ポルトの作品情報・感想・評価

ポルト2016年製作の映画)

PORTO

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:76分

ジャンル:

3.6

あらすじ

男は異国の地になじめず、放蕩を続けるアメリカ人。女はフランスからポルトガルにやってきた、考古学を研究する学生。視線が触れた瞬間、言葉を交わす間もなく惹かれ合ったふたりは情熱的な一夜を共にする。シーツの陰で、夜の街灯の下で、カフェの喧騒の中で、愛を語り合い、孤独に怯え、幸せの意味を噛みしめるふたり。しかし女には恋人がいた。あの夜を信じたい男と未来を忘れたい女の心は、互いに求め合いながらも、ひとつに…

男は異国の地になじめず、放蕩を続けるアメリカ人。女はフランスからポルトガルにやってきた、考古学を研究する学生。視線が触れた瞬間、言葉を交わす間もなく惹かれ合ったふたりは情熱的な一夜を共にする。シーツの陰で、夜の街灯の下で、カフェの喧騒の中で、愛を語り合い、孤独に怯え、幸せの意味を噛みしめるふたり。しかし女には恋人がいた。あの夜を信じたい男と未来を忘れたい女の心は、互いに求め合いながらも、ひとつになることを拒む。やがてふたりのすれ違いが決定的に思えたそのとき、ある奇跡が起こる……。

「ポルト」に投稿された感想・評価

アントン・イェルチンの最後の作品の1つになるのかな。
一夜に出逢った2人とポルトの街並みの雰囲気をクローズアップした映画。話の進み方もちょっと面白い。
映像がフィルムっぽいというか昔風な感じ。
映画の評価は置いといて、ひたすらに女の人が綺麗でした。
柴

柴の感想・評価

3.4
フィルムの質感が美しくて、どこを切り取っても絵になる作品でした。

大人の恋愛だなぁ。
静かな中で、激しくもあり切なくもある。

アントンのハスキーな声が好き。
まだまだ、聞きたかったよ、演技を見たかったよ、アントン。
FumieZaoya

FumieZaoyaの感想・評価

5.0
最初は、あまりよくわからなかった。
それなのに、次の日も、その次の日も、また次の日も観たいとおもった。
美しすぎるポルトの街のノスタルジックな夜と、疲れと諦めをにじませながらも愛を渇望している二人と、そして何より、その雰囲気に絶妙に絡む主張のあるピアノが聴きたくて。

何度も何度も記憶を反芻するように同じ場面にもどり、その度に違う側面が描かれる。
そして最後に、始まりと同じ場面に戻る。
繰り返し思い出す記憶の中で、過去に取らなかった選択が現実になって、愛が実った、ように思えた。

アントン イェルツィンが、こんな素晴らしい演技をするなんて。もう亡くなってしまった事が、とても残念。
0milligram

0milligramの感想・評価

3.8
ぼけ気味なfilmと音楽が好み
オサレな酔いしれ映画
静かな深夜に観るのがいいかも
一夜で見える世界が変わってしまうものなのかな でもかなり独り善がりな男の話
JBOY

JBOYの感想・評価

3.7
あの素敵な夜を忘れられない。
1日1日と時間が過ぎて 会っていない時間が二人を引き離そうとも
二人でいた時間と愛した瞬間は消えない真実なり。それを忘れられず馬鹿な行動をするのも男なり。
imnr

imnrの感想・評価

3.8
古い質感のフィルムが70年代の様な雰囲気を出していてオシャレでした。
……それよりもアントン・イェルチンがかわいそうで…幸せそうな顔してるの見る度気の毒過ぎて泣けてくる。こんな事されたら死んじゃうよ。
Kota

Kotaの感想・評価

3.6
“出会う事を拒むこともできる。だけど、出会ってしまったんだ。”

アントンイェルチン追悼映画。どことなくジムジャームッシュぽいと思っていたらやっぱり彼が製作総指揮を務めていた。ポルトガル第二の都市ポルトで運命的に偶然出会った二人を様々なフィルムで映し出す。最近だと“コールミーバイユアネーム”のように町をキャンバスにした静かで美しい映画。

ほとんどジェイクとマティしか出てこない映画なのに、二人の基本情報がほとんどない。時系列が入り混じり、ジェイクがあてもなく放浪している事や、マティは離婚していて娘がいることは断片的に分かるが、それ以上は観る人の想像に任せる作り。いや、むしろそこを考える意味も無いのかもしれない。ジェイクがマティに声をかけるカフェでのパンショットと、斜めの坂道沿いにあるレストランが印象的。最後の1分20秒は息を飲む。
oyasumiy

oyasumiyの感想・評価

3.0
映像の質感よかった
夜のシーン多かったけどポルトは相当素敵な場所っぽい、行ってみたい
micco

miccoの感想・評価

3.2
おっしゃれー。
きっと好き嫌いが激しく別れるであろうヨーロッパ映画。
m

mの感想・評価

3.9
最後まで見ずに返したけど、この映像といい音楽といい風景といい、この映画の中にある世界観好きだった。なんせポルトが素晴らしい。パリとヴェネチア以外なら世界で一番好き。あそこで暮らしたい。女の子美人すぎ。
>|