ってニヤニヤして見てると後半でヒエッてなる。
登場人物のクズさがリアル。けれど絶妙な憎めなさ。最後の田畑智子の表情が印象的。
dai

daiの感想・評価

4.7
吉田恵輔監督新作前の予習

この監督は人間の微妙な感情のほつれ、交錯を描写するのが非常に上手いと思ってます(手先や目線の交わし合いといった丹念な画作りに至るまで)

「愛」と「恋」似ているようでどこか違う
共通項としては、人を盲目にさせるという事
故に感情のエスカレートが犯罪スレスレのところまで迸る

高岡蒼甫演じる百瀬の「バカだよなぁ…」ここに同性の私は涙 男はバカなんです

その後を敢えて鑑賞者に委ねる幕引きも良し 傑作
yuuki

yuukiの感想・評価

3.1
「ひとを試すように別れようとかいう女きらいなんだよ」
まさしく〜〜。

男も女も大概。
不快感がほどよいし、柏木由紀みたいな妹がいいとこ突いてる。

もやっと終わる、大島優子には気づけず調べた。
いつのまにかホラーちっく。
痛面白い!コレは面白い映画ですね〜!吉田恵輔監督のまだ観てない作品を追ってこうと思いまして鑑賞致しました傑作ですね!
高岡蒼甫くんと田畑智子さんが付き合っていて同棲してるんですが、そこに田畑さんの妹であるえれぴょんが夏休みという事でお泊まりに来るんですよ。そこで15歳のえれぴょんの小悪魔的な可愛さに高岡くんはやられてしまって次第に夢中になっていくというちょいエロなラブコメ的ノリから物語がスタートします。割とラフな感じの前半から、後半に行くにつれて段々と毒っ気が強くなっていき、結構生々しくて怖い話じゃねぇかおいといった具合で、当初の予想とはだいぶ違う方へ話が進んでいきました。
こういう少女が大人の男を誘惑するような『小さな悪の華』みたいな映画ってのちょくちょくありますけど、こういうの観て思うのは男ってのはほぼ皆んなロリコンの気があるんじゃないかって事ですよね。誘惑されたら大抵敵わないんですよ。意思よわよわな生き物なんですよねぇ。
高岡くんのそこまで悪いヤツではないにしろ最強に痛々しい感じとか、田畑さんの一見常識人のように見えて実は闇が深かったりと、それぞれに救いようのないほどのダメさがあるのがリアルで良かったですね。えれぴょんのような幸せな日常をぶち壊すナチュラル小悪魔疫病神みたいな人には気をつけねばならないという教訓にもなると思いますが、いかんせんあれだけ可愛いと気をつけようがねえ、高岡くんの気持ちは分かるぞというのが本音だったりします。
キャストが皆さん素晴らしいのですが、高岡くんは色々ありましたし、えれぴょんは引退、主題歌を担当している羊毛とおはなのボーカルはなさんは亡くなっていたりと、もう同じメンツで新しい映画が作られる可能性が無いというのが少し残念ですね。とにかく面白かったです早速2周目観ます。
マジでどーでもよくて、ビックリするくらいしょうもないラブコメが、気付けばホラー映画に豹変しているという珍作。

何気ない何の変哲もない日常が、些細なトリガーにより急激に変貌を遂げ急転直下していく、という吉田恵輔節が炸裂します。


序盤はC級映画並のくだらない展開が続き、おいおいこのまま最後まで走るのはキツいぞ と思い始めた矢先、物語は思いもよらぬ方向へと進む。
冒頭で書いた通り、もはやホラー映画。
妙にリアル味を帯びた後半の展開は 「こわい!こわい!こわい!」と連呼せずにはいられない程。笑

吉田恵輔作品好きには、その吉田節の原点を堪能できる為 オススメ!


ぼーーーーーーーーっと胡座かいて鑑賞することをオススメします。
きっと最後までその姿勢をキープ出来ないでしょうから。笑笑
男がどこまでもしょーもない恋愛映画。

吉田監督らしい、一瞬のカットで何か強い印象に残るイメージを突きつけてくれる作品です。
>|