犬猿の作品情報・感想・評価

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿された感想・評価

とある姉妹と兄弟が犬猿の仲というお話です。

そんなわけないだろともの凄い違和感。
姉は賢い人という設定なら自らの評価を正確にできるはず。妹役だって頭が悪過ぎる。女性をバカにするなと腹が立ちました。
男の方だってこれほど知的レベルも低く礼儀もない兄弟が存在しますかね?

この話のどこに共感するのでしょう。
家族だから、兄弟だからって、ここまで何も隠さずに言いたい放題であり、親たちが何も言えず放置してるならうまくいくはずがないでしょう。むしろそんな家族が増えてますよと言いたいの?親しき仲にも礼儀ありですよとか今更?家族だからこそいちばん気をつけて言葉を発するべき。タイミングを見計らって感情をうまく出すべき。そんなの常識でしょうが。

最後まで観客をスクリーンから目を逸らさないようテンポよく、ありがちなエピソードをうまく組み合わせて作ってるなといったところはお上手でした。
尾身

尾身の感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

共感しやすいテーマを誇張を混ぜてコミカルに描いてて見てて楽しい。
良い意味で重くなかった。

重くないけどちゃんとグッとくるところはグッとくる。
ぬか漬けのシーンとか好き。

これ見たら性善説の方が正しいのかなって思った。
なお

なおの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

いったい、どこに終着点を取るのだろうと、ドキドキしながら鑑賞🎥
ラスト、いやこのまま終わるのか!と思ったら
あー良かった、そうこなくっちゃ

兄弟も姉妹もいる身としては、
あー、と思い当たることが
誰よりも近くて親の愛を奪い合ってきた存在
自分に無いところが羨ましくてしょうがない
カチンときたら相手の1番痛いところだってつける
相手の良いところも痛いところも分かっているから
ここまで殺伐とはしていなかったけれど、正直、私自身、家を出て距離を置いてからは楽になったと思う
親も意外と無頓着だったりして、端から見たら無神経だなということも平気で言うからなぁ

炒飯のシーンが本当に好き😄
染若

染若の感想・評価

3.4
良くも悪くもヒメアノ~ルに引っ張られちゃったみたい…いまひとつ乗れませんでした。

あらすじを読んで面白そうだなとは思ったんですが、全体的にああ、あるあるからのちょっとほっこり目の笑い、的な着地に行こうとする話運びが私には合わなかった。自身も姉妹で育ち、似たような経験があればまた違ったかと思うんですが、残念なことにあのような喧嘩も、妹に対する嫉妬なども感じたことがなく、そこもシンクロできなかった。もう少しカミソリでやられるみたいな切れ味を期待してしまったんですよね、それも全部ヒメアノ~ルのせい…(笑)

ヒメアノールの話ばっかでゴメン、あの映画観たときにいちばん印象として残ったのが生々しいバイオレンスで。実際犬猿もどこがいちばん良かったかってお兄ちゃんが刺されるとこだったりとか…^^;(爆)

根底に流れる感情について、割と予想がついてしまったのもちょっと物足りなさに繋がってしまった感…もう少し転がるような展開を欲してしまいました。

とはいえ平日の昼間、意外にもご年配の方々が沢山来場してました、笑いも起きてたし。うん、そういう映画なんだろうな。ちょっと今回は私が〝呼ばれなかった 〟んだと思います。

最後に窪田正孝くんについて。前から思っていますが、独特の「スクリーン映え」がする人だなあ~と今回も改めて。冒頭の運転シーン、ミラー越し眼だけが映るみたいなやつ、ああいうの本当にハマる。よいものを観ました。

たくじとゆりあがくっついてわあわあ言うとこが観たかったな。そっちの話がすごく観たい(笑)
あん

あんの感想・評価

3.8
👭👬👊💢👵🎡💢👩💏💢👵💢🙎‍♂️💢👵🔪🚓🚑👦👩💧👭👬✨🐶🐵❗️
こんな両極端キャラ設定だし兄弟いたら共感するなんてと思ってたが、あぁーってさせられて思わず笑ってしまった。
逆に一人っ子だとわからないのか?っという不思議な感覚があった。
また四人のキャラも個性的で対応の仕方とかに個々のあるあるを感じるのが面白い。

他人のなんて無いゴタゴタ。だけど本人達は全力。それを一歩離れたところから見せられて思わず笑ってしまう楽しさのある映画。

そして観ていくとたぶんほとんどの人が想像つくであろうオチにニヤッと笑い、ある意味ホッコリする。
kwsk

kwskの感想・評価

3.7
本当に血が繋がってんのかって思うくらい性格が真逆だったり、基本理解できないけど密かにうらやましい部分があったりと窪田くん演じる弟にとても共感。

メイン4人のキャスティングは良かったし、話の流れは淡々としながらもしっかりと物語は動いていて、落とすところでは落としてきて、飽きずに見れた。なにより見終えた後のfilmarksユーザーのレビューにこんなに共感したのは初めてかもしれない。

兄弟、姉妹がいる人にはオススメしたい、そんな作品。
YUKi

YUKiの感想・評価

3.8
一筋縄ではいかない兄弟・姉妹関係の
生々しい確執を、リアルにコミカルに、そしてちょっと
揚げ足を取ったような演出のバランスが見事。

キャスティング、キャラの立て方も最高に好きです。

個人的には新井浩文と江上敬子の絡みに
ものすごくツボりました。
何なん‥あの2人の完璧な“間(ま)”。笑った。

ああどこへ向かうんだろうっていう
ストーリーのなか、終盤に向かうにつれて
焦点とリンク具合が研ぎ澄まされていくような
スピード感あるテンポ、そして
屋上での気持ち悪い大団円っぽいシーンなんて
悪趣味なファンタジック性だなあ(褒めてる)と。

で、やっぱり犬猿の関係性というのは
血縁関係であろうとそう甘くないという、
嫌気が巻き返す落とし方も
これまたありがちなようで悪趣味(褒めてる)な描写。

自分に投影できる部分も、できない部分も
したくない部分もありましたが、
あれほど有り得ないくらい兄弟姉妹と向き合ったり
自分で内包しているものを吐き切るという意味では
ちょっと羨ましかった。
なお

なおの感想・評価

3.7
これ以外のタイトルは考えられない、まさしく犬猿!

ん?映画館のミス?っていう感じのオープニングに、なるほどー!さすがヒメアノールの監督👏と感心。

もっとシリアスな重い話なのかと思ったら、意外と軽く普通の兄弟や姉妹でした^ ^
特に新井君扮する兄の選ぶ女性が初っ端からブスで…あれ?あれ?みたいなw
そして全ては付箋だったんですね。あの2人、付き合って欲しかったー。まぁいつか付き合うのかな^ ^

そんな細かい付箋が他にもあり
とてもうまかった様に思います。

でも、私は一人っ子なので
兄弟あるある にはあまり共感しませんでした。が、私に兄弟や姉妹がいたら🌟3.8ぐらいいってたかも!?

とにかく新井君演じるお兄ちゃんか最高でした(≧∀≦)
hiyori

hiyoriの感想・評価

3.9
脚本から作られた物語とは思えないほど、良いキャラ設定だったので、そこは高く評価されてほしい。憎しみが最高頂まで到達しても、完全に消えることはない愛と尚残る確執。繰り返される愛憎が余儀ないものとされる。まだその愛が心の隅に僅かでもあるうちはまだ間に合うという思いが込められているに感じられる。日常に潜む欲望や嫉妬のリアリティに皮肉がありながらも、切実なのでコメディとしても面白く、最後は感動させてくれる傑作。
>|