そこにいようとおもうの作品情報・感想・評価

そこにいようとおもう2022年製作の映画)

上映日:2022年09月19日

製作国:

上映時間:15分

3.7

あらすじ

「そこにいようとおもう」に投稿された感想・評価

くぅー

くぅーの感想・評価

3.8
これは吉村界人の魅力を存分に堪能できる、ノスタルジックな作品で…ついつい過去の青春を青臭いって見下す年齢ってあったなぁと。

うん、須賀健太らのサポートも良かった。

from【MIRRORLIAR FILMS season3】
大人になる者、なれない者。
懐かしさと今の自分を思う。

吉村界人の表情はやはりいいなぁ。
よいち

よいちの感想・評価

2.7
須賀健太さんの苦手なタイプの人の演技が上手かった

昔の関係性と同じように接することの難しさをここ最近思うことがあり、ムズムズしながら鑑賞

もし、隆が生きていたら学ももう少し居やすい関係になっていたのかと思うと心苦しい
daruma

darumaの感想・評価

4.1
こちらもAbemaの「MIRRORLIAR FILMS Season3」無料配信1週間にて。
吉村界人くんが好きで観ました。

これ、めっちゃ好き!
もうもうもう…って感じ。
まさに吉村界人。吉村界人大好き。
(ていうかこのキャラが好き!)

ラーメン屋で親子に怒ってるエピソードがめちゃくちゃ効いてる。
彼の性格をよく表してると思う。
そういうまっすぐな感じ、大好き。

でも、自分の中でグラグラしてるというか、よくわからなくなってるところも好き。

須賀健太くん、嫌な奴で出てます。笑
(でも、彼のほうが普通なんだろうなぁと思う…ていうか凄く分かる。何気に自分はこっちだと思う。だから、わかりすぎて嫌なヤツだ…彼のほうが視聴者の鏡系じゃないかな?人によるかもだけど)

ラスト、タイトルが!!(そういう事か^^)
好きすぎた。

脚本にドラマ「箱庭のレミング」の敦賀零さんが参加されてた!
(天音くんの出てる回の脚本を担当されてて、結構良かったです)

ミラーライアーフィルムズ3の最終エピソード。1時間52分くらい~15分位です。
「あと2日」と出てるので、9/9か10まで観られると思います。
吉村界人さんのイラついた演技がリアルで、少々の怖さを感じました。
ですが、普段は先生として全力で生徒と向き合っているのだろうというのが想像できる演技であり、全力すぎていつか身体や心が壊れてしまうのではないかと、思わず心配してしまうような危うさがありました。
やや

ややの感想・評価

4.2
いらつく学越しの映像、緊張感があってかなり良かった。

須賀健太さんはうまいなぁ👏
いろんな吉村界人さんを堪能し最終的にはなんか愛おしくなってしまった。きっと若くて一生懸命な先生なんだろうな、でもきっとなかなか思うようにならないんだろうなって思いを馳せさせてくれて、そんな風に演じてくれてありがとう。
Ka

Kaの感想・評価

3.5
今の私からしたら中学高校時代はめちゃくちゃ近いけど、すぐ大人になっちゃうんだもんなぁ。これまでの過ごし方を大人になってどう思うかは、今のところ皆目見当つかない。
吉村界人さんの演技やっぱ好きだ。
R

Rの感想・評価

-
中学の先生、という設定が、タイムリーすぎてウズウズした。あの頃の戻れなくてもどかしくて愛おしい時間を、その時の仲間が否定している、やるせない気持ち。過去をどう捉えるかはその人次第。すがりつくのも、馬鹿にするのも、無かったことにするのも自由。

あなたにおすすめの記事