スーパーカミング 【完全版】の作品情報・感想・評価・動画配信

「スーパーカミング 【完全版】」に投稿された感想・評価

茜

茜の感想・評価

2.1
なぜかTSUTAYA DISCASでおすすめに挙がってきた作品。
よく観たら大好きな大槻ケンヂが出てる!オーケン観たいよオーケン!最近ライブも行けてないし!
…と勢いで即借りてみたものの、Filmarksで12人しかレビューしてないうえに、このジャケ写画像の粗さ…この時点で既にヤバい臭が漂う…。
この映画ネットでも非常に情報が少なくて、検索してもレビューも殆どないし、挙句の果てには検索結果に「スパイダーマン・ホームカミング」ばかり引っかかる始末…。

キャスト陣を観ると、オーケンの他にも筋少メンバーのウッチーや有頂天のケラさんまで出てるし、ナゴム界隈好きな人達にはワクワクのメンツ。
ですが、案の定というか何と言うか、やはり相当意味の分からない映画で、多分そんな感じだろうなと思ってはいましたが。
1995年の作品という割にはもっと古さを感じさせる映像と、ギトギトの白塗りメイクを施した登場人物達からプンプン漂うサブカル臭。
そして何よりストーリーの意味不明さが凄い。監督の趣味嗜好をとにかくめちゃくちゃに詰め込んである感じ。
予言書の怪物チャップマン・超潔癖処女ミンク・夢の都トキオラマ・完全無欠のドラッグSUPER COMING…こうして並べただけでも頭が混乱する。
これはもう意味を考えちゃいけない映画なんだと思い、開始数分でこのカオスな世界観を楽しむという方向にシフトしました。
とは言えど所々で入るオーケンのアナウンスや(登場シーンは少なかった…)若かりし頃のケラさんの歌声を聴くと、ナゴム界隈に憧れていた自分はやはり高ぶるものがあったり。

サブカル街道まっしぐらだった10代~20代前半の頃の自分が観たら、きっともっと純粋に楽しめた系統だろうなと感じたので、何だかんだで自分も頭が堅くなっちゃってるんだなという哀しさもありつつ。
オーケンが出てる映画だったら、これよりまずドス竜を観るべきだよなって思いました…これがDVD化されてて何でドス竜はVHSしかないのかな…(´;ω;`)

このレビューはネタバレを含みます

大槻ケンヂ氏が見たくて鑑賞。
なんだかよくわからないが、二人のなんかが出会うお話、みたいな?
考えてはいけない、感じろ!否、感じることもできない。
ただ、賑やかでした。
手塚とおるが観たくて鑑賞したのだが、思っていたより彼のシーンが多かった。白塗りに派手なメイクをしているので素顔が見えないが、やっぱり若い。
ジョン・ウォーターズの系統なのは観たら分かる。やたらとお尻に顔を埋めるシーンがあるのはお下劣を目指した結果だろう。米原美里という女優はこれにしか出てないみたいだけど、熱演して喉が痛くなりそうなほどの悲鳴をあげている。
ストーリーについては、内容があるようでない。そもそも怪人チャップマンってなんだよ?wっていう感じ。
何回観た所で理解できないだろうな。
菩薩

菩薩の感想・評価

3.9
和製ジョン・ウォーターズ×ラス・メイヤー、ホドロフスキーを添えて、20世紀最大級のカルト映画!ポップでキッチュなアンダーグランドファンタジーの超怪作!って、一応パッケージには書いてあるんでそのまま写しますけど、そんな事よりどんな映画かなんてのはキャスト見りゃだいたいわかる話で、ばちかぶりの田口トモロヲ、有頂天のケラ、筋肉少女帯の大槻ケンヂ…ってことで要するにナゴムです、これはナゴム臭120%の、キンタマが右に寄っちゃた人たちのためのコズミックオペラです。

で、ストーリーをかいつまみますと、

予言書「終末」に記された完全無欠のドラッグ・スーパーカミングを巡って、大都市トキオラマで繰り広げられる怪物たちの果てしない抗争!その結末にあるものは!

って、これもブックレットに書いてあったんでそのまま写しますけど、いやね、確かにストーリーだとかキャラクターの細かい設定は異常なまでにしっかりしてて、これをたぶんカネコアツシらへんに渡したら『BANBi』並の傑作が生まれそうな気がしなくも無いんですが、いかんせんただでさえ味の濃い上記3人に、更にケネス・アンガーとクローネンバーグを加えてしまったような、おそらくは監督が好きなカルト要素を全部ぶちこんでしまった闇鍋のような作品なもんで、とりあえず…めんどい!なんかこの作品凄いめんどくさいです!

まぁたぶん『星くず兄弟の伝説』とか『ヘリウッド』とか、後一応…『鉄男』とか初期石井聰亙とか(小声)…「キチガイ」って単語に興味がある人とか「んっ?呼んだ?」って人とかは好きかも…ね。ちなみにナゴムなら木魚とマサ子さん推しです。