ポルトの作品情報・感想・評価

ポルト2016年製作の映画)

PORTO

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:76分

3.6

あらすじ

ジェイクとマティは、ポルトガル北部の港湾都市ポルトで暮らす、二人のよそ者(アウトサイダー)。二人はかつて、束の間の肉体関係を結んだことがあった。ジェイクは26歳、家族に追放されたひとりぼっちのアメリカ人。マティは32歳、恋人についてポルトへやってきたフランス人留学生。ある日二人は、考古学調査の現場でお互いの存在に気づく。カフェでジェイクは、思い切ってマティに話しかけてみる。二人は気楽なたった一夜…

ジェイクとマティは、ポルトガル北部の港湾都市ポルトで暮らす、二人のよそ者(アウトサイダー)。二人はかつて、束の間の肉体関係を結んだことがあった。ジェイクは26歳、家族に追放されたひとりぼっちのアメリカ人。マティは32歳、恋人についてポルトへやってきたフランス人留学生。ある日二人は、考古学調査の現場でお互いの存在に気づく。カフェでジェイクは、思い切ってマティに話しかけてみる。二人は気楽なたった一夜の関係を結んだ。その夜のできごとが、ふたりの人生を大きく変えていった… 。

「ポルト」に投稿された感想・評価

245164

245164の感想・評価

4.5
盲目的に観てしまう映画なのは否定できなくて、でも決して懐古主義的なものでもなくて、映画を通しての至極個人的な邂逅ってやっぱり美しい。もう僕たちは出会ったしまったんだ。
人の少ない映画館でしっとり観るのが似合う映画。ポルトという美しい街でのひとときの恋。叶わなかった恋だとしても、人の大切な気持ちが詰まっている。
ラストで出たアントンに捧ぐのメッセージに、切なさが募りました。
ナカト

ナカトの感想・評価

3.1
街並みがきれいだった
アントン君の首筋がきれいだな…と思ってみてた
画作りに安定感があって、2人の演技をどっしりと構えて見届けるような視点は、長編デビュー作とは思えないような"巨匠の風格"を漂わせていました。

本作のキーポイントでもある"視線"を強調するショットが印象的で、予告編でも使われている2人の出会いの場面での長回しは、間にある空気すら写し撮っているかのように細やかで、しかしどこかスリリングでもあり、何気ない場面ですが惹き込まれるものがあります。

ここは「ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜」の撮影スタッフにも名を連ねている、撮影監督のワイアット・ガーフィールドの腕によるものも大きいと思います。

また8ミリ、16ミリ、35ミリのカメラでそれぞれの時間軸を見せていく映像トリックも見所です。

単に観客への配慮や、これ見よがしに技巧を凝らしたテクニックといったところに留まらず、それぞれの"時間"の間にある隔たりを可視化する重要な意味があったように感じます。

現在・過去・未来はひとつながりのようでいて、決して行き来することのできないもの。時の流れが2人を引き裂いていく様をより克明に描くことで、"あの瞬間"がより輝くものに見える効果があったのではないでしょうか。

永遠に心奪われる一夜に出会えた幸福と、その夜は二度と訪れないという残酷。アントンの繊細な演技も本当に素晴らしく、もう新作が見られないと思うと残念で仕方ないです。
あい

あいの感想・評価

4.0
20171026
好きな空気を纏う映画。
エンドロールはアントンを思うと泣けて泣けて。
tonemuff

tonemuffの感想・評価

3.8
情緒あふれるポルトの街を舞台にしたロマンス。バラバラな時系列の見せ方もgood。

異国の地において異国の女性とともに過ごす1夜の儚さと美しさを改めて感じさせてくれた作品。
全ての若ハゲに捧ぐ希望と絶望の物語。女の子が傘持ってスクリーンに映し出される瞬間の構図が180点
竹犬

竹犬の感想・評価

3.6
「実に豊かな時間を過ごせます」そんなサンサン劇場の煽りと、予告篇のジェイクとマティの出会いのシーンの緊張感に惹かれて観てきました。
時系列バラバラで描かれるストーリーなので今のシーンが過去なのか現在なのか未来なのかを判断していかないと話が追えなくなるのだけど、ヒントが少なくてちと苦労した。で、公式のサイトみにいったらSTORYに全部書いてるやん!浜村淳より酷い映画紹介だ。これから観る方は公式のSTORYに目を通さないことをお勧めします。

想定では心温まるラブストーリー、寒い体を温めてくれるほっこり感あるモノだと思うじゃないですかー!騙されたw
仕事もなく一人ぼっちでナンパも失敗続きで寂しくて人恋しくてたまらない顔色が悪くなにもない空虚で陰鬱なジェイク。そんな彼がマティと出会いと出会ってお互いを求めあい心の安息、満たされた一夜を過ごした。良かったねジェイク。
でもマティは大学教授の恋人もいるんだよね。あゝ無情。

ラブシーンは愛する男女求め合う男女そのものでエロさよりも、「ようやく巡り合った愛すべき人との満たされセックス」という感じであ〜良いなぁ分かる分かるって感じでとても良い。

ラストの「アントンに捧ぐ」で最後まで満たされなかったジェイクへの手向けかな?と思いきやジェイクを演じた俳優さんが亡くなってるんだね。ジェイクの演技がとても孤独感や異質感があったので良かった。何だろねジェイクを見てると爬虫類系のねっとりした感じが。まばたきが少なかったからかな?でもマティと過ごしてる間はちゃんとまばたきしてて、使い分けてるのかな?と思ったり。もう一回通してみてみたい。
35mmフィルムの荒れた感じの映像は現在未来のシーンで使い分けされてたのかな?それも観終わってから気になった。
ビフォアサンライズのようなロマンチックさを期待して行ったので、ちょっと違った。
盛り上がるタイミングは同じだったのにお互いにとってのスタートとゴールが噛み合わなかった感じ。
どちらも自分本位なところがあって、なんとも微妙だった。
natuco

natucoの感想・評価

3.4
永遠におもえた一つの夜も、もう生きることのない時間であるということ。街の風景の映像がとても素敵に撮られていた。
>|