30日の婚活トラベルの作品情報・感想・評価

「30日の婚活トラベル」に投稿された感想・評価

santasan

santasanの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

サラっと見られる婚活ラブコメ。大切なものは最初からすぐそばにあったのに気づかなかった。会社の仲間がグルになって元カレのフライト便と合わせようとするのが楽しい。
りえ

りえの感想・評価

2.5
展開が途中でよめる…あんなベタベタする幼馴染ってどーよ。テンポがいいので見やすいのは見やすい。
Yui

Yuiの感想・評価

3.3
本日、あらすじが同じ映画を二本立て続けに見ました。

本作ともう1つは「失恋セラピスト」

30歳目前で結婚に焦り、1ヶ月で結婚前提の彼氏を見つけるべく手当たり次第に男とデートして、結局、隣に住む幼馴染で親友の男の子への気持ちに気づいて、ハッピーエンド。

ってストーリー。

あらすじが同じ過ぎておののいた。
厳密に言えば本作は30日で彼を見つけたい(30日後に妹の結婚式があるから)、失恋セラピストは28日で見つけたい(3月1日が誕生日で30歳になるから)


Amazonの策略か?
私がヒロインと同じ年齢だからか?特に失恋セラピストのルーシーと。

本作の方が、王道ラブコメって雰囲気。
友達のキャラ設定もおもしろいし、見やすい。

本作のヒロインであるモンタナは、客室乗務員だけあってか、手当たり次第のデートの相手がやたらすっごいお金持ち。笑

30日の間に次々と、独身のお金持ちを惹きつけられるなんて相当すごいわ。

とはいえ、ミュージシャンの元カレと、議員候補者の元カレはほんと無理だわ。
自信のない男は(女もだけどね。犬もね。)攻撃的だからね。
日常を過ごす相手が攻撃的とか、しんどいよね。

お隣の幼馴染いいやつだったなー。彼と結婚したら幸せになれると思う!

日常生活は、会話だもんね。無理せずとも会話が続く相手って意外といないよね。
だからやっぱり条件じゃないよねーーー。

モンタナ、お幸せに〜☆




--------


邦題で損してる映画の1つだなー。
nnewao

nnewaoの感想・評価

2.9
黒人のイケメン具合がわからん
けどなかなか楽しかった
幸せは身近にあるよ!な作品
何も見る物が無い、たまたまテレビで放送していて時間がある時に見るかも知れないっていう作品。

ごちゃごちゃし過ぎてなんだか残念な映画。
内容はまあまあ面白いけど、ありきたりすぎる流れと結末。
それに出てくる人物は黒人ばっかり。
なんか片寄った人間関係と思考に…興醒め。

主人公の結婚への想いは理解できるし、イイコト言ってると思うけど、でもその行動はどうかと…。
かなりトンでる考え方に???。
YuiKURATA

YuiKURATAの感想・評価

3.6
機内でみて当たりだった映画!のりがすごくすき、、
ほんと、らぶこめ!って感じ
イケメンが目の保養♡
Baggage Claimがなぜこうなった(笑)
ERICO

ERICOの感想・評価

2.9
魔法の恋愛書、ベガス流ヴァージンロードへの道からの今週ブラックムービーラブコメ三本目。
Terrence J見たさに鑑賞したけど、一瞬やん!出てくんの!!!

うん。予想通りイマイチ!
でも予想通りだからOK。

大大好きな映画でポーラパットンがヤな女の子の役だったからどうも好きになれない。
SATCのキャリー的好きになれなさ。

でも愛するテイディグスとボリスゴジョーが拝めたので満足。
テイディグスほんまに好きやーーーーー。
ただのろくでなしで終わらず出番があって良かったね❤️

で、主人公は好きになれず共感もゼロだけど、安定の設定、親友のキャラと、まわりの協力の感じは大好き。
デレクルークってあんまり知らなかったけどキュートね。素敵だった。

黒人イケメン俳優好きの人には楽しめる映画かなと。

テイディグス分で0.8くらい足しとこ。
けべん

けべんの感想・評価

4.2
珍しく恋愛話を試聴。原題はBaggage claimだが邦題はどうしてこうなったという感じが強い。
話の内容は至ってシンプル。この話から学ぶのは、人は過去に囚われては生きられないことと、捜すことに夢中になると身近な瞬間や関係に気付かないことがおおいのかなぁと思った。そして、結局のところ人はお金では計れないのかなと。
クワン

クワンの感想・評価

1.9
いやぁ、クール・ビューティのポーラ・ハットンが
ラブコメをすると、こうも似合わず、乗り切れないもの
なのか、、

母親の手前、妹の婚儀までに、婚約者を連れてくると、
次々に、元彼と、フライト調整して、再会するが、、
というまあご都合ストーリーなのですが、ヒロインが
キュートだったり、切なく共感できたら、乗れるのですが、
浅はか、自己中キャラに成長なく、近くにいた親友に癒し
という、1000回は使われたであろう設定も、工夫に乏しい。

残念!
>|