眠れる森の美女の作品情報・感想・評価

「眠れる森の美女」に投稿された感想・評価

2週間借りてたのに、見るたび見るたび眠くなってしまい、返却日にようやく鑑賞。
作画が趣深い。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

4.3
昔のディズニー作品の中では異色の作風のはずだけど、ウォルトディズニー存命期の作品では子供の時にこれが一番好きだった。

絵画のようなアニメ、チャイコフスキーの聞き慣れた素敵な音楽、歌声のキレイな美しいお姫様、綺麗なドレスと美味しそうなケーキ、それを紡ぎ出す魔法、禍々しい魔女の城と手下たち、魔法を使った戦い、そしてドラゴン。欲しいファンタジーの要素が詰まってた。
kwsmhkt

kwsmhktの感想・評価

-
この時期というか、オールドディズニーが好きで時折観たくなる。なんつーか小煩いものごとなしに観れる。そのまま没頭出来るというか。

結局マレフィセントの目的がわかんなくていい。なのでジョリーさんの実写出来たんだろうなっていう。妖精さん達の声優さんがお母さん声優ばかりなのもいいし、つか野沢さんね!フィリップ王子終盤全然喋らんな!終わり方も良いのですよ、唐突で。
良い良い言えるので良い。
SAVE

SAVEの感想・評価

-
物心ついた頃には家の棚に収まっていたVHS。幼い頃に何度も見た映画を、同じVHSにて久しぶりに鑑賞。

感動。興奮!子供だましなお伽噺かと半ば思いながら観始めたのに、いま観ても夢のあるディズニーの世界に大感激してしまった。いまや「塔の上のラプンツェル」から、3DCGアニメーションに完全移行してしまったディズニーだけれど、イラストが驚く程になめらかに動く2Dアニメーションこそディズニー作品の本領だったように思う。
妖精の魔法によってピンクに、ブルーにと色を変えるドレスでのダンスシーンは勿論、魔法によって王子に降り掛かる敵の攻撃(弓矢・落石・熱湯など)がシャボン玉や花に変わるシーンも個人的にとても美しく、好きなシーン。
どのシーンを切り取っても絵本のように美しい。

また、本作を語る上で忘れてはいけない悪役、マレフィセントの存在感が凄い!圧倒的悪としてオーロラ姫・フィリップ王子・妖精達の前に立ち塞がる姿は最高にカッコイイ。ディズニーヴィランズの中でもNO.1の人気を誇るであろうのも頷ける。マレフィセントが仕向ける数々の困難に、立ち向かいながらオーロラ姫の眠る城を目指すフィリップ王子との攻防も手に汗握る迫力。

これ、1959年の映画なんですよね。
いま観ても充分に面白い作品であり、今も尚、オーロラ姫はディズニープリンセスとして、またマレフィセントもディズニーヴィランズとして、世界中から愛され、商品展開やイベント展開がされている。これって本当に凄いことだよなぁ。

実を言うと、近々東京ディズニーシーに行けるようになったので、その予習がてらの鑑賞でした😊時期はハロウィン、ディズニーハロウィンと言えばヴィランズ!マレフィセントを拝める機会があるのかな??今から楽しみです。
マレフィセントを見た流れで鑑賞。
こっち側からも知っておかなくては。
づき

づきの感想・評価

4.0
ちゃんとプリンセスを救いに行くフィリップが1番王子様らしくて好き
綺麗なお姫様がいて、救おうとする王子様がいて
3人組のドタバタも含めて 言うことなし。
まり

まりの感想・評価

5.0
雰囲気とかデザインとかが好きで小さい頃絵本を眺めてた。戦う王子が素敵。
とーん

とーんの感想・評価

3.5
ラストシーンで妖精たちの魔法でドレスの色が変わるシーンが好き
森で突然乱入して口説くなど、フィリップがイケメンだから許されてるところがあるのがいい
shiori

shioriの感想・評価

3.0
さんにんの魔法使い?魔女?がぴょぴょいと魔法つかうところがすきなの。
>|