DEATH NOTE デスノート the Last nameの作品情報・感想・評価

「DEATH NOTE デスノート the Last name」に投稿された感想・評価

Naga

Nagaの感想・評価

3.6
松ケンLを眺めて
ひたすら甘いもの食べる松ケンLを拝む映画

あぁあと音楽良い
こうやって終わってればニアメロ編のツッコミどころ満載感とボロボロ月が存在しなくてよかったのか…
前作は殺しの仕方もわからない。どこの誰かもわからない、本当に人の手によるものかわからない。そんな状態なので、かなりL側に都合よく話が進みますが、今回は大分ばれちゃってるので、下手なことができない事もあり、かなりライトくんの都合のいい様に話が進んでいきます。
Lはちょっと爪が甘すぎる!!

映画の完成度はさておき
二作品観て思うのは設定がとにかく面白いんだなって思いました。

大学でLが出てきてからミサちゃん確保までの流れなんか本当に面白かったです。
Lがついに死神を目の当たりにする所なんて、ちょっと感動的でした。

蛇足なのですが、恋人が自分の犠牲に亡くなってほどなく、なんの葛藤もなくアイドルと交際しているライトくんの狂気について言及して欲しかったです。
yuki

yukiの感想・評価

4.0
やっぱり、Lの最後のシーンは悲しいなぁ。
Light up the NEW worldを見て気になってたミサの寿命については、90歳くらいまであると仮定すると、the Last nameの時で寿命が40歳くらいになるようで、
10年後のLight up the NEW worldで存在していても問題なかったし、再度死神の目の取引をしてもまぁ、大丈夫だったみたい。

~3作品まとめての感想~

・前後編の二部作だった10年前の作品に比べ、一部のみの構成だったLight up the NEW worldが題材は悪くないのに、なんだかわけわからない印象になってたのは当たり前かなと思った。
役者もあらすじも嫌いではないので、二部作になるくらい丁寧に作れば良かったのに。
前作はデスノートが未知の存在であったのであれで良かったけど、
ノートについてある程度わかっているいまは、人間模様や推理などをより丁寧に描いてあった方が楽しめたかな。
キラとLという圧倒的な存在への傾倒や苦悩、デスノートが人の心の隙間に入り込む様とか。

・そもそもの映画のみかたとして、私は原作を知らずにみた方が楽しめるタイプみたい。2時間で書ききれていない細部が気になってしまう。

・映画のよさと限界、映画館の良さとDVDの限界を感じた。これからは、極力映画館で見るようにしよう。
中学の時、初めて見て衝撃だったこと今でも覚えている。ストーリーもキャラクターも全て好きです。
四つ葉出てきてほしかった!
高田清美を四つ葉のシーンとごっちゃにしたからなんか納得できなかった
仕方がない理由があったと思うから何も言えないけど!wwwww
でも実写で唯一許せた作品!\( ˆoˆ)/\(ˆoˆ )/
じょん

じょんの感想・評価

3.4
キラが死ぬシーンをもっと尺とってほしかった。

ミサミサとHしたい。
まさき

まさきの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

詩織の遺影の巨大さに爆笑してしまった…
これぞLファンの望むラスト!
Lとワタリの絆が垣間見えて泣ける。
漫画のファンでもありますが、実写もなかなか面白い。
漫画原作の実写化で完成度がずば抜けて高い作品。
正直、実写化なら藤原竜也にお任せ!と言ったところか。
初代DE ATH NOTEシリーズ完結編としてはふさわしい作品。
>|