ブルーバレンタインの作品情報・感想・評価

ブルーバレンタイン2010年製作の映画)

BLUE VALENTINE

製作国:

上映時間:112分

ジャンル:

3.7

「ブルーバレンタイン」に投稿された感想・評価

Yokoyama

Yokoyamaの感想・評価

4.7
久々にこんなに苦しくなる映画みた
このふたりが幸せなときの映像をずっと流しときたい
ふたりに離れてほしくない
指輪探すシーンにしがみついときたい

最後の花火のシーンもそうやけど
エンドロールでふたりで歌ってたのが流れてたのが苦しすぎた

すごく綺麗でのめり込んでしまう映画
この監督の映画もっと見たかったけど
あんまり出してないねんな、つらい
MariHosaka

MariHosakaの感想・評価

3.5
悲しい

ライアンゴズリングのやさしい悲しみ顔がつらい
ハゲてるし
chinobu

chinobuの感想・評価

2.7
んー見終わってあんまりスッキリしなかったーーー。
大人の恋愛を深く詳しくリアルなものを見せられた感じ… 難しいよな
新鮮な恋の気持ちはそういつまでも続かない。愛情にシフトしていくべきもので、そこを誤るとケンカが絶えない夫婦になってしまうのだと思う。
あまりにも真実すぎて、見るのがつらくなるけれど、それでも見る価値はある作品。
究極のラブストーリー。
男と女。
異なる感覚だから惹かれて、だから理解せず離れる。
どちらかのタイプが少しでも違えばハッピー家族なのに。
愛って難しいー
merbo

merboの感想・評価

3.7
病める時も健やかなる時もっていうのはなかなか難しい
本当にどこにでもある人と人のすれ違いをうまく拾い上げて映画にしているからとてもリアル
しみじみと思う、良作だよなぁ。こだわりが端々に感じられて苦しい。重苦しいストーリーやテーマに真摯に取り組んでくれたのでは。決して楽しいだけの作業じゃないはず。
赤いチェックシャツとライダースジャケットが似合ってた2人が、いまは窓のない閉鎖的なラブホテルでブルーのライトに包まれてる。簡易的な式を済ませて光の中に消えてった2人だけを見てたい。次のカットが意地悪すぎる。光のひと粒ひと粒が見えるかのような、回想でのフィルム撮影も意地悪(とても良い)。
これを好んで観る人はどんな人たちなんだ、、と思いつつ深夜の2回目。
Yuuri

Yuuriの感想・評価

-
ディーンいい奴すぎるのにうまくいかなくて辛い
み

みの感想・評価

-
2018.8.12
>|