犬猿の作品情報・感想・評価・動画配信

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.7

あらすじ

「犬猿」に投稿された感想・評価

霊子

霊子の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

吉田監督の人物描写は素晴らしい!
優しい真面目キャラが素知らぬ顔で復讐してたり、ストーカーしたり悪口言ったり、まさに実際に生きてる人間でドキッとする。
見てちゃいけない部分を見せられた時のドキッてかんじ。
お姉ちゃんが花言葉調べて踊るシーンではすごく胸が切なくなった。
でもデートの誘い方がセクハラだよー!
それじゃ嫌な顔されちゃうよー!
とにかくハラハラした!
私は長女なので、兄姉視点で見てしまったな。
4人のキャストがみんなハマっていておもしろかった。
窪田さんは静から動に至る瞬間の演技がとてもいい。新井さん...今何してるんだろう。いい役者だったのになあ〜。
もふ

もふの感想・評価

3.8
全員殺気立ってくる感じ、お互いが相手をコンプレックスだと思って生きてきた感じ、痛くてつらくて、そこがよかった。
お姉ちゃんがストーカーみたいになってきたあたりほんとに怖かったし、江上さんすごい。
なんとなく🐶🍮みたらよかった〜🐣😓🤥
ニッチェ👽🎃のぴと?いいかんぢだった🐶🐵
URI

URIの感想・評価

3.0
可もなく不可もなく。嫌いだけれど嫌いになりきれない、兄弟・姉妹の微妙な距離感はなんとなくわかる。ただあともう一味欲しかった感じ。
araara

araaraの感想・評価

3.9
中島家@菊川にてラスト映画でした。
思わぬ面白さでした。

新井浩文さんは同じ新井界でのカーストがかなり上位の方でした。
ゆりぺ

ゆりぺの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

吉田恵輔監督最高ー!今作は2組の兄弟姉妹のお話だが、この2組を見事に交錯させていく。気まずいレストランでの食事シーンや、まさかの兄×姉の相性の良さとか、ラブホテルでの遭遇とか、遊園地のシーン×2とか。面白いシーンばかり。それぞれが自分を兄弟姉妹と比べてしまい嫉妬し合っている。しかしお互いの良い所も理解している。そして最後の怒涛の展開で、まさかの病院にこの4人が揃うという事態に。話の展開も面白いし、1つ1つの描写もいいなー。個人的にはニッチェの江上さん素晴らしかったです。遊園地のコーヒーカップのシーンの不憫さよ。そして絶望を感じながら雑巾掛けをする姿。あー。良い。さらにラストの切れ味!!犬猿!!第二ラウンド開始です。
エレナ

エレナの感想・評価

4.8
兄弟ってこうだよな〜〜〜。(笑)

好きなんだけど好きじゃなくて、
幸せになってほしいけど憎らしくもある。
嫉妬するし嫉妬されるけど、傍から見たら死ぬほどくだらない。

最後の終わり方まで最高。
Eriko

Erikoの感想・評価

-
キャスト的に期待しないで観たら江上も筧美和子も良い味出してて結構好き◎
unO

unOの感想・評価

4.0
印刷会社勤務で要領は悪いが実直な金山和成と、その兄で欲望のままに動き強盗罪で服役中の卓司。和成の取引する印刷工場を仕切る頭脳明晰だが見た目にコンプレックスを持つ幾野由利亜と、その妹で頭は悪いがルックスの良さから芸能活動をする真子。二組の兄弟姉妹の交錯が起こす愛憎入り混じる関係の変化を描く吉田恵輔監督作品です。

古谷実の漫画『ヒメアノ~ル』の見事な実写化を成功させた吉田監督がオリジナル脚本も手掛けた一作で、前作にも通じる「何の変哲もない日常が、一見すると平凡な人の中に潜む狂気や陰鬱によって崩壊していく」様を、最も身近であるが故に最もコンプレックスやそれに伴う妬みを抱きやすい兄弟/姉妹の関係で描き出します。

兄を演じた新井浩文、姉を演じたニッチェ・江上敬子、妹を演じた筧美和子のいずれも適役ですが、中でもはまり役なのが弟を演じた窪田正孝で、一見一番まともでありながら最も秘められた闇を持つ曲者を見事に体現しています。愛憎がコロコロ切り替わる姉弟/姉妹の様に泣き笑いさせられると共に、兄弟持ちとして身につまされる一作です。
>|