ラスト・シャンハイの作品情報・感想・評価・動画配信

「ラスト・シャンハイ」に投稿された感想・評価

時代が行ったり来たり、俳優は変わったり変わらなかったりで混乱した。酔って見る映画ではない(反省)。
サモハンのあんな姿見たくなかったわ〜。
忍

忍の感想・評価

-
物語最初から 引っ張って引っ張って‥
え?‥あれ?そうなるの‥‥って‥


そうね。死別には勝てないわよね。
3回に分けて観てしまった。よくよく考えるとツッコミどころがあるけれど気にならなかった。最後がよかった。アーバオもちゃんと大事にしていてよかった。

このレビューはネタバレを含みます

えー?その死に方どうよ?wって感じるだろうけど、中国語で聞くとグッとくる辞世の句なんだよ、ってシーンがあった。

このレビューはネタバレを含みます

 1930年代の上海を舞台にマフィアとしてのし上がっていく青年が初恋の女性との想いを忘れずにいたりしつつ、香港映画らしい激しい銃撃戦に香港映画らしい裏社会を描き、香港映画らしい義に生き義に殉じる男たちを描き、香港映画らしいそんな男たちを支える女性たちが出てきて、香港映画らしい悪い日本軍との戦いを描く。

 上海の街並みから豪華絢爛でそこを白背広でコルトガバメントをぶっ放つチョウ・ユンファが最高にカッコいいです。
 田舎から上海でのし上がっていくことを夢見て、マフィアのボスのサモ・ハンと出会う青年時代。上海の顔役まで上り詰めた主人公が、自分たちを苦しめる日本軍と戦うというのを交互に見せていきます。

 いろんな要素がてんこ盛りで男が惚れる男がいっぱい出てきて、それに初恋の女性との別れがあり再会があり人妻になってしまった初恋相手との想いだったり、現在の妻との想いだったりが丁寧に描かれつつ。
 合間に激しい銃撃戦や若い時は包丁もってみんなで殴り込みしたりと激しいです。

 そしてクライマックスの京劇がきっかけとなる銃撃戦なんかも面白かったです。結ばれなかった初恋相手とも奥さんともベタベタな感じですが、それが泣けちゃうという。
 ちょっと年代が行ったりきたりするので1本しっかりとしたストーリーがつかみにくいかな? とも思わなくもないですが、逆に1人の人生を120分でまとめるのがなかなかすごい映画でした。
マエダ

マエダの感想・評価

4.0
バリー・ウォン監督作の比較的新しめのやつ。主演はチョウ・ユンファですよー! バリー・ウォン詐欺だと思われるほど、真面目でマトモな作品で驚いた(笑) 一人の男がいかにしてチョウ・ユンファになったかというお話と、チョウ・ユンファの大人のラブストーリーを描く。これがほんとしっかりマトモに描かれている。まぁそれでもバリー・ウォンらしさというか、他の作品やキャラを思わせるような質の高いパロディー精神を、マトモなベクトルに持っていった作風で楽しませてくれる。チョウ・ユンファの白いスーツ姿がむちゃカッコいい!! サモ・ハン始め脇を固める俳優陣もイケてる。皆が魅力的に描かれていると感じた。ストーリーが少し地味過ぎたかな。まぁそれでもアクションも見せるサービス満点で、香港映画ファンなら文句なく楽しめるマトモなドラマ作品。倉田さんも出ています。
すみれ

すみれの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

マフィア映画ですが、その中に戦争や純愛、裏切りなど様々な要素が入り混じっている中で、主人公のブレない生き方が映画全体を上手くまとめていたように思いました。

マフィア映画は好きでよく見ますが、この作品は映像の美しさに加え女性も丁寧に描かれているので、普段マフィア系は苦手で観ない方にこそお勧めの作品です。
観ました。

注意。二丁拳銃はありません。
サモハンの入浴シーンがあります。
林

林の感想・評価

2.7
アクション映画かと思ったら恋愛映画だった。だか、綺麗に作られてて面白かった。
前半は「あー黄暁明老けたな~」とか「影帝最近こういう演歌歌手のような作り笑いの役ばっかだな」「こうじゃなくやんちゃな大哥が見たいんだよ」とこぼしておりましたが、見終われば「ありかとう王晶」中国の圧力をはねのけて香港映画だった!サモの見せ場が足らんとか、尺が長くて冗漫とか文句はあれど、師弟愛、裏切り、忍耐と反撃、挺身そして意味のない歌謡曲!女優さんは綺麗で、アクションは派手!特に姐さんとの絡みはよかった!
>|