劇場の作品情報・感想・評価・動画配信

「劇場」に投稿された感想・評価

しゅ

しゅの感想・評価

3.5


ずっと苦しかった。



「 勝手に歳をとって焦って変わったのは
わたしの方だから。

だからどんどん自分が嫌いになってく。

だめだよね。 」
自分のダメさ加減が分かっているのに、認めるのが怖くて虚勢を貼ってる永田を山崎賢人が良い感じで演じている。

そんな、甘え切った男にとことん尽くして、夢を叶えてあげようとするサキ。
まるで母親のように彼を支え、許し、自分のすべてを与える。一方的な関係は無理が来る。
そんなサキを、崩壊してゆく姿を松岡茉優が鉄板の演技で魅せる。 結局、最後には松岡茉優が全部かっさらって行ったように思える程だった。

永田にとってはサキが一番安心安全な場所だったのだろうが、それはサキの犠牲の元に成り立っている。サキは自分が犠牲とは気が付いていない。でも、この偏った力関係で成り立っている事は明らかで、実際こういう夫婦や恋人達も数多く存在している。
他人から見ると「何で別れないのかな」と思ってしまうが、ズルズルと腐れ縁の様になってしまうケースも多い。

男女とは不思議なものだね。
この作品はラストで綺麗にまとまっていましたけどね。
とても良かった。さきちゃん。ラストが悲しい。最後の話が明るい話なほど悲しい。本でも最後は好きだったから。やっぱ映画もすきだった。永田はもっと関西弁な気がしたけど、わざとなんかな。見たあとぼーっと考えちゃう系映画
麻衣

麻衣の感想・評価

3.7
永くん、理不尽だし器狭いし自分のこと棚に上げるしかなり最悪だけど、途中の「いや食うんかい」の1人ツッコミのシーンで結構許した。
自分のどうしようもなさを自覚してるからこそ沙希ちゃんの優しさに苛立ってわざと無下に扱ってしまってたんだろうな。でもそれって結局自分の問題で、相手に何かを訴えても変わらないんだよね。そこは恋愛の本質で、相手に何かを求めている時こそ、まずは自分が行動して変わらないといけないのかも。
ところでyonigeの「沙希」って曲、「世界で1番安全な場所」とか「誰も知らない猿のダンス踊ろう」って歌詞が出てくるのだけど、この原作にインスパイアされてたりするの? 
小峰の配役が井口さんで普通に本当の才能人だからリアリティがすごくて心抉られる...
映画で見る演劇のシーンは結構苦手意識があるのだけど、大学時代に友達の出てる演劇見に行った時は思ったより親しみやすくておもしろくてびっくりした記憶がある。
作品集

作品集の感想・評価

5.0
涙なしでは観られない激推し作品

劇作家の永田が
普通の大学生サキと出会い、
付き合い、そして別れるまでを描いた作品

主人公永田は劇作家で、
自分のことを一番偉いと思ってるし、
人のことは褒めないし、
人の意見は聞きたくない。
まさに自己中。

そんな永田を支えるサキは天使。
なんでも許す。
なんでもわかるし、
なんでも笑顔で答えるし、
何より、永田の1番の理解者だった。

サキちゃんがずっと可哀想で、
永田の横暴さには本当に腹が立つ。
何かを作ってる人はそんなに偉いのか。
偉くないのだけれど、
わかってるんだけど、
どうしても譲れない。

サキが永田のことを大好きで、
でもそれが次第に逆転していく。
その様が切なくて、虚しくて、
それによって無くすものもあれば
得るものもある。

本当に大切なものは
失うまさにその瞬間に気づく。

この映画に出会えて本当に良かった。

このレビューはネタバレを含みます

まぁ想定内だよね…
プライドだけは一丁前なヒモ男と、
純粋というと聞こえはいいおバカな低収入女が付き合ったらそうなるよ…

「私もう27歳なんだよ?」って謎に傷つけられたんだけど?又吉さん???

このレビューはネタバレを含みます

めちゃ好き
さきちゃんさきちゃんって自転車漕ぎながら話して、後ろのさきちゃんは泣いてて、本当に辛くて良かった
永くんのことさきちゃんは本当に大好きだったんだよね永くんも好きだったけどプライドとか色んな物たちが邪魔してダメだったんだよね本当に本当に人間すぎて辛くて良かった
涙止まらんかった

このレビューはネタバレを含みます

友達と2人で見た
yonigeの「沙希」っていう一番好きな曲がこの映画の原作のことを歌っていると知って、みる事にした。
 
沙希のサビで「誰も知らないさるのダンス踊ろう」という歌詞が出てきて、そこの意味がわからなかったけど、映画を見ることでサビにその歌詞が入った意味がわかった。2人にとってさるのダンスは上手くいっている頃の特に大切な思い出のひとつだったんだろう。

沙希は人気も才能もあって、その上人柄も良いし、大好きで居てくれている良い彼女だった。どんな時も笑顔で、いつも輝いている
彼女が近くにいるからこそ、光に当てられた自分の影が濃くなって、汚いところがが目立つように感じて、劣等感が高まっていく。一緒に居たいけれど、一緒にいるのが辛くて
彼女を避けようとする永田に
悔しいけれど共感してしまった。

二人乗りして桜を見る沙希の表情が、もうこの人と来年は桜見ないんだろうなと別れを決めているように見えて、綺麗だけど辛かった。

「いつまでもつだろうか 次に不安が押し寄せてくるのは、いつだろうか」
刺さった。刺さるなよくっそー!
tomona

tomonaの感想・評価

5.0
人生で観た映画で1番泣いた。
自分と重ねて見たけど、さきちゃんの性格の良さだけは重ならなかった。
しゅ

しゅの感想・評価

3.9
茉優ちゃんかわいすぎ、、、、服もめちゃくちゃかわいい
胸糞悪いなあってとこあるけど総合的に好き
低めの山﨑賢人の声がMの声に聞こえてしまった
str
>|

あなたにおすすめの記事