ベンの作品情報・感想・評価

「ベン」に投稿された感想・評価

tohtan

tohtanの感想・評価

3.3
前作の復讐劇から一転、少年とベンとの友情を描いています。しかし、ネズミ大群は街並みを恐怖に落とし入れる展開になります。マイケル・ジャクソンが歌った主題歌「ベンのテーマ」は大ヒットしました。レコード買いました。懐かしい❗
ウィラードから
ベンへ
マイケルジャクソンの歌声が
いいね。
途中は面白くないけど、ラストが……。
このネズミシリーズは終わり方がすごくいい。
「友達」っていうのがすごく大きなテーマなんだね。アルジャーノンとか思い出してほろりとなった。
ネズミだって生き物さ……人間だって生き物さ…仲良く喧嘩しな……うっうっ……
まさかここでマイケルの歌を聞けるとは…。
ベン、前作より良い人間に出会えて良かった。
ぽち

ぽちの感想・評価

1.6
スマッシュヒットを飛ばした前作から方向転換し、パニックサスペンスにファミリー色を入れるという強引な作風で大失敗という作品。
続編作る気満々のラストからシリーズ化されずに打ち止めになった事を見ても、今作が大きくコケたのが分かる。

前作でも人語を解するネズミという設定が笑えたが、今作では会話までしていて爆笑だ。主演でもある子役のモンゴメリーが鬱陶しい演技でこれもマイナス。

マイケル・ジャクソンの歌は良いのだが今作の主題歌というところが黒歴史だろう。

一番ショッキングなシーンはベンにキスするところ。
名実ともに立派なドブネズミのベン。病原菌のデパートのようなベンにキスって信じられない。
きっと主人公のガキンチョは心臓病ではなくサルモネラ感染症かハンタウィルス肺症候群、又はレプトスピラ症でお亡くなりになった事でしょう。

見所は可愛いベンと、おねショタめがねっ娘のメレディス・バクスターだ。
身体が弱く友達が居ない少年と、知能の高い鼠のリーダー・ベンとが心を通わせる作品。映像的には美しく無いけれど少年のピュアな気持ちに胸が締め付けられました。若い頃のマイケル・ジャクソンが主題歌を歌うとても刹那いエンディングでした。
今まで見た映画のリストを作っています。レビューは後で記述します。
mao

maoの感想・評価

-
ウィラードで望んだ展開がここにある。私はこの映画が好きすぎるので語るのはよしておく。しかし生涯の友が2年そこらしか生きないなんて、人間的に考えると切ない。思い出として少年の肉になるとしてもだ。マイケルジャクソンの歌がよく効く。ラストシーンの言葉の交わし合い(喋ってないけど喋ってる)が最高でしかない。いや、語ってしまうなぁ。

このレビューはネタバレを含みます

過去鑑賞(TUTAYAレンタル)
使い回しの映像もあり、画質も決して良くないのだけれど
ベンに寄り添う純粋な少年の優しさと
二人の間に育まれる友情に感極まり号泣…
素朴で地味な映画ですが私は大好き。


* 好みが反映される作品のようなので
  色んな方のレビューを参考になさる事をお勧めします。
ウイラードの続編
予想に反してかなりテイストを変えてきたなと思った
前作に続きネズミに意思を持たせるか持たせないかのギリギリのラインを描くのが本当にうまい
今作ではより広い社会が舞台になっていて、ネズミの単純な数はこちらが圧倒的に多い
子供の物分かりが良すぎるとなんとなく嘘っぽい感じがしてしまうこともあるが、この主人公の少年は笑顔ひとつとってもすさまじく情報量を含んでいて引き込まれてしまった
本当に意思疎通ができているかを疑う前に、この少年はネズミを本当に信頼していたように思う

途中かなり単調で長いと感じる部分があった印象だが、ネズミをめぐって人間の愚かな部分が炙り出される様子がすごく好きな作品
>|