レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳の作品情報・感想・評価

「レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳」に投稿された感想・評価

滝和也

滝和也の感想・評価

3.7
魔都上海に木霊する
怪鳥音!怒りのヌンチャク
が悪を討つ!

ドニー・イェンのブルース・リーへの限りなき愛と情熱が迸る!

「レジェンド・オブ・フィスト怒りの鉄拳」

第一次世界大戦、連合軍に従軍した中国兵、陳真(チェン・ジェン)は戦死したティエ・ユエンの名を借り、今や列強として大陸併合の野望に燃える日本軍に対し、抵抗を開始する。租界が置かれた魔都上海で仮面の男となり、暗殺に怯える中国人を守り戦うが、戦乱の炎は、更に高まるばかりであった…。

ブルース・リーのドラゴン怒りの鉄拳のリメイクであり、続編。その格闘スタイル、武器、装束と正にドラゴンであり、台詞「中国人はアジアの病人ではない」までオマージュされています。またリーが活躍した米国作品グリーン・ホーネットでの衣装を身に着け、敵を倒すシーンも多く、ドニー師父が如何に彼の作品が好きだったか、深い愛を感じます。

またドニー師父がアクション演出を行い、より現代的なアクションを盛り込んでいる点も見逃せません。オープニングの大戦シーンではガトリングガンの火戦をダッシュで掻い潜り、更に見事なナイフ捌きを見せますし(そんなに刺さんでも良いだろとは思いますが(笑))、中盤では、EXILEアキラ率いる暗殺団に

フランケンシュタイナー炸裂!

そう、ウラカン・ラナにも見えますが、頭を両足で引っ掛け、回転して敵頭部を地面に叩きつけて、組付す、現代的なプロレス技が炸裂!開発者であるスタイナーブラザースのスコットもびっくりの美しさです(笑)

第二次世界大戦前夜のお話ですので、反日的な作品である点は致し方ないですね。青島を中心とした遼東半島を租借し、満州は開国寸前、更に中国東北部では既に開戦。インディ・ジョーンズでのナチスの役割ですからね。その時代の上海の雰囲気は、舞台となる店、カサブランカや街のセットが上手く出来ており伝わってきます。

ただ…敵を演ずる力石大佐や、EXILEアキラが弱いんですね。役としても、実力でも。ドニー師父に比するものではない…。折角和製ドラゴンこと、闘えドラゴンの倉田保昭さんが出てるのに勿体無い。もう動けないのかな…。力石大佐の父役で少ししか出ないんだよな〜。本来彼が敵で良いんだけど。

また女スパイ役キキの役名が山口だったり、最後出てくる名前が川島だったり、実在のアジアのマタハリと呼ばれた李香蘭、川島芳子嬢へのオマージュは中々唸らせて頂きました。

脇を固める中にイップ・マンがもう一人。(イップ・マンの老齢したさくひんで主演)アンソニー・ウォン御大が芝居を締めています。渋みのある大老的な存在が良いですね(^^)

ドニー師父のヌンチャク捌き、リー的な見栄の切り方など、ブルース・リー愛が炸裂するドニー無双な作品です。あくまでアクション作品として割り切って楽しんで欲しいですね。

このレビューはネタバレを含みます

「怒りの鉄拳祭」(4) 1914年から17年まで、陳真は連合軍の兵士兼労働者として第一次世界大戦に参戦していたという設定。フランスで自分の身代わりのように死んだ友人と身分を偽って25年の上海に現れ、今度は抗日戦線に身を投ずる。ナイトクラブ・カサブランカのオーナー役でアンソニー・ウォン、歌姫役でスー・チーという豪華キャスト。物凄くお洒落で仕立てのいいスーツを着こなし、ピアノを吹替なしで弾き、白い学ラン、黒革の学ラン、黒マスクを身に着け高速でリムジンの上を滑るように走るドニーさんの姿には見惚れずにいられない。
aquacube

aquacubeの感想・評価

3.5
「ドラゴン 怒りの鉄拳」のスピンオフと言うべきか。やっぱりアクションがいい。
ReN

ReNの感想・評価

3.8
Blu-rayにて再鑑賞。

社会派とアクションを違和感なく融合された優れた秀作。
大日本帝国の惨さ、当時の中国が重苦しく描かれているので各国では賛否がありそう…。

ドニーイェンの華麗で容赦ない動きは一級品で、とにかくスカッとする。
全体的によく作られてますね。
機関銃にも勝る世界大戦最強の新兵器、ドニーダッシュ&ドニーパンチ

このレビューはネタバレを含みます

 オープニング、ドイツ軍をぶちのめすアクションシークエンスの盛り上がりはハンパなく。興奮する素晴らしいスタートでした。

 が、この映画が1番盛り上がるのはここであとは一気に下降していきました。そもそも主人公は冒頭の労働者からいつの間に金持ちになったのかが描かれないため。この映画の立ち位置がわかりませんでした。富豪みたいな感じになっていましたが。

 中国人を虐殺してレイプする日本軍というのは別にどうでもいいですが、ちょっと主人公達が痛めつけられるばかりを延々と映すので見ていて重たい気持ちになりました。主人公がリベンジしてぶちのめしていきますが、そこに爽快感はなかったです。

 ラブストーリーの悲恋としてもイマイチで、主人公がヒロインにどういう感情を持っているのかが伝わりにくいため。心のぶつかり合いをもう少し描いて欲しかったです。

 アクションシーンも迫力を感じられるものでなくて、そもそも何で主人公が完全無敵なのかがわかりませんでした。それに、マスクをつけて日本軍を殺していくのもそこだけ漫画チックなのが理解できませんでした。その割りに話はとても暗いという……。

 真正面から日本軍と戦う展開だったら盛り上がったと思いますが、お互い暗殺をしていくのを延々と見せていくので暗い気持ちになってしまいました。マイナスな出来事が多すぎるような気がしました。もっとカンフーのカタルシスを見たかったです。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.5
風貌はイップマン(ドニー・イェン)、アクションはブルースリー的(もっとスピード感もあるかも)で爽快。日本人を日本人が演じているから当然だけど、発音がおかしすぎる日本語が乱立しなくて助かった。キキ:スーチーの日本語は?。チェン・ジェンも強すぎだけど、力石大佐強すぎ。
脚本と演出が噛み合ず最後までイライラ。「カタキをうつ」「ウラミをはらす」というストーリー上の推進力が大団円で息切れしてしまう。ドニー・イェンの筋肉が空回りしてもったいない。駄作。
ドニーイェンのつけひげ素敵
クライマックスは笑ってしまうくらい動機がしっかり作られすぎて最高。
最初のアクションシーンからぐっと引き込まれたけどちょっとストーリー的に中だるみが多かった印象。
イップマンと比べてもここまで極悪人に日本人を描いてくれるとむしろ清々しいくらいなのでもっとやれ
>|