犬猿の作品情報・感想・評価

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿された感想・評価

Ryow

Ryowの感想・評価

3.6
そんなに期待してなかったけど良かった〜!
兄弟姉妹の愛憎劇。ただそれだけ。
監督は意地悪だなって思った。
そこがまたたまらないんだけど。
主要4人のキャスティングが最高。
yui

yuiの感想・評価

3.8
犬猿。ほんと犬猿だった。
兄弟姉妹いる人は分かるだろうこともあり、
妬みや嫉妬、見下し、比較され
でも他人に兄弟姉妹の悪口言われると、
いや悪く言わないでくれる?ってなる
普通ならこいつキライ、合わないって
切り捨ててしまうけど兄弟姉妹だから
切るにきれない完全に見捨てられない
きらいだけどすき。
そうゆうのがストレートに出てて面白い。

共感できるところいっぱいでした。
これぞ犬猿って感じですな。

オープニングで早送りしてもたー

「俺は犬猿が観たいんじゃ!」と思わされた時点で負け。この監督の術中にハマっている。

兄弟・姉妹のあるあるや妬み嫉みなどの痛い部分を上手く展開に落とし込んでいる。
ラストも良い。

「ヒメアノ〜ル」も抜群やったし、吉田監督は上手いなぁ。

4人のキャスティングが完璧です。
笑って泣けて面白い。
じゃく

じゃくの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

■演技 0.8
筧美和子、演技自然すぎる…!
めちゃくちゃ驚きました。
新井浩文は、ああいう役が本当ハマるなあ。安定だなあ。と思ってみていたら、終盤の「お前本当は俺のことが好きだったんだよ…!」って台詞と言い方が、予想の斜め上で、なんだかとてもぐっときた。

■ストーリー 0.8
まさに「共感、共感、共感の嵐です!」

■演出 0.7

■気づき 0.8
筧美和子の演技がとても自然で、これからも女優としての活躍を見たいと思った。
どうやら監督からものすごい演技指導があったみたいですね。

■個人的な思い入れ 0.7
私にも弟が居るし、もちろん劇中で描かれるような兄弟コンプレックスを感じながら育ったから、どれだけ心を抉られるのだろうと冷や冷やしながら鑑賞。

合計 ★3.8

■感想
とにかく筧美和子のことが大好きになった作品。
JJとグラビアのイメージしかなかったけど、認識ががらりと変わりました。
私は、小池栄子さんの演技がとにかく大好きなんですが、グラビア→女優ルートで、筧美和子にもどんどん演技をやって欲しいなあ。

目の前ではけなし合って、おとしめ合って、でも同じことを他人に言われるとものすごく腹が立つ。
あのシーン、うんうん頷きながら見てました。
面と向かってたら腹も立つし、近くに居ればコンプレックスを抉られるし、それでも遠くに居れば可愛いもんなんだよな…。

兄弟・家族コンプの話といえば「たかが世界の終わり」ですが、あそこでも兄が弟のことを「あいつは遠くに居るから美しいんだ」みたいなこと言ってましたね。
あのシーンもすごく好き。

まあなんか、どちらの兄弟も、「お前それやっちゃダメだろ」みたいなことやるのは上の方でしたね…心が痛い…(笑)。

でも、これが兄と妹・姉と弟(私はこれ)だと、また違った関係性になるんだよなあ。
moe

moeの感想・評価

3.7
他人だったら、直ぐに切れるのに。。
見下されたり見下したり憎んだり変な劣等感や優越感、妬んでも、恨んでも、、、。
切れない縁。。姉妹兄弟だから。。。

最初、笑って観てましたが、ラスト辺り悲しくなってきました。。
どちらか死ななきゃ、終わらないのか?!
HONEY

HONEYの感想・評価

4.5
いやー面白かったな。何がどう面白かったかって聞かれると回答が難しいけど、とにかく面白かった。全てがリアルで。兄貴の粗暴さだけはちょっとリアルじゃないか。終盤に最後の盛り上がりがあっての、あの後の、あのラスト、非常にかっこいい終わり方!どこの家庭の兄弟姉妹もみんな完璧な関係じゃないと思う。だからこそどこかに共感してリアリティがあった。女性キャスト二人の芝居も意外に良かったから成り立った作品だな。高いスコアも納得な映画でした。
あんまり期待してなかったのだが、予想以上に良かった。
窪田さん 独特の雰囲気が良い
新井さん 配役ぴったりで最高
ニッチェ江上さん 意外に良い、面白い
筧さん 可愛い
ペジオ

ペジオの感想・評価

4.2
ノーチェンジ


オープニング(DVDで観たんで最初普通に流してたよ。プレーヤー壊れたんか思たわ!)からラストまで悪意と皮肉に満ち満ちていて最高
ゲロスプラッシュもヒドイが、その前のブタ鼻はもう悪意しかない

ニッチェの江上と筧美和子(「レスラー」のミッキー・ロークや「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマンの様な扱い方)は役にハマってて凄い良かったが、クライマックスの本音の対話のシーンはやはり職業「役者」のご両人に軍配が上がる
もってしまうんだな~画が

「弟」を中心に「兄」そして「姉」「妹」へと繋がる様な作りなので、意外と「四角関係」になってないというか
無いものねだりではあるが、「兄と妹」の絡みももっと増やしてぐちゃぐちゃな「正方形」も見てみたかった
(ステーキ屋の初顔合わせのシーン見てたらそうなる予感はあったのだけれど。おそらく唯一純粋に心が通じたであろう「兄と姉」のカラミは面白かった。)

ACIDMAN久々に聴いたけど良かった(新井浩文繋がりかしら?)



良く言えば「真っ当」、悪く言えば「安易」な感動(敢えてだろうが…)を経てのラストの展開

変わらないねえ…
gol

golの感想・評価

3.9
全く自慢にはなりませんが、
この映画に出てくる兄弟姉妹も大概ですが、
ウチも負けず劣らず正に犬猿でして、、、

面と向かってケンカしてる分若干こちらの方がマシかななんて思えてくる位の生理的嫌悪感。
声も姿も、存在そのものを感じたくない。
それがウチの現状、、、あぁ救いがない。
詰んでいる。

親子であれば親なら愛情、子の立場なら感謝でバランスが取りやすいですが、兄弟となるとそれが無く、単純に年齢差だけの血縁関係になるので、なかなかバランスが難しく、こじれると修復不能になる可能性が一番高いのでは、、、

だからこそイジワル映画の名手である吉田監督は題材に選んだのでしょうが、ラスト一歩手前がオチだったらオイオイ!どんな掌返しや!と噴飯ものでしたが、んな訳ねぇだろと更にもう一度掌を返してくれたので、俺はその掌にハイタッチ🤚

あぁ、胸糞悪いwwあ、借りたの自分でしたw

にしても近くのTSUTAYAさん、置いてないとはなんぞこれ??ゲオにあったから良かったけどねw
しょや

しょやの感想・評価

4.0
良かった…!肉親で他人で、嫌いで好きで、一番どうでもよくてすごく大事な、そんな存在。役者さん全員が良かったし、それを損なわないストーリーで楽しめた。これは邦画じゃないと楽しめないだろうな〜と感じた作品。
>|