レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまでの作品情報・感想・評価

「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」に投稿された感想・評価

夫婦、現実に有り得る物事。
男性は論理 女性は感情で話す、
必ずぶつかる。
事実を聞かない方が幸せ。
もあるのに…
結末後味悪いです。
nc

ncの感想・評価

3.2
日々の日常の怠惰さ、退屈さ、虚しさを感じてる人はぜひ見るべき。

きっと何が大切で、何が幸せかを見つけられるはずだと思う。

10年後にもういちど観て、涙を流したい作品。

わたしにはまだ早かった。
shiho

shihoの感想・評価

3.4
時を経てレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの再結成コンビ。

物語はマンネリした夫婦のお話でちょっと悲しい。
2人とも演技力凄すぎてリアルでした。
ストーリーとゆうか俳優2人を見れた事に満足。
ディカプリオとケイト・ウィンスレットの2人が主演なのでどうしてもタイタニックを意識してしまうけれど 夫婦で家庭生活を営むとなると 途端に現実問題が発生するし 子供は成長するし(この映画では子供が2人いますがほとんど存在感がなかった😅)で 盛り上がる恋愛構造とは訳が違うんだよな〜😵

「ここにはないユートピアがほかのどこかにある」っていう考え方は危険だと思う。ここにユートピアを見つけて生活する事が大事なんじゃないかな😌愛し合う2人がいるまさに今そこが大切な場所なはず。
1950年代アメリカ、郊外で暮らすフランクとエイプリルは戦後の黄金期アメリカを謳歌している2人だったが、お互いにそんな暮らしに閉塞感を抱いており……

『007/スカイフォール』等の
!!サム・メンデス監督!!
による夫婦冷戦ドラマ。
主演は『タイタニック』の2人
!!レオナルド・ディカプリオ!!
&
!!ケイト・ウィンスレット!!
『タイタニック』を午前10時の映画祭で観たのでこちらも鑑賞。


「あなたを愛してないから狂ってるというの?」


おぉ……これはカップルで絶対に見てはいけない冷めてしまった夫婦の物語。
バーで運命的な出会いを果たしてからラストまで、何を間違えたのか、彼らに沢山選択肢があったはずなのに少しずつすれ違っていく……。
口論のシーンが非常にリアルで身に覚えがあるのでヒヤヒヤした。
口喧嘩の時って大概男性が理論で語って、女性が感情で語るイメージ。というか自分の経験談なんだが……(笑)
二人の子供がいるのに劇中ほとんど出てこない演出も冷淡で素敵。
でもやっぱ男だからかエイプリルには共感出来ねえなあ。
メンデス監督らしく映像が非常に上品なのも良いです。

主演の二人が素晴らしい。
『タイタニック』で永遠の愛を誓った2人をキャスティングする辺りがにくいのだが、ディカプリオもウィンスレットも等身大の仮面夫婦を熱演。口論のシーンのガチっぷりは凄い!
そして脇も『タイタニック』出てたキャシーベイツだったり、変な演技させたらピカイチなマイケルシャノンがいたりとなかなか濃ゆいです。

『タイタニック』見たあとなのでより響きましたが、間違ってもカップルや夫婦で一緒に見ないことをオススメ致します……。

サム・メンデス監督好き、冷めきった夫婦のリアルを観たい方、そして永遠だったはずのディカプリオ✖️ウィンスレットの夢を崩したい方にはオススメの作品。
nyoloner

nyolonerの感想・評価

3.5
この類の話だと、ブルーバレンタインには敵わないなぁ。

夫婦のリアル、ではある。

配偶者のために一生懸命。でも、どこか自分のためでもある。総合的に、それが家族になるということなのよね。そしてラストショットが示すように、あまり互いに干渉し過ぎない、話は半分くらいしか聞かない、っていうのが長続きのコツなのかもしれない。
F

Fの感想・評価

4.0
サム・メンデス監督は地味なストーリーでも魅せてくれる。ケイト・ウィンスレットも良かった。
どっちつかずの情緒不安定な奥さん
でもなんかリアルに感じる部分もあったし、何にしてもやはりこの2人ですよ
この奥さんに全く感情移入出来ず。
終わり方も呆気なかった・・
てり

てりの感想・評価

2.0
どこの家の夫婦でもゴタゴタはあるよねー、っていう話。
この時代の夫婦なら一般的には旦那が奥さんを殴って黙らせるってのが定番だけれど、そうじゃなかった。
話し合いって大事だけど毎日何年も一緒にいる夫婦との「話し合い」って辛いもんだ。
>|