ウェディング・プランナーの作品情報・感想・評価

「ウェディング・プランナー」に投稿された感想・評価

ベッタベタなストーリー展開だけど個人的には楽しく観れた。時間もそこまで長くないし、何しろジェニファー・ロペスとマシュー・マコノヒーの見栄えが良い。それに、題材の割には結構平和的な内容で落ち着いたから、 2人を楽しむ程で軽く観るのであれば結構楽しめるんじゃないかな。

友達が式場で働いているのもあって、アメリカの凄い式場って本当派手にやるんだなあとか、そういうとこも楽しかったな。

あと、基本ダンスは見ていて好きなので、2人がダンスしてるシーンは結構好きです。ダンスは良い。
Nami

Namiの感想・評価

-
評価低いけど普通にきゅんきゅんした思い出
すごーーく昔、3年前くらいに深夜にテレビでやっててみてた
toriinui

toriinuiの感想・評価

3.2
この映画でウェディングプランナーって職業が正式輸入された気がする。
マイクD

マイクDの感想・評価

3.0
結婚式をプロデュースするウェディング・プランナーが花婿に恋をしてしまうお話。ストーリーは微妙ですが、ジェニファー・ロペスとマシュー・マコノヒー好きなら楽しめます。遊園地内の芝生で映画観れるっていいよね。ドライブシアターもそうですが、外で観る映画憧れます。エンディング曲の「Love Don't Cost A Thing」当時流行ってましたよね。
アダム・シャンクマン監督作品。

『ヘアスプレー』が大好きなので、同じくシャンクマン監督のこの作品を鑑賞しました。

なんでしょうね。ストーリーがそもそも単調な話なので、見たことあるような展開だったという点、登場人物も面白味にかけたし感情移入も出来なかった点、そういったところで印象の薄い作品でした。
きき

ききの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

マシュー・マコノヒー祭四本目!
そう言えば長年観たかったのに観てなかった!と気付いたけど、どこにも配信されていなかったのでTSUTAYAでレンタル。

結婚に憧れるメアリー(ジェニファー・ロペス)は売れっ子の一流ウェディング・プランナー。
仕事一筋で暫く恋愛とは無縁の生活を大きな仕事が舞い込み、これが成功したら共同経営者として名前を連ねられることになり、ますますのめり込んで行く。
ある日、靴が側溝にはまってしまい、事故に遭いかけたところを、医師のスティーブン(マシュー・マコノヒー)に助けられ、親友の助けもあっていい感じになる。
しかし、実はメアリーが力を入れて取り組んでいる結婚式の新郎がスティーブンだったのだ。

というお話。

昔のマシュー・マコノヒーのイメージはラブコメなので、きっとめっちゃいい映画なんだろう!って勝手に凄い期待して観たわたしが悪い。
J.Loが大好きで、好きな二人の共演ラブコメとか、もうわたし得でしかない!とか思って観たわたしが完全に悪い。

ダメ、じゃないの、海外のあの公園で映画上映する憧れのやつ(カナダにいた時行こうとしたけど日程合わずに行けなかった涙)で初デートして、ダンスとかしちゃうなんてもうラブコメ!ロマコメ!最高!ってなる。

それに、なんだかんだお互い惹かれ合ってるのに障害があるとか燃える!な展開とか、気が合うし今の相手はお互い違うって思ってるのに!なやきもきする感じ、完全に王道要素は込められてる。

それでもやっぱり、どうしても腑に落ちないのがラストの展開とお目当てのマシュー・マコノヒーのキャラクター。

そもそもウェディングプランナーが依頼者のフィアンセと恋に落ちちゃダメだし、そのフィアンセも結婚を決めたくせに簡単に目移りするような奴だよ?!と思えて仕方ない…

だからか、勿論ハッピーエンドなラブコメだけど、そこに至るまでのマシュー・マコノヒーの行動がいまいち過ぎる。

でも、主人公が一度スティーブンの気持ちを断って、仕事にますます集中するし、自分のことを好きな幼馴染のプロポーズを受けるシーンとか、そのへんのくだりは良かったな◡̈*♡

若かりし頃のJ.Loやっぱり可愛いし、眼鏡のマシュー・マコノヒー本当かっこ可愛くてその点は大満足です!
二人にケミストリーなくても!笑

あ!親友役がジュディ・グリア♡
好きなんだよなぁ…気付いたら好きで、個人的に名脇役の一人だと思ってる♡

記録 : 2020年176本目。

このレビューはネタバレを含みます

パッケージのマシューさんに惹かれて鑑賞。

メガネマシューさんがキラキラしててかっこよかった。。

ただメガネ姿がメインじゃないのが残念。

パッケージを作った人は、あえてメガネマシューを載せたんだと思う。
当時、このマシューは行けるぞ、、!って思ったんかな。

そのセンスが無かったら僕がこの映画に出会うことはなかったろうから、ありがとうです🙇‍♂️



あとはノリが良くも悪くも90年代〜00年代。ホームアローンか賢者の石かと思った。
自分が知ってる映画ってこのくらいの時代のが1番多いと思うけど、世代を感じるくらい古くなってきたんだなと自分の老化を感じた一作。
tulpen

tulpenの感想・評価

3.0
ジェニファー・ロペスと
マシュー・マコノヒーって
あんまり相性が良くないなぁ〜。
話は見やすくていいんだけど残念。



今はもうない静岡ミラノにて。
2001.7/4 64本目
17/4/26 ミッドナイトシアター 89%
マッシモいい奴だな!
もく

もくの感想・評価

-
運命の相手かと思ったらそんなことはなかった。
運命の相手をお世話する側だった。
相手の幸せを考える間に
最後はみんな幸せになっていってた。
>|