四畳半物語 娼婦しのの作品情報・感想・評価

四畳半物語 娼婦しの1966年製作の映画)

製作国:

上映時間:89分

3.9

「四畳半物語 娼婦しの」に投稿された感想・評価

nricht

nrichtの感想・評価

3.6
個人的な趣味かもしれないが、三田佳子に色気が足りないのが致命的
三田佳子はやはり後年の方が良い
一

一の感想・評価

-
長いワンカットが続く技巧映画。眠くなっちゃったのであんまり覚えてない。三田佳子は声が可愛い。
撮影演出のやりすぎ感と男優ふたりの白々しさが目立ってしまい、みるたびにそんなに好きじゃないなーと評価の下がる作品。しかしこの三田佳子はやはりピカイチ。
CTB

CTBの感想・評価

4.5
あんな元気な露口茂と浦辺粂子、知らなかった。野川由美子のこなれ方も素晴らしいな。
佐々木

佐々木の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

三田佳子を筆頭に俳優陣の芝居をとらえるべくクレーンでのワンシーンワンカット撮影が冴えまくる。旦那に腹上死された浦辺粂子が訪ねて来て野川由美子に襲いかかり最後井戸の画になって野川由美子の喚き声とともに終わるシーンなど長廻しが非常に効果的だ。そして三田佳子に気持ちよく芝居をさせて彼女の魅力を十倍位良く惹き出している。びっくりする位の傑作。この作品を見た後、他の作品がこの作品との比較で観てしまう位の完璧な映画だ。2016/6/11シネマヴェーラ渋谷。
田村高広と三田佳子の演技の息があってない気がした。

@シネマヴェーラ渋谷 35mm
isopie

isopieの感想・評価

-
特集/開館10周年記念特集II シネマヴェーラ渋谷と愉快な仲間たち 小西康陽セレクション
「シネマヴェーラと愉快な仲間たち」小西康陽セレクション@シネマヴェーラ渋谷

2017/9/3「東映女優祭り 三角マークの女神たち」@シネマヴェーラ渋谷
myg

mygの感想・評価

3.5
ワンカットの意地と若き三田佳子ねっとりねっとりが合ってる。楽曲に永井荷風を忘れる。玄人らしい襖前の足の裏開脚のはじまりから馴染んだ風の立て膝で終わり。円環ずれの侘しさ、ちょっとフランス風、って褒めすぎ。木暮実千代最高。

長回しの端に話があるってトインビーぽくてちょっと笑った。個人観。
ムチコ

ムチコの感想・評価

4.5
三田佳子のアイドル映画と言っていいと思う。

長回しが効いてるとこと間延びしてるとことあるけども。エモい。
>|