ベルベット・ゴールドマインの作品情報・感想・評価

「ベルベット・ゴールドマイン」に投稿された感想・評価

エンドロールで最初に出てきたのがカート・ワイルドで、そこで初めて「そうか、この映画は、スレイドでもアーサーでもなく、彼の物語だったのだな」としみじみ思った。作中、彼だけはずーっと変わらなかったもんな。世の中に合わせて正しい生き方にシフトせざるを得なかったスレイドとアーサーとの比較の妙で、最後、アーサーのもとを去るカートは、本当に惨めで美しかった!あと、「20世紀少年」は、いつ何時聴いてもアガるね。
のりこ

のりこの感想・評価

2.0
半分ぐらいまで我慢して観たけどおもしろくなりそうにないから断念した。
これは今なの?昔なの?で、音楽始まる。ぜんぜんわからーん。

昔から観たいと思ってた映画やから残念すぎる。
Meg

Megの感想・評価

2.0
ボウイに「訴えるぞ」と言われて話を書き直してボウイの人生との類似点を減らした映画。。。の筈ですが、どこがですか。そこまで言われて書き直したのが本当なら、煽ってるのか?バカにしてるのか?ってくらいほぼボウイの伝記映画。。。というか、ボウイが怒ってたときイギーは何してたんですか。イギーはいいんですか。気にしないんですか。OK出しちゃうんでしょうね。きっと彼は。
ユアン・マクレガーはイギーやるには丸すぎだし美形過ぎだけど、イギーの可愛らしさは再現しなかったのね。。。まぁ、ちゃんとルーとミックスされてた感じか。
全体的に曲もステージングもイマイチだったけど、プラシーボは良かった。
KAzKI

KAzKIの感想・評価

4.3
ボウイとイギーポップやん。

ユアンマクレガーやっぱり好きだ。
始まってすぐの映像とか所々に出てくる70sstyleかっこよかった。
ロン毛にヒールブーツはずるい。


普通にかっこよかった。
umn

umnの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

この手のロックジャンルに全然詳しくないまま手に取ったのでズレた感想になるけれど、クリスチャンベールに比重を置いたストーリーが見たかった。開始20分くらいまでが凄く好き。
MiYA

MiYAの感想・評価

2.5
スーパースターの栄光と没落という、わかりやすい映画を期待しましたが、いまひとつ掴みどころはなかったですね。姿を消したブライアン・スレイドの再登場はあまり劇的なものではないし、観察者であるクリスチャン・ベイル自身の物語も弱い。

デヴィッド・ボウイとイギー・ポップはモデルとなのはすぐわかります。いっそ実名で彼らの楽曲を歌ってくれたら盛り上がったのに、許可が下りなかったんだろうなぁ。ジョナサン・リース・マイヤーズもユアン・マクレガーもデヴィッド・ボウイとイギー・ポップになりきって頑張ってますけど、音楽面では消化不良感は強いです。その中でプラシーボの「20th Century Boy」のカッコよさは突き抜けてました。さすがプロ(笑)
Marilyn

Marilynの感想・評価

2.5
音楽と70年代カルチャーを楽しむ作品。
ライブシーンや衣装が美しい。
ユアンマクレガー最高!

ただ時系列が分かりにくいし、場面の切り替わりが下手で、話が分からなくなる。
あとユアンが主人公だと思って観たから、ちょっと期待外れでした。
EMu

EMuの感想・評価

-
置いて行かれた…誰が誰でどういう関係かわからないまま2時間が過ぎた…

ユアン長髪だから期待してなかったけど割とよかった👍
リ

リの感想・評価

3.5
ユアンマクレガーが歌ってる映画観たさに、今作ではロック歌手なユアンが見られるっぽいということで鑑賞。

映画自体は面白くなさそうと思ってたけど、意外と面白かった。一周回ってオシャレで、可愛かった。ぶっ飛んでるシーンもなかなか好きだった。

ユアンが素ッ裸になるのにはビビった。。若い頃のユアンマクレガー、体を売りすぎでは?!(笑)(笑)
しかし長髪がいやだった〜〜
個人的にユアンマクレガーはレントンのビジュアル(坊主頭)が最高峰で、ちょろっと片方だけ垂れた前髪で短髪なのも最高だからな、、
けど今作ではムーランルージュの爽やかで芯のある歌声とは全然違って、また違うユアンマクレガーの魅力を知ることができた。
amy

amyの感想・評価

3.8
一回観ただけじゃわからない
また何年後かに観たら感想が変わりそう
>|