イップ・マン 序章の作品情報・感想・評価

「イップ・マン 序章」に投稿された感想・評価

こんなに師匠、師匠呼ばれるのは日本だと久保帯人さんぐらいだと思いました

カンフーは打撃当たりのダメージ量が少なくて猫パンチ拳のように思っていた時期が僕にもありました・・反省
イップ師匠の使う詠春拳はホント強い
そしてイップ師匠が人格者すぎる

三浦閣下!三浦閣下!
個性が強すぎる
どこかで見たようなことのある面立ちですね・・
310号

310号の感想・評価

4.1
カンフー映画ではこのシリーズがトップクラス

兎に角カッコいい
か

かの感想・評価

3.5
勝敗の決め手は拳の差ではなくあなただ

1930年代広東省仏山市
詠春拳の達人 葉問(イップ・マン)
町を日本に占領され生活に窮する市民に希望をもたらす。
lalaco

lalacoの感想・評価

3.9
何となくだけど、イップマンの動きが鈍くなってる気がした
カンフーで解決できない問題は持ってこないで欲しかった。悲しい
昔ながらのカンフー映画が帰ってきた~!って感じです。えいしゅん拳スゲー🤛
イップマン師匠の人柄も王道であり、逆に新鮮に感じます✨カッコ良いーー❗
昔ながらの各流派争いみたいなのはいくら見ても飽きないですね~( ´∀`)
今回、日本は敵役ですが池内博之の空手ファイトはカッコ良い感じです。相変わらず坊主頭が似合う👩‍🦲
香港映画の敵でメガネかけてるキャラだいたいザコ説が私の中にあります👓
Kodai

Kodaiの感想・評価

3.7
イップマンにしびれた
久しぶりに香港映画を見たけど、めっちゃいいね。
96さん

96さんの感想・評価

4.0
1930年代中国広東省を舞台に
実在した詠春拳の使い手
葉問の生き様を描く2部作の1部


戦時下の中国
激動のなか
内に秘めた
熱すぎる
魂の武術
「詠春拳」


丹精込めて
練りあげられた
拳法が語る
「歴史と精神」


ブルース・リーが
師とあおいだ
実在の人物を演じる
ドニーは、
拳から
魂までも演じきる☆


格闘の

「魅せ方」が
スバラシイ!
さすがサモハン
カット、構図、スーパースローの
タイミングが
絶妙すぎて
魅入ってしまう☆


その

「センス」は
全体の構成にも通じ
「静」と「動」の
バランスが秀逸で
つらき時代を
怒涛のごとく

駆けぬけます☆


質の高いカンフーアクションが観たい時、
熱き魂を感じたい時
アクションファンには
オススメ☆


心に残った台詞は
『勝敗の決め手は拳の差ではなく、あなただ』
はるか

はるかの感想・評価

4.0
強いはかっこいい!て小学生並のこと思いながら楽しく観てたら、そんな気軽に観る感じの映画じゃなくてびっくり。実在してた人物でびっくり。
アクション美しい。
大切な人の大事なものは大切にしたい。
muu

muuの感想・評価

3.5
ドニーイェンはローグワンで知りましたが、イップマン格好良かったです。硬派なヒーローが悪い日本軍をやっつけるわかりやすい話ですが、卓越された技に見入ってしまいます。本作を観ても今の日本を嫌いにならないでね~と少し気になってしまいましたが、観ていくうちにヒーローを応援したくなってしまう胸熱な作品。シリーズが続くのも納得です。
旦那にごり押しされて鑑賞。
ただのカンフー映画だろうなと思ってごめんなさい。

カンフーの達人ブルース・リーの師匠であるイップ・マンの実話。
時は日中戦争の開戦前から日中戦争の最中まで描かれており、
史実的に当時の日本軍が中国人に行っていた非道も見ることができる。

日本軍の酷い仕打ちに立ち向かい、
亡き友のため、愛する国のために心を売らず
仁の拳法を操り、仁に生きた人
それがイップ・マンであり彼の数年間の出来事を描いた作品。

ジャッキー・チェンのコメディ的な感じを想像してみていたので、
あまりにきちんとした話で本当に申し訳なくなった。

しかしながら、ドニー・イェンは本当にすごい!
XXX(トリプルエックス)で彼の拳法の腕前は知っていたつもりだったが、本物の達人である。

ストーリーはもちろん、カンフーもとてもカッコいいので
是非たくさんの女性にもオススメしたい。
>|