イップ・マン 序章の作品情報・感想・評価・動画配信

イップ・マン 序章2008年製作の映画)

葉問/Ip Man

上映日:2011年02月19日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.9

「イップ・マン 序章」に投稿された感想・評価




イップ・マン初めて見たけど舐めてた。。
めっちゃくちゃ面白れえしかっけえ!!!! シリーズ全部観よ。
葵奈太

葵奈太の感想・評価

4.0
評価が高いので気になってたので視聴しました。
アクション映画としてとても良かった。
あまり中国系格闘技のアクションを観たことなかったので新鮮でした。

日本が出てると日本人として応援してしまいそうですが、今作は「いいぞ、やっちまえ!!」って中国側を応援してました👍
K

Kの感想・評価

4.1
1938年、日中戦争が勃発し国全体が荒廃。日本軍が佛山を占領し、道場破りなどで賑わっていた街も廃れ、詠春拳の達人として実力と人格で人々の尊敬を集めていたイップ・マンさえ炭鉱労働に勤しむ事に。やがて、イップ・マンの実力を知った日本兵が彼に武術の指導を迫って来る。
この映画は一部改変された史実を基にしてはいるが、イップ・マンという実在した人間を架空のヒーローとして描く究極のエンタメ作品でもある。作品内で歴史改変されている為に、単なるプロパガンダ思想に侵された映画だと揶揄する意見もあるが、国は違えどもそれぞれを繋ぐ、武術という架け橋を通じて、絆や友情を生じさせる事は可能であるというメッセージも汲み取って、しっかりそういう所で線引きをして観るべきだと私は思います。脚本面に意見の相違はあれど、本作のドニー・イェンによるアクションは見応え抜群、もう万人が確実に楽しめる迫力ですので御安心を。
ma

maの感想・評価

4.0
カンフーのテンポの良さがおもしろいです。
でも池内博之がよくこの役を引き受けたなって思いました。
中川家ってまじで上手いんだな笑笑
色々とツッコミどころがある反日映画ではあるんだけどエンタメとして楽しめるね。
中国人の日本語も悪くないし。
畜生場面の中身が薄いからかあんまり感情移入できないのは残念なポイント。
池内博之の演出ははクローズゼロ2の金子ノブアキなの?笑
こうき

こうきの感想・評価

3.0
カンフー映画はなぜか食わず嫌いしてたので見てなかった。
中国人が日本人をボコボコにする映画。
中国人からしたら爽快感半端ないと思う。
反日要素強めなので見る方は注意。
最後まで見たがやはりカンフー映画の面白さがわからない。。
近接格闘フェチとしてはたまらんアクション。あえて1.5倍速でも観て爽快でした。話はだいたいこーいう人が巻き込まれる感じのドタバタで、特に意外なことは起きなかった。池内が善でも悪でもない感じだったのに、歪んだ部下にいらんことばかりされて大変でしたねえ。
しらこ

しらこの感想・評価

3.6
イップマンが人ととしてパーフェクトすぎて、その完璧さを崩さないで終わって欲しいっ思ったら終わった笑笑

まじで非の打ち所がなさすぎて面白味に欠けるのは事実。だけど、向かう所敵なしなのでとっても爽快な肉弾戦をみれるので満足。

一応まだ序章なので、イップマンっていう人間像がどんな感じで変わってくか(変わらないかもやけど)が楽しみです!
カンフー映画の中でも屈指の格好良さを誇るイップ・マン、それを演じるドニー・イェンの見事な体捌き。武術指導に名を連ねるサモ・ハンによる軽快かつ本来の詠春拳の流れをしっかりと汲んだアクションが絶品。空手家10人を相手取った試合やダイナミックな棒術が見所だが、物語としても飽きさせない。
tantan

tantanの感想・評価

2.8
香港アクション映画初体験!
木人とか、胸の上を連続で殴るのとかは、「(パロディで)見たことある!」って逆流現象起こした笑。
奥さん役の女優さんめっちゃお綺麗。

主人公が涼しげで、たぶんそのおかげで慣れてなくても見やすかった。
日本軍が絡んでくるとか何も知らずに見て、はからずもあちらでの描かれ方の勉強になったり。
日本軍でも武術の心得がある人はある程度話が通じるというか、超えない一線は超えない人として描かれてるのが「戦う男」の映画っぽいなと思った。
>|

あなたにおすすめの記事