レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまでの作品情報・感想・評価・動画配信

「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」に投稿された感想・評価

タイタニック以来の二人の共演とあってそれだけでも見どころのある作品。
ドラマチックな出会いはほんの一瞬で。
目標なく、ただ現実からの逃避行でパリに行ったところで、きっとうまくいかなかったことだろう。 
浮かれた気持ちで同じ方向を見てうまくいきだした夫婦も、どちらかが現実に目を向けてしまえば、また言い争いになったり、吐口を他で求めたり。
せっかくの素敵な夫婦の罵り合いは観ていて勿体なく、辛かった。
「とても素晴らしい朝食」のギクシャクした感じがツンと刺さる。
ちこ

ちこの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

時代もレトロで美男美女が出てくるから面白そうと思ったけど 、つまんなかった〜。
妻エイプリルはここではないどこか、特別な夫婦として 輝かしい未来を求め 夫フランクを説得し(そそのかして)今の生活を捨て 無計画にパリへ移住するつもりだが、、。エイプリルは精神疾患だったのか、それとも自分の描いた未来との乖離に苛立つわがままな人?
夫フランクだって 魅力の乏しい日常に膿み変化を求め 一時は移住する決意をしてけど、昇給を認められ現状を受け入れる。
朝食を取るシーンは その後の展開をお互いにわかっていたのでは。なんだかな〜受けた印象は謎。不可解。
どの時代も周りの人が人の人生にとやかく言っちゃうのは良くないよね〜という感想。

タイタニックの2人なだけに最後が悲しい。
一旦は上手く行きそうだったけど上手くいかず言い争いが続く。

マリッジストーリーの2人の迫真の口論はここから着想を得たのかな、
hana

hanaの感想・評価

2.5
とても期待してた分、落ち込みが半端ない
私は、私たちはこんなんじゃ終わらない!
環境を変えれば理想な家族になれるはず!夢見がち過ぎて共感が出来なかった。
母親にも旦那も自分にも満足出来ない、これもひとつの鬱なのかな
決意の日の朝食をコロっとああいうふうに過ごそうとするタイプ私もすごくわかるって思った

どんな角度から見てもケイトウィンスレットのお顔美しい
RYUJI5471

RYUJI5471の感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

人間は極度の恋愛状態に陥ると2-3年間は相手の欠点が全くといっていいほど見えなくなりチンパンジー状態になると言った脳科学者がいた。それは一種の洗脳状態とも言えると思う。

もしそれが事実だとすれば熱くなっているカップルほど知り合って2-3年すれば洗脳状態が解けてしまうため所謂燃え尽きてしまう可能性が高くなるのかもしれない。もちろんすべてがそうなるとは限らないのだろうが。

この映画では結局はそれぞれが違う人と寝てしまうという結果になってしまった。現実的に意外と身近な場所で悲惨な結末を私は多く見た。

結局のところ結婚相手は出会った最初のときに冷静にならなければ悲惨な結果が訪れるということでもあるような気もする。実際に監督本人に聞いてみないとわからないけど、この作品はそういったことを警告しているようにも私は感じた。

ハッピーエンドで終わる映画は観る人の願望を満足させてくれるがこういった映画も俺は個人的に好きだ。

あとこの作品を見てレオナルド・ディカプリオは単にいい男というだけではなく演技が上手すぎるということを改めて知った。

この映画はもの凄く重い内容の映画でかつ見終わって少し胸糞悪くなった部分もあったけど、それ以上に胸に突き刺さるものが俺にはあった。見てよかった。
817

817の感想・評価

3.0
これ。。
何度みても共感できないんだな。
ケイト側の気持ちがね。
私が未熟なせいかな?

レオは夫として仕事を頑張ろうとしてるが、一方でケイトはパリでやり直したいという。
しかしなぜパリか?なぜそこまで固執するのか?というところが描かれていない。
私の理解度が不足してるのか。

で、ものすごく後味の悪さが残る最後に、ただ呆然としてしまう。

レオとケイトなのでこのスコアで。
mizuki

mizukiの感想・評価

4.2
タイタニックから再共演だけど演技が違いすぎて同じ人たち?!ってくらい驚いた
正直両方の気持ちわかるけど自分がもしエイプリル側だとしたら共感できすぎる…愛も冷める
だけど果たしてパリに行ったとしてその先も上手くやっていけるのかって考えたら難しい気が
海外の夫婦喧嘩ってこんな感じなのかな
平和ボケなのかわかんないけどやっぱり人は満たされないくらいがちょうどいいのかもしれない
んー。このキャストじゃなかったら酷評してた。
原作が小説みたいだけど。映像化しない方がいい系だと思いました。

それぞれのキャラクターが抱える葛藤は割と誰でもある程度共感できるものが多かったんじゃないかなと思う。
ただ演出に緩急がなさすぎてのっぺりした印象に。監督、ほんとにこの作品理解できてますか?と聞きたいレベル。

精神病棟に入院してた登場人物と夫婦の関わり合いのシーンもあるのだけど
なんかもうちょっと緩急つけた演出があった方が感情移入できたんじゃないかと。

とりあえず、
男と女は話し合わない方がいいこともある
と思った
ほ

ほの感想・評価

3.6
後半の序盤くらいまでは面白かっただけに…少し残念。

感情が繋がらないシーンは飛び石のように並び、それまで惹きつけられていた気持ちがグイッと引き剥がされる。

浜辺のシーンの不協和音を孕む音楽が、シーン的にも二人に再び不和が生じるタイミングなので、印象的な使われ方だなと感じた。

音楽もそうだけど、終盤感情が置いてけぼりにされる感じ、何故だか『アメリカン・ビューティ』を彷彿させる。
>|

あなたにおすすめの記事