白雪姫と鏡の女王の作品情報・感想・評価・動画配信

白雪姫と鏡の女王2012年製作の映画)

Mirror Mirror

上映日:2012年09月14日

製作国:

上映時間:106分

3.5

あらすじ

「白雪姫と鏡の女王」に投稿された感想・評価

るう

るうの感想・評価

3.2


やっぱグリム童話パロディもののB級感拭えねーー!と言いつつ、茶目っ気を含ませたメッセージ性のあるもので良かった。

・プリンセス像が含む女性差別
・ルックスによる差別

特にプリンスがプリンセスを幸せにするあの構造が終始一貫して存在しない。

以降ネタバレ含むそのポイントを挙げる。


①幽閉されたプリンセスが城を出る時にプリンスの力を借りない
②捕らえられたプリンスを助ける際、命令口調のプリンスにお願いする時は"Plese"と言うものでしょう?と男性優位を許容しない
③戦闘で不利な状況になっても助けを乞わず、許してあげると言われても戦い続ける
④さらに3で仲間はヒロインを助けず、見守る
⑤眠っているプリンセスをプリンスが助けるのではなく、魔法をかけられたプリンスをプリンセスが助ける
⑥プリンスの力を借りずプリンセスの手で敵を退治
⑦キスをする際はプリンスのキスを待つのではなくプリンセスがプリンセスの頭を引き寄せキスする
72
こんな映画が観たかった!と心から思えた。ほんのりディズニーテイストを感じる。キャスト見ずに白雪姫かわいいなとぼんやり観てたらリリーコリンズだった(笑)
行き着く先はリリーコリンズなのかもしれない。
衣装もかわいいし、七変化のシーンと修行のシーンが好き。キスシーンは観てるこっちもドキドキしました…。好きなシーンがたくさんある素敵な映画。痛快活劇って感じで観終わった後の精神状態が非常に良好。
だいぶコメディ寄りの白雪姫。
石岡瑛子さんの豪華絢爛な衣装が素敵だし、
ボリウッド感満載のエンディングが唐突で面白かった笑
まぁぁ

まぁぁの感想・評価

4.2
衣装がかわいい。衣装のデザインは日本人で、最後「石岡瑛子に捧げる」ってエンドロール出てきて心が。グリム童話の白雪姫要素もちょくちょく出てきてるし ええんやない。すき。3回目今日見ました。
主人公はオードリーヘップバーンに似てる
こういうの大好き♡
王子様がお姫様を救う王道の白雪姫と、
ヒロインが王子を助ける美女と野獣を合体させた感じが、現代に合っていてとても痛快なラストで元気になれました。
人種差別やジェンダー問題とかを問いかけてる感じも今っぽかったです。
なによりも…衣装などの美術がいちいちかわいすぎて好みでした!!
舞踏会の動物の衣装とか…結婚式のカラフルな衣装とか…
白雪姫役の子も可愛くて…
やっぱり白雪姫が自らの手で幸せを勝ち取るってのが最高です。

謎のインド映画風エンディングももっと大きい画面で見たかった!
とも

ともの感想・評価

3.4
ジュリアロバーツは邪悪な女王であってもジュリアロバーツ。リリーコリンズ、眉毛濃いね。
ふざけすぎてて、なんだかもう……。
ジュリア・ロバーツが意地悪なお妃なのにちゃんとジュリア・ロバーツしてましたとさ。めでたしめでたし。
ジュリアロバーツの大きいくちが素敵
白雪姫の青い服がとてもかわええ👗
アーミー・ハマーがとてもかっこよかった💕
あの役は不本意だったらしいけど、彼が演じてこそ笑えるから。
ずんぐりむっくりのイケメンじゃない人が演じたら物悲しいもん。

しかし、リリー・コリンズの眉毛はどうにかならんかね…
マキ

マキの感想・評価

4.0
レディー・ガガの『911』PVの監督作品と知り視聴。PVの独特な世界観が印象的でしたが、この作品も個性的で面白い作品でした。
メイク、衣装、舞台すべてに様々な装飾や色が使われており、一つ一つのシーンが全てアートとして成立します。石岡瑛子さんがデザインしたドレスがとにかく素敵で、観ていて飽きないです。

ストーリーは白雪姫の童話をモチーフに、ギャグ要素が強めで進んでいきます。吹き替え版の翻訳の仕方と話し方が面白いです。『ガチムチ王子』とか…笑
あと個人的に女王様のエステシーンが好きです。

好きな映画の一つになりました😊
>|